赤が好き 美しいバラのバッグ アマゾン新しい返品方法

赤がすごく好きです。最近特に。

洋服の基本は真っ黒ですけど、トップに赤を着るのが多くなりました。数年前までフューシャピンクや赤紫系をよく着ていました。今年は、んもう~赤!赤!

ロングドレスは黒が多いので「そだ!小物全部赤にしたらよくない?」と思いネットショッピング。

そこで夢のようなバラのバッグに出会いました。

小さいクロッチバッグ ネットショッピングなので期待していなかったのですが、到着したら、すごくきれい~!!

中を開けたところ。外側に薄い布でバラを作ってあります。これはテンションあがりました。Amazon のEvening bag のセクションで見つけました。

それから試しに買ってみた赤いハイヒールもきれいでした。好みど真ん中です。

きゃはあああ~。これで次回のパーチ―はばっちり(たぶん)

黒に合わせないで赤いドレスに合わせたら、赤変態?

写真を探したら前に買ったバッグもアマゾンでした(笑)こういうクラッチバッグ20ドル台で売っているのでいっぱい買いたくなります。

Amazonで靴や夏のコットンワンピなんかを買ったことありますけど、すごく良かったです。安いです。Tシャツ型のストーンとしたワンピ。17ドルくらいのもの。あれまた買おう。

Amazonは変なものやフェイクのものも多いのでブランド系はやめた方がいいかもです。必ずAmazon primeの発送があるか、そしてフリーリターンがついているかをチェックしています。

返品もより簡単になりました。

ちょっと前まで家で返品用アドレスをプリントして、中に商品コードなんかも入れていたのですが、今はメールにコード送ってくれて、それをUPSでその場でスキャンです。袋に入れて持って行くだけ。

ログインすると右上にオーダー履歴(Orders)が見られるボタンがあるのでそこをクリック。購入した商品がずらっと出てきます。右側にリターンとかもう一度買うとかいろいろボタンがあるので返品ならリターン(Return)を押します。その後理由とか返金方法の後にリターンの仕方もいろいろ出てきます。

重いものはUPSのピックアップもあって、これも便利です。家まで来てくれます。ただ時間指定できないので私はUPS近くにあるので持って行くことが多いです。

で、最近はこの新しいプリントなしのバージョンが一番簡単で助かってます。アイフォーンを印籠のように掲げるだけ。で「ぴ!」終了。

ちょっと前でもアマゾンリターンは簡単でいいなあと思っていました。それでもプリントしてそれを切り取り商品コードは中に、アドレスを表に貼るという工程がありました。それがなし!

そのうちドローンとかが取りに来てくれるようになるかも!アマゾンロボットとか。

ますます買い物はインターネットが好きになってしまいます。

 

ちなみにトラックがくると唸りまくる商品管理部長は箱の中も隅々までチェック。

異常なしにゃ!!

 

にゃんこたち9歳になりました。

我が家のニャンズ昨日(一昨日かも)9歳になりました。

2010年ロスアンジェルスに住んでいた時にアダプション(里親になって家族として受け入れること)しました。

その日のことはエッセイに詳しく書いてあります。良かったらそちらお読みください。

アメリカで猫と暮らす

カクヨムバージョン 第一話ロスアンジェルスではじめましての日

アルファポリスバージョン LAでアダプション泣いた鬼軍曹

 

アルファポリスのほうは画像とイラストつきです。

にゃんこたちと出会った運命の日 受け渡し可能の2か月に1週間足りないと待たされたので誕生日は2月初め。たぶん2月5日です。

 

一番最初の写真 夫の膝の上で寝てしまった赤ちゃんコタちゃん。まだ連れて帰る前お店の中で。

 

そして抱き合って一緒に寝ていたチャトラちゃんも一緒にと夫が泣いて頼んだ(また言った!しつこい私 笑)チャチャちゃん。家に帰ってから。

この日の出来事

 

 

一緒に遊んで一緒に寝て、いつも仲良し。

ちっちゃかったねコタちゃん。この頃からおとなしくて怖がりでした。

 

赤ちゃんの頃から性格がよくわかる写真。きゃははって感じはいつもです。

 

LAのアパート(日本だとマンションですね、英語のマンションは大豪邸の意味があるのでアパートと呼んでます)下にプールがありました。小さい人間(小さくないんだよ、チャチャ)を見て、良くシャーシャーしてました。変わらず。

小さくてちゃんと育つだろうか?と心配していた頃。まさか8キロ越えになるなんて…。

1歳半くらいの頃。まだ痩せていましたね。

 

すくすくと大きくなり(5歳ころ)

 

 

ずっと仲良しで元気で9歳になりました。

 

どれほど大切に思っているか、言葉にできないくらいです。

うちに来てくれて、ありがとう。

ううう、泣きそう。 今も後ろでぐっすり寝てます(笑)

 

 

急に春になった街をプラプラしました。

オハイオはアメリカ地図を見ると東に近く見えますが中西部です。

今年は中西部の大寒波がニュースになり、オハイオも氷点下23℃くらいまで下がりました。それが数日前

なのに?どうして?昨日は15℃でした(笑)どんだけ違うねん!そして今日もかなりの暖かさ。

昨日は天気も良かったので、スーパーボウルの前に近くの町に行ってきました。

うすーいセーターの下に着たヒートテックがいけなかった。あづい~~!!

だって半そで短パンの方もいます。ちょっと!それは早すぎない?

寒いのに慣れちゃうと、15℃なんて真夏のよう。

 

久しぶりの買い物だったのに、今ちょうど入れ替えの時期かな?なーんにもなかったです。

昨日はnordstrom rackに、今日はTJMaxとMacys それからHobbylobbyにもよってきました。

戦利品なし!返品ばっかりしました。返品はなるべく控えようと思っているのですが(そういう買い物をしようと)でもよく見たら「なんでこれ買った??」っていうものありますね!それがときめかないものなんですね。ふうう片付けえ。

冬の初めに買って着てないものもたくさんありました。あーあ。計画的に買ってると思っていたのになあ。

今年こそ賢いお買い物をしたいと思います。と、言いつつまたセールに飛びつきそうですが。

 

「ママ、もう変なもにょ買わないで!」「はい」

 

「猫のものなら良いにゃよ」「は、はい」

 

「このキャットタワーが一番いい買い物だったにょね」「ね!」

私も結構本気でそう思う(笑)

スーパーボウルの日 インスタントポットでメキシカン

スーパーボウルとは?

Super Bowl

NFL(ナショナルフットボールリーグ)優勝決定戦のことです。

アメリカで最大のフットボールの大会です。2月初めの日曜日(2019年は今日2月3日)事実上アメリカの祝日です。

テレビの最高視聴率もスーパーボウル。簡単に言えば全米がフットボールを見ている日と言ってもオーバーじゃないです。

私はフットボールに1ミリも興味がないのですが、夫と息子が一緒に見たがるのです!ラブ自慢とかそういうのじゃないですよ!全然違います。

私が面白いこと言うからという芸人的な理由です(笑)

それが数年続いています。今年は見ないからと言っているのにいつの間にか一緒にソファーに座らされてる。んもう!じゃあ今年もあだ名つけちゃうよ!!←これ。

今年はニューイングランド・ペイトリオッツとロサンジェルス・ラムス

ペイトリオッツのクオーターバック、トム・ブレイディ―かっこいいですよね。昨年も大騒ぎ「トムのちょっと困った顔がたまらない~」「ママってどエスだよね」なんちゅー会話。

トム・ブレイディ―嫁がジゼル・ブンチェンです。あの何年も世界一稼ぐモデルだった美人。ディカプリオの彼女だったよね。

そしてトムもアメリカでは超有名 映画テッド2でくまのテッドが子供が欲しいからと精〇を盗まれそうになった、あのトムです(笑)最強のDNA ごめん、ちょっと下品になってきた。

今年気に入ったのは60番のデビッドアンドリュー選手 大きくてかわいい。太ったジョン・スノウみたいで、ずっとそう呼んでた(笑)そして大活躍の11番ジュリアン・エデルマン この日もっじゃもじゃの髭を生やしていたのでバイキングとお呼びしておりました。こちらもゲームオブスローンズの赤毛の野人トアマンド(好き)みたいでした。(後で写真を見たら若くハンサムでした。失礼)

そうやって大笑いで終わったスーパーボウル。試合自体はつまらな……。

ニュースにも歴史的退屈な試合。なーんて書かれておりました。

さて、スーパーボウルと言えば前半戦と後半戦のあいだにあるハーフタイムショー。昔はこのハーフタイムショーの間に視聴率が落ちていたらしいですが、最近はこのハーフタイムショーもすごく盛り上がってます。

私の中では2017年のレディーガガが一番でした。

今年はマルーン5でしたが、決まるまで大変だったそうです。決定してからも多数の講義が寄せられました。

その理由ですが、警官の黒人に対する不当な暴力に抗議して国歌斉唱の時に跪いた元サンフランシスコ49ersのコリン・キャパニックを支援するべきだからというのです。

2017年に契約が切れましたが不当に解約させられたと考えている人が多いです。

国歌斉唱の時に跪くというのはアメリカ人にとって驚くほど失礼な行為です。それほどのメッセージだと言うことかもしれませんが、この時にしたのはまずかったのではないかなあ、違う方法があったのではないかと私は思いました。

それからスーパーボウルと言えば食べ物。テーブルいっぱいにチップスやディップなど広げて食べながら観戦です。

今年は買い物に行けなかったので冷凍用のビーフシチュー用の肉(コストコで買ってあった半分)をインスタントポットでメキシコ風に柔らかく煮込みました。

Mexican Shredded beaf

1キロくらいのビーフシチュー用の肉(Chuck) ポットをソテーにセットして焼き色を付ける。

A 1カップビーフブロス
1t塩
1tブラックペッパー
1tチリパウダー
1tガーリックパウダー
1tオニオンパウダー
1tパプリカ
1tオレガノ
1tレッドペッパー
1テーブルスプーンクミン

1カップの市販のサルサ

ボウルにAの材料を全部入れて炒めたビーフの上からかける。
マニュアル70分にセット

70分経ったら、もうお肉はほろほろと崩れます。穴あきお玉で器に入れてフォークでほぐします。鍋のソースも絶品なので上にかけて食べても美味しいです。

このお肉は今日はトルティアチップスの上にメキシカンチーズとつぶした豆と一緒にのせてナチョスにしました。

その後はソフトのとルティアスキンに同じものを巻いてフライパンで半分にして焼いたケサディアを。すごく美味しかったです。おすすめです。

写真はフリー素材のPixabayから。あっという間に食べて写真撮るの忘れた(笑)

一般的なナチョス

ブリト― どちらもよく食べます。

昨年読んだ本と海外サスペンスなど

海外サスペンス小説が好きです。

本格推理小説よりもスリラーのほうがより好きです。

数年前にピエール・ルメートルの「その女アレックス」に出会ってカミーユ3部作がすごく好きになりました。フランスの翻訳物を読んだのは初めてでしたけど(アラン・ポーをのぞいて)こんなに面白い小説があったんだと驚きました。グロさも世界一ですごいです。出版はその女アレックスが先ですが、順番は悲しみのイレーヌが先です。この順番です。

悲しみのイレーヌはあまりにも衝撃で私でさえ(衝撃ものたくさん読んでいるという意味で)あわわわわと本を閉じました。でもおもしろかった。

 

それ以前はずっとトーマス・ハリス ジェフリー・ディーヴァー パトリシア・コーンウエルが3大大好き作家でした。

トーマス・ハリスの小説 ハンニバルシリーズが大好き。レッドドラゴンが特に。羊たちの沈黙 ハンニバル ハンニバルライジング 全部好きです。

 

キャラクターが魅力的です。ドクターレクター。知的で洗練されているのにカニバリズム。アンソニーホプキンスしかできないと思ってましたけど、ドラマ版のヤングハンニバルのマッツミケルセンがすごく良かったです。

そしてジェフリーディーヴァーのリンカーンライムシリーズ。今9作目のバーニングワイヤーを読んでいます。

このシリーズの一作目のボーンコレクターがすごく好きで9作目まで買いました。

 

2作目のコフィン・ダンサー から 3エンプティー・チェア 4石の猿
5魔術師(イリュージョニスト)まで待てずにハードカバーで買いました。でも重くて読みにくいので6作目からは文庫本を待ちました。

6 12番目のカード
7 ウォッチメイカー
8 ソウル・コレクタ―
9 バーニング・ワイヤー― ←今ここ。
10 ゴースト・スナイパー
11 スキン・コレクター 12スティール・キス

スキンコレクターが読みたいので積読本だったバーニングワイヤーを慌てて読んでいます。6作目くらいからちょっとマンネリ化してきた感じがして、少し離れていた時期もありました。それからキャサリンダンスシリーズ。上のスリーピングドールとロードサイドクロスは私にはキャラクターがあまり合わずにしかもロードサイドクロスは犯人までわかってしまってがっかりしました。ジェフリーディヴァ―はどんでん返しが3回くらいあって犯人絶対に当てられないのが魅力だったのにいと。

でもスキンコレクターはぜひ読みたいと思っています。

パトリシアコーンウエルは毎年楽しみにしていましたけど、もう買うのやめました。検視官がすごくおもしろく、ずっと(ケイ・スカ―ペッタシリーズ)を買っていました。

 

 

1作目から警告くらいまですごく面白かったのですが、そこから「あれ?」からの「あれれれ?」12作目の黒蠅以降はもうあんまりおもしろくなくなってしまいました。

それでも「次はきっと!」と期待して買っていたんですが、あまり盛り返さなかったです。あくまで私の感想で「いやいや、すっごくおもしろいから!!」という人もいると思います。

長くなりましたが昨年読んだ本を少し

 

ブログに書いたものは除きますね。以前カリンスローターのハンティングを読んで好きだったので、こちらも読んでみました。ウイルトレントシリーズの1作目です。好き嫌いがわかれそうですが、私は嫌いじゃなかったかな。あっ!という展開もあり、もう一作くらいは読みたいなと思います。すこしだけ展開が遅いかなと思います。

 

ノーラロバーツが別名義で書いているシリーズもの。

イヴ&ロークの1作目です。評判がすごく良くて、46作出てます。46!!そのほとんどが高評価です。ノーラロバーツ名義でもなん十冊と書いていてベストセラーですごい作家です。

イヴ&ロークの一作目。近未来のSFにもなっています。おもしろいんですけど、ロークがハンサムな大富豪で、んもうロマンスがてんこ盛り。私は恋愛小説がものすごく苦手なのでラブリんちょすぎました。もう一作くらい読みたいのですが、またラブでラブだったら困ったな(笑)たくさん読んでおられる方教えてください。

ロマン大好き~という方にはおすすめです。

 

それからサイモンピケットの骨の刻印

舞台がイギリスの孤島 そして法人学者 いつも読むアメリカでシリアルキラーとドンパチという雰囲気ではなくて静かで少し悲しいイメージでした。

おもしろかったのですが、私には少し合わなかった気がします。もう一作くらいは読みたいと思いました。

 

北欧小説もおもしろいサスペンスが多いですけど暗くて重いのが多くて続けて読めなかったりします。でも積読用に買っておかなければ。特に海外サスペンスはすぐに絶版になってしまうので。いつも10冊以上は積読本があります。「今度読もう」の本がないと不安になってしまいます。電子書籍でもすぐに買える時代なんですけどね。本棚に並んでいるのが好きです。

 

 

 

 

 

最近買った雑誌(元気が出た姉たちの言葉)と読んだ本

いつも書いていますが雑誌と本は月に一回くらいアマゾンジャパンからオーダーしています。

マンガは大体電子書籍で。今年に入って(いぬやしき)を買いました。すごくおもしろかったです。マンガはまた別に書こうと思います。

今日は最近買った雑誌と昨年読んだ本を少し。

まず絶対大当たりの雑誌 スタイリッシュでかっこいい50代の雑誌Hers

大体いつも好きですけど、今出ているこの号は姉たちの言葉。インタビュー特集ですね。

大好きな風吹ジュンさんの名前を見て購入決意。他の方たちもすごいです。

阿川佐和子さん、岸惠子さん、黒柳徹子さん、清水ミチコさん、中園ミホさん、林真理子さん、風吹ジュンさん、槇村さとるさん、松任谷由実さん、萬田久子さん、向井千秋さん、唯川恵さん。

 

残念なのは表紙です。

中の萬田久子さんの写真が素晴らしくて、どうしてこちらを使わなかったのかなと思いました。お持ちの方は42ページ。

 

真っ赤なロングコートをひるがえし、ロングヘヤー、ハイヒール、サングラス、赤い口紅で渋谷スクランブル交差点で振り向いた瞬間の写真。

私が昔憧れた大人の女そのものです。妖艶な美女。まあ、萬田久子さんは元ミスユニバースですから同じようになれっこないのはわかっていますけど、こんな60代!ものすごくものすごく勇気が湧いてきます。

勿論他の方たちも。生き生きとして輝いていて、50代の私たちにこれからの10年のことを教えてくれます。

ものすごく希望が湧きます。まだちゃんと読んでいないのですが写真だけでも買って良かった。素晴らしい!60代!

実は年末に動画でレコード大賞のピンクレディーを見ました。ピンクレディーも60代ということにまずびっくり。そしてその変わらなさにも。同じ衣装で同じ踊りを踊っていました。芸能人だからお直しはもちろんすると思いますが、自然で美しい。そしてサウスポーなんて片足ですよ!ふらついてないんですよ(笑)

ピンクレディーもずっと歌って踊って大スターなんだからと言われるかもしれませんが、すごい努力の賜物だと思います。

そしてそんなピンクレディーを見て、ものすごく元気が出たんです。

「もう年だからしょうがないよね」ってもう言わない!!って(あ、もう言っちゃったけど 笑 少なくしよう)

Hersは毎月というわけにはいきませんが、かなり購入しています。先月の家特集も良かったです。

 

雑誌はファッション雑誌(HersかEclatが多い)美容雑誌(美ストかVoce)

生活家庭はEsseを時々、それから好きなのはクロワッサン。

今月は本の雑誌も買いました。ダヴィンチです。一条ゆかりさんの記事が読みたいと思って。まだこちらは読んでいません。一条ゆかりさんのプライドにはまって、また漫画を読みだしたので買ってみました。

プライドすごく面白かったです。オペラの世界の話なのにドロドロの人間関係が素晴らしかった。また読み直そうかな。

 

そして本。

昨年はあまり本を読まなかった気がします。投稿小説でエッセイを書いていたので、サイトに投稿されたものをよく読んでいました。プロではなくても素晴らしい作品がたくさんあります。

そして以前はブログにも「この本つまらなかった」と平気で書いていた気がしますが、自分が投稿を始めると、もうそんなことできなくなりますね。

感想をいただくとすごく嬉しくて何回も読み直したりして、作者の気持ちって皆同じだと思うんです。

ああ、もしももしも作者の目にとまったら~と考えると書けないです。まあ海外サスペンスが多いので絶対に目に入らないとは思いますが(笑)今読んでいるジェフリーディーヴァーとか絶対に私のブログ見ないと思うし(爆)

ちょっと長くなったので本は明日に続きます。ではまた~。