アメリカでアジア人ヘイトクライムが急増中 気をつけることと思ったこと。

 

ヘイトクライム Hate Crime とは

人種や宗教、性的思考など特定の属性の個人または集団への差別や憎悪犯罪

世界で、特にアメリカでアジア人に対するヘイトクライムが急増中です。

アメリカで2月末までのアジア人対象のヘイトクライムの回数は約3900回にも上りました。

襲われている動画もインターネットで拡散されています。突き飛ばされた高齢のアジア人男性が死亡。後ろから刺されたケースも。

つい最近は高齢の中国人女性が顔を殴られて木材で反撃し相手を病院送りに。

この動画も見ました。これはちょっとすかっとしましたけど、殴られた女性にとって本当に痛くて怖かったと思います。

加害者の方が担架で運ばれていくのは、ちとむかつきました。被害者の女性も顔を腫らして痛い痛いと(中国語で)言っていたのに。

3月16日には、米アトランタ州のマッサージ店が連続で銃撃され、6人のアジア系女性を含む8人が死亡しました。

このニュースは大きく取り上げられたのにもかかわらずアトランタ警察は「動機を見極めるのは時期が早い」と発表

ソーズはWWDジャパンの記事より

は?って思います。犯人は大声で「すべてのアジア人をころしてやる」って叫んでいたと聞いています。時期が早いって何?

オハイオではあまり差別を感じませんが、外に出ていないのでわからないです。

ただワクチンを接種した会場の係りの女性はとても優しかったです。アトランタの後なので必要以上に気を使ってくれたのではないかなと思いました。

一番多いヘイトクライムは暴言、その次は接触のの回避だそう。

アジア系に対する暴力の調査を行なっているNGO、Stop AAPI Hate の最新報告によると、昨年3月から今年2月までの間に、アメリカ全土でアジア系に対する嫌がらせ、暴行、差別などは3795件報告されている。その内訳は、

・暴言(68.1%)・接触の回避(20.5%)

・暴行(11.1%)・公共交通機関でのサービス拒絶など権利の制限(8.5%)

・オンラインでの嫌がらせ(6.8%)

 

接触の回避は知り合いの娘さんにされたことあったなと思い出しました。庭のパーティーで隣に座ったら、さっと席を立たれた~。それから暴言までいかなくても、ちと嫌なこと言われたり、見られたりはあります。気のせいじゃないんですよね。

暴力的な差別にはあったことないですけど、日常「ちょっと、これは、うん」っていうことあります。

日本でも特定の人への差別はあるし、あまり気にしないようにしていました(すごく落ち込むこともありますけど)

 

でもこれほど暴力が増えるとさすがに怖いです。長年 肌の色が違うだけの理由で理不尽に差別されてきた黒人。それから特に911の後、中東系というだけでテロリスト扱いされてきた人たち。メキシコから来たと言うだけで犯罪者扱いされてきた人たち。すごく怖かっただろうと思います。本当の意味では気持ちわかってなかったんだなあと思いました。

狙われるかもしれない恐怖ということに。

気を付けてと言われて「何をどうやって?」と思いましたけど、良いインタビューがあったので張っておきますね。

 

 

気を付けることは

一人で歩かない
何か言われても無視する
すぐに警察を呼ぶ

こんな感じでしょうか?

私は最初、遠回しの悪口よりも殴られたら殴り返せるからいいかも。と思ってしまいました←ダメ絶対

いつか、この世からヘイトクライムがなくなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください