ダイヤモンドクルーズ船 チャーター機でアメリカへ帰国した人は今

 

アメリカ政府はアメリカ国民をチャーター機で脱出させることに決めましたけど遅すぎましたね。症状が出ていない(陰性)の国民300人以上乗せて帰国しましたけど、なんと14人が感染していました。

アメリカでわかっているだけでは15人の患者がいました。これで一気に29人になりました。

チャーター機はTravis Air Force Base, California, (トラヴィス基地カリフォルニア)and Lackland Air Force Base, Texas, (ラックランド基地テキサス)early Monday. 月曜日の早い時間に到着して、そのまま2週間さらに隔離されます。

当初から感染者がいなくても2週間の隔離は決まっていました。危機管理というかこういうところは徹底しています。長い間安全とは言えないクルーズの中にいたので当たり前だと思います。自分がチャーターで帰ったとしても納得すると思います。

 

しかし日本政府はなんと乗客を下船させ、民間の交通機関で帰らせたと聞いて正直本気で驚きました。症状が出ていない人や後から感染した人もいるかもしれないのに「帰っていいよ」とは?

そのままお寿司を食べに行ったとか。もうなんていうか危機感がなさすぎると思いました。和食が食べたかった気持ちはわかりますが、クルーズ船の食事は写真で見る限りでは素晴らしかったです。(船内からツイートされている人が数人いました)多分アメリカの基地の隔離では、ぱさぱさのサンドイッチとか、なんかそういう感じがします(想像ですがいろいろな体験から多分当たってるはず)

日本ではもしかしたら感染しているかもしれない何百人の人たちが電車やタクシーで帰ってしまった。と。ひどすぎます。

クルーズ船内の杜撰な管理の様子を岩田神戸大学教授が動画で世界に拡散しました。反論も読みました。その後動画は削除されました。圧力があったのではないかと思いました。

このクルーズ船のことはさすがにアメリカでもニュースになっていました。

実はコロナのことは今まであまり大きなニュースになっていないんです。大きくないと言うと語弊がありますが、それほど騒ぎになっていないというかんじです。どちらかというと大統領選一色な感じです。

私も一日ニュースを見ているわけではないですが選挙の行方は気になるので最近1時間くらい見ているんですがその中でもウイルス関係は5分程度でした。時間にもよるかもしれませんが緊急特番を組む。とかそういう感じではないです。

それでもウイルスの研究家は「未知の恐ろしい病原菌で、とにかく感染の速さはサーズの20倍だ」と言っていました。なので危機感を持てと。気をつけろと。

今年アメリカではインフルエンザで2万人以上も亡くなっています。医療関係は日本とは事情がかなり違います。

まず民間の保険に入れない人が多い。かりにインフルエンザの治療でタミフルや入院になると数十万円かかるので、病院には行かない人が多い。

行ったとしても微熱なら薬局で買える薬を処方されて「ジュースたくさん飲んで」と言われる程度。なので病院へ行かなくなる。家で寝ていれば治ると信じている人も多いのです。

大体インフルエンザの検査さえしない場合が多いです。昔、熱が続いて病院へ行きタミフルを処方されましたけど綿棒でぐりぐりッとかの検査はなかったです。

「治ればいい」の精神というか病名なんて気にしないって言うか。なのでインフル患者と言っても違う病気かも知れないと言われ始めています。

雑なアメリカの病院ですが、政府はこういう謎の病気には徹底的に戦う姿勢があるので心強いです。

日本は反対に病院は細かく診察してくださったり患者に寄り添う看護がありますが政府は危機感がなさすぎると思いました。

オリンピックを控えて「これ以上患者数増やさないでくれよ」なーんて言ってそう(これは私の想像ですよ)安全ですよというアピールのために下船も決まったような気がしてなりません。

マスクも買い占めて足りない状態だとか。日本がとても心配です。

 

新型肺炎について アメリカでのマスク着用

怖いですね、新型肺炎。

インターネットで毎日増えていく感染者のニュースを見てショックでした。

アメリカではそれほど大きなニュースになっていなくて、ニュースのチャンネルをつけると大統領選のことがほとんどです。肺炎はワールドニュースとして取り上げられている感じです。

アメリカの感染者も増えています。そして一度記事を消したのですが(また戻そう)チャーター機で中国から脱出したアメリカ人はそのまま軍に隔離されています。

この頃日本ではまだ管理が緩くて心配のあまりブログにアップしました。なんせ検査拒否して帰ってしまった人までいて、どうして政府はそういうことを許すのかと唖然としました。

 

。。。クルーズ船の監禁について

 

その後日本も厳しくなり大型クルーズ船の乗客から感染者が出て、そのまま隔離が始まりました。

でも船の中ですから感染は広まるのではないでしょうか? 病院内の保護服を着ている医者でさえ感染しているのに。

それにホテルと違い、客室も狭いと思います。ニュースではアメリカは自国民を迎えに行く要請をしたと。隔離は当然と思ってはいますが、囚人ではないのです。安全で薬なども豊富な場所でお願いしたいです。待っている家族も心配だと思います。

毎日ニュースを読み、心配のあまり落ち込んでいました。

アメリカの感染者は15人(6日)で増えていくのがすごく怖かったのですが、ある記事を読んであまり心配するのやめました。

CNNより

The CDC estimates that this flu season, which started on September 29, there have been at least 22 million cases of the illness in the US, 210,000 hospitalizations and 12,000 deaths.

CDCアメリカ疾病管理予防センターによると9月29日から始まったインフルシーズンから今まで少なくとも2200万人がインフルエンザに罹り21万人が入院し、12000人が亡くなっている。

 

毎年猛威を振るうインフルエンザですが今年のは特に脅威です。

インフルエンザワクチン今からでも受けて欲しいです。ワクチンは罹らなくするためのものではないのです。少しでも軽くなるのであれば、受けたほうが良いと私は思います。

肺炎感染15人で震え上がっていましたが、インフルエンザも本当に怖いです。だからと言って誰とも接触しない生活、閉じこもっているのも不可能です(まあかなり引きこもりですが)だから恐れすぎてストレスになるのもよくないなと思いなおしました。

。。。マスクについて

 

肺炎の影響で日本ではマスクが品薄だと聞きました。

アメリカはマスクをする文化がなく、本当に見たことありません。病院にはありますが用途は

(自分が感染させる恐れがある病気にかかっている場合に、他人に移さないようにするため)が多いのです。

もちろん免疫力が弱っている場合に勧められることもあります。抗がん剤中は白血球がものすごく少なくなって免疫力が下がります。その頃からピュレルというアルコール消毒液が手放せなくなり、人ごみに出る場合にはマスク着用を勧められました。ですが「ぎょっ」とされるのがいやで、ほとんど外出しませんでした。

本当にマスク姿を見ないです。

アメリカは地区によっては禁止の所もあります。テロや強盗などの顔隠し防止のためです。

もう少しマスク文化の理解が広まってくれたらと思っています。

肺炎もインフルも早く収集しますように。

それから闘病されている方、隔離されている方。がんばってください。

 

 

 

US evacuation 最新のニュース

 

アメリカのニュースです。

今日は読書感想を書こうと思っていました。それにこのブログではニュース関係のことを書くのをやめようと思っていましたけれど、コロナウイルスの情報は大事だと思い書いておくことにします。状況が変わったり間違えた情報だった場合すぐに削除します。

まずは武漢(英語ではWuhan ウーハンと言います)から US evacuation flight についてABCニュースより。全文はこちら

 

 

内容は中国の武漢にチャーター機を飛ばして200名以上のアメリカ領事館スタッフとアメリカ市民を脱出させたこと。

そしてカリフォルニアの予備の空軍基地(マーチ予備基地。今は使われていない)に連れていかれたことなどが書いてあります。

 

この中で大事なところだけ訳します。

。。。。。。

All passengers were also screened twice before leaving China, said officials.

中国を離れる前に全ての乗客は2回検査を受けた。

Upon arrival in California, all passengers will be quarantined for at least three days and monitored by the CDC, per authorities. Those who show signs of the illness and need to be tested could be held for as many as 14 days.

 

カリフォルニアに到着した全ての乗客は最低でも3日間 CDC(アメリカ疾病管理予防センター Centers for Disease Control and Preventi)の検査を受けるため隔離される。病気の症状がある場合やテストが必要な場合の隔離は14日間。

。。。。。。ABCニュースより。

 

これくらい厳しくて良いと思うんです。もし自分だったらと考えると、危険なウイルスに感染しているかもしれないときに、一番したくないのは愛する家族のもとに帰ること。ウイルスをまきちらしたくないですから。

今回、日本の対応に納得できません。チャーター機を出したところは「おお日本も考えてくれてるんだ」と嬉しく思いましたけど一人8万円徴収するのだとか。

え??お金取る??それどころか帰ってきた人が記者会見してました。隔離は?

隔離どころか2人検査拒否で帰ってしまった! 症状のない人は自宅に帰って良い。えええ? 帰っちゃダメ。

そして今日のニュースでは検査を「念のため」に受けた人の中から3人もコロナウイルスのキャリアがでた。←いまここ。

ありえないです。ひどすぎます。他にも、これはニュースを読んでいないのですが、いったんホテルにとどまってもらうけれど相部屋なんていう話もありました。相部屋!!意味ないです。倒れそう。

 

 

いつも言ってます日本大好き。私の祖国。家族も友人もいます。でも日本政府は本当にこういう時にひどいです。自国民を大事にしてほしい。帰りたいから帰らせるじゃダメなんです。たぶん皆さん不安で反対に帰りたくないと思います。

病院での隔離それから適切な処置をしてからやっと安心して家に帰れるのではないでしょうか?

実はここの所落ち込んでいました。コービーの事故もすごくショックでした。人生とはと考えてしまっていました。

そして今日はカッカと怒っています。こんなルーズな危機管理のままオリンピックなんてありえないと私は思ってしまいました。

大事な日本です。国のトップがしっかりと守って欲しいです。

 

お笑いに助けられた私が吉本興業の記者会見2つ見て思ったこと。

今日も本当にごめんなさい。アメリカも猫も全然関係ない、日本のニュースについてです。吉本の会見についてちょっとだけ書きたいと思います。

吉本というかお笑いが大好きなんです。

十数年前、病気で寝込んでいるときに送ってもらった録画のビデオテープ(ビデオ!!)にどれほど助けられたかわかりません。

かなり悪性の乳がんでつらい闘病と絶望の日々。日本の家族がお笑い番組を録画して送ってくれて、特に(ロンドンハーツ)と(リンカーン)が何よりも楽しみでした。

痛くてつらい治療の間でも笑うことができました。母親の壮絶な姿を見て小学校へも行けない状態になった息子さえ笑うことができました。

 

当時ずっと見ていたその番組に出ていた宮迫さんと亮さん。今はほとんどお笑い番組見られないですけど、大好きな芸人さんです。

その2人が反社会のパーティーへの出席しそしてギャラに対しての嘘が発覚した時は本当にがっかりしました。

特にロンドンブーツの亮さんは昔大ファンだったので「そんな人だったんだ」とびっくりしました。それでも「早く謝ってたら良かったのにい」とこのブログにも書いたと思います。

一昨日宮迫さんと亮さんが2人でやめる覚悟で開いた会見を見て、さらにびっくりしました。

日本ではさんざん報道されていると思いますけど、アメリカでは知らない方も多いと思うので少しだけ説明しますね。

2人(他にも数名の芸人さん)が反社会のパーティーに会社を通さずに出席してギャラを受け取ったこと。ギャラを受けとっていないと嘘をついていたこと。嘘をつくのがつらくなり実はもらってしまったと言い、さらに謝罪記者会見を会社にずっとお願いしていたけれど、会社が一方的に開かせなかったこと。

もうやめてもいいから、会見をさせてほしいという亮さんに社長が「テープ回ってないやろな」「ほなら、やったらいい。でも全員首だからな。それでいいならやったらいい」と言われ、なにもいえなくなってしまったこと。

涙で詰まりながら絞り出す言葉は心に届くものだったと思います。

宮迫さんの説明はさすがにプロでしたけど、そこには嘘はなかったように思います。そして亮さんが泣きながら「親だとしたら子供が悪いことをして謝るのを止めないと思う」(吉本はファミリーだと言われて)というセリフには、もらい泣きしてしまいました。

そしてこれで世論がぐっと傾きまして、芸人たちも声を上げだしました「こんな会社じゃだめだ上が変わらなければ、俺はやめる」(極楽とんぼ加藤さん)という声も上がり、ダウンタウンの松本さんが吉本に交渉して「社長が会見しなければだめだ」となり、昨日吉本社長の会見が開かれたました。

これがもう歴史に残るようなひどい記者会見だったんです。

最初に出てきた弁護士も長々だらだらと説明し、その間もマイクをぶらぶらと口元で揺らしてとてもプロと思えない状態。社長はさらに謝罪と言いつつずっとずっと下を向いて文章を読み上げるしまつ。

さらにひどかったのが質疑応答で、あんなにひどい質疑応答を見たのは生まれてはじめてです。質問に対しての答えが全くかみあっていない、何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

1時間近く見ましたけど(会見はなんと5時間半)これぞ「ぐだぐだ」で要領を得ない答えばかりで、会場にいた記者さん達よく我慢できたなと思いました。

アメリカだったら靴とか飛んでそう(笑)そのくらいのひどさ。

こんな人が大企業のトップにいる。そして圧力をかける。パワハラをする。

恐ろしいことです。

会社のトップが責任を負って辞任会見ならわかりますが1年間の減給と聞いて「え??」あんな恐喝のようなパワハラで?

このまま、あやふやにならずにトップの交代をするなり、より良い会社になって欲しいと思います。

そしてそれはやめていくものに圧力をかけるジャニーズ事務所なども同じで、この機会にエンターテイメントの世界も古い体制を捨てて新しくなって欲しいと思いました。

アメリカでもやっと最近Me too運動が起こり、改善されようとしています。

勇気をあげて出した声をつぶさないような社会になって欲しいと思います。

 

 

たまには時事ネタ 大統領北訪問・Kimono・吉本闇営業

以前のブログには日本とアメリカのニュースを結構書いていたのですが、新しくしたこのワードプレスのブログはほぼ(猫の事&オハイオ暮らし)のことばかり書いています。

お買い物とかメイク情報とか楽しいことだけにしようかなーっと思って。

でもこのことはちょっと書きたいなと思ったことがいくつかあったので、まとめて書きますね。

まず本気でびっくりしたのが

1トランプ大統領の北朝鮮訪問

 

アメリカ大統領初!しかもツイッターで「会ってもいいよ」て!!で、本当に会っちゃうって!!

夫がツイッターの写真を見てフェイクニュースだと思ったそうです。よくできたコラだと。うん、わかる。

私は前回の大統領選挙の投票に行きました。対戦のヒラリーさんもいろいろ悪い噂があったけれど、負けると思わなかった。まさかのトランプ大統領の当選。本気で落ち込みました。

やることなすこと「俺に任せろい~」アメリカがめちゃくちゃになると心配しました。移民政策とかで不安な時もありました。

でも結構やることやっていますね。今でもサポーターじゃないですし、トランプサポーターにはちょっと嫌悪感ありますけれど、最近ちょっと見直したかもです。

そのきっかけになったのが日本を訪問した時。仏頂面の相撲観戦はハラハラしましたけど、なんとお辞儀をしたので驚きました。頭下げたああ。私は初めて見ました。後で書くキムカーダシアンよりよっぽど日本文化に敬意を払っている気がします。

それから晩餐会でのスピーチ(これはライターが書いたにせよ)良かった。お酒のグラスに口をつけるふり?をしてたことも。トランプはお酒一切飲まないのです。グラスにお酒が入っていたら「なんだこれは!」とカンカンになるようなタイプなのに、あのトランプ大統領が空気を読んだ?ちょっと驚いてしまいました。

それとこの方めっちゃTwitter使うんですけど、よくスペル間違えるんですね。確かハンバーガーのつづりを間違えたことがあって、それ以来私おおいばり!!

「は?スペル間違えた?いいのいいの、大統領だって間違えるんだもんね~ひゃあ~ひゃっひゃ!」と自信満々になっちゃった。笑 そこは大いに良かったです。

2 Kimono

キムカーダシアン!ええかげんにせーよ。この一言だけです。
カーダシアン一家。アメリカでは知らない人はないくらい有名人です。一般人からのし上がった女。一般人と言ってもお父さんはOJシンプソンの弁護士でした。ここから詳しく書こうと思いましたけど、日本でもカーダシアン一家のリアリティーショーやっているんですね。とにかく超お金持ちで毎日話題を振りまいているカニエウエストの嫁です。いろいろとさいてーです。

で、今回問題になったのが売り出すガードルのようなシェープ下着にKIMONOと名前を付けたこと。商標登録もしたこと。在米日本人カンカンでございます。

アメリカでも話題になりました。怒れば怒るほど無料の広告してあげているようなものですよね。キムの作戦なのかもですね。本当に頭に来ます。

Kimonoといってもそんなに皆知らないと思うんです。前合わせのジャケットのようなものをKimonoと呼んでいますし(和風柄じゃなくても)ちょっと前なら娼婦っぽいガウンの意味もありました。で、数十年後に「Kimono?ああ知ってるわ矯正用のキムの下着よね」なんてことになったらたまりません。

何とか取り下げてくれることを願うばかりです。多分、しないと思うけど。

 

3 吉本の闇営業

お笑い大好きなんです。吉本ももちろん大好きです。いつも書いてますが年末に送ってもらう録画の(笑ってはいけない)が年に一度のお楽しみです。

今回の闇営業は本当にがっかりしました。そういうのはあるだろうなと思っていましたけど、すぐに謝っちゃえばよかったよね。嘘つかないで。すいませんでした!!って。皆でそろって会見とか。

知らなかったではだめですよね。被害者の方がたくさんいらっしゃるのだから。

宮迫さんにも驚きましたけど、ロンブーの亮さん。昔大ファンだったのになあ。

ハワイに行く前に日本に住んでいた頃ロンドンハーツが本当に楽しみでした。16年も前なんですね。ロンブーファンでまだ敦さんが赤い髪の毛でしたね。ロンハーも一般の方を罠にはめるのやってました。えぐい笑いでしたけど、あの頃おもしろかったし、亮さんはすごく良い人に見えたのになあ。すごく残念です。

 

今日は最近ちょっと思ったことを書いてみました。明日からまた口紅がああとか洋服がああと通常営業に戻ります。笑

 

 

 

 

 

 

大阪なおみ選手 優勝おめでとうございます。

遅くなってしまいました。最近週に一回くらいのペースになってしまってます。

もう数日前ですね。大阪なおみさん優勝おめでとうございます。

セリーナが審判に激怒、そのことを受けて観客がブーイング。そんな中での優勝。本当は素晴らしい瞬間のはずなのにと残念でした。

インタビューなど見るといろいろな思いがあったようですけど、「嬉しい」とニッコリ笑ってすごくチャーミングな女性です。エレンデジェネレスショー(大人気のトークショー)のなおみさんがすごくかわいかったです。

エレンは後半「好きなセレブは?」「名前知らないけど、ブラックパンサーの悪役の人」「え!連絡するわよ!電話番号あるから」「ノ~やめて~」なんていうかわいいやり取りもあったんですけど、前半はほとんどテニスのあの試合のことであの時セレーナが耳打ちした言葉も知ることができました。

「ブーイングはあなたにじゃないのよ、私によ。あなたを誇りに思うわ」って言ってくれたそう。あのブーイングは最初自分に向けられたものと思っていたそうで悲しかったのが、その言葉ですごく嬉しくなったと。とても良いインタビューだったと思いました。

で、翌日だったと思いますが、日本に行った時に日本の記者からの質問が人種についてのように取れる質問ですごくがっかりしました。大阪選手も小さい声で「これって質問なの?」って英語で言ってましたね。こんな質問は一人だけだと思いますけど、ネットでも問題視されていました。こういうことは日本はまだあまり変わっていないのかなあ?すごく残念でした。

普段意識したことはないですけど息子もハーフで国籍はアメリカですけど(二重国籍は21歳でなくなったはず、というか日本からはお知らせも来ていませんが)アメリカを誇りに思うと同時に「自分は日本人だから」とよく言います。見かけはお父さんよりですが、日本と日本人の血をとても大事に思ってくれています。

だから「あなたのアイデンティティーは……」というあの質問とても失礼だと思いました。でも大阪選手は「私は私だから。あまり意識したことありません」

素晴らしいと思います。テニス選手として国籍は日本を選択するそうですが、これからも大きく羽ばたいてほしいと思いました。

今週のまとめを書こうと思ったのですが、思わず大阪選手のことばかり書いてしまいました。なんだかおかーさんの気持ちになっちゃうよね(笑)

 

さ~て来週は

1歯が抜けた事件その後 2不動産の修理費など 3マイケルコースのバッグ

の3つになりま~す(あ、これもう使ったな。笑)

それからニャンズのエッセイを書いているので、ブログも同じくらいの更新になります。ドラマブログのほうはかなーり放置。反省してます~!

子猫時代のチャチャとコタローのきゃいーん。この写真好きなんです。

 

 

 

 

TOKIOの会見を見ました。思ったことなど。

皆さんもうご存知の通り、TOKIOの山口達也さんが強制わいせつ罪で書類送検され(1日に起訴猶予処分)昨日4人のTOKIOのメンバーが謝罪会見を行いました。

1時間半の長い会見で(私はYoutube Liveで半分以上見ました)4人ともそれは立派に受け答えをして好感が持てました。

それでもこの会見は必要だったのかな?と疑問に思います。したとしてももっと短くても良かったのではないかな?と。普通は事務所の社長がすることではないのかな?と

4人ともしっかりして真摯に受け答えをしていましたが、目を真っ赤にした松岡 昌宏さんの意見が正直で素晴らしかったと思いました。

実は日本の基地内で暮らしていた時にTOKIOが撮影に来たことがありました。

大ファンではないけれど、当時山口君が好きだったので、急いで子供を連れて見に行きました。

事務所の人から写真撮影はダメと言われて、遠くから見ていました。見学は私を含め日本人奥さんたちで子供連れが多かったのを覚えています。休憩時間になって、ほかのメンバーは座って女性タレントと話をしていましたが、松岡さんだけが見学者のところまで来てくれて、少し挨拶をしてくれました。

息子たちを見て「さすがに皆ハーフだねー」というので笑いが起きた記憶があります。気さくな人でした。

あれから15年ほどでしょうか?まさかこんなことになるなんて。とてもショックです。あの時に明るく笑っていた人は目を真っ赤にして山口さんに「あなたは病気です」とはっきり言いました。

このことで17歳の女子高生に「行かなければよかった」(中条きよし)とか「キスが嫌ならうがいして帰ればよかった」(デヴィ夫人)の意見がありますが、全く同意できません。

私も20歳のころだったと思いますが、似たような経験があります。同じ職場の人だし20以上うんと年が離れていたので、全く安心していました。家に呼ばれて行ったらキスを迫られて本当に本当に驚きました。もしキスされていたらきっと今でもトラウマになっていると思います。思い出しても嫌な記憶です。当時は怖くて怖くて走って逃げました。17歳の高校生ならなおさらです。

それからアメリカで言えば完全な児童性犯罪です。アメリカはとても厳しいので17歳とわかっていたなら、逮捕されます。それから性犯罪者としてサイトで住所がさらされます。

児童相手ではないですが、アメリカで大人気だったコメディアンのビルコスビーも性犯罪で最近有罪になりました。3人の訴えに1人につき10年の刑期で30年の有罪を受けました。

山口さんは会見で「居場所があるなら帰りたい」と発言してたたかれていましたけれど、当然だと思います。強制わいせつの意味。児童相手の性犯罪と言うことをもっと重く受け止めてほしいです。

好きだったので、とても残念でした。