乳がん手術で胸がなくなってもセクシーな服を着よう。再掲

前回の記事で洋服のリメイクを時々していることを書きました。主に胸元を。乳がん手術で左胸を切除しているのでくぼみが見えないように、ちょっとお直し。

以前のブログから再掲します。Hi from OHIOというブログを昔していて乳がん関係のこともよく書いていたのですがエッセイにまとめたので一応下書きに全部入れたまま…それっきりになっていました。

このブログを始めたころに全部こちらに移そうと思ったのですが挫折。で映画関係だけでも映画ブログに移そうと思い、挫折。か~らの、そのまんま。反省しています。

整理始めます。あわわ、この記事は2015年4月 なんと4年も前なのですね。月日が経つのって早いなあ。乳がんブログのほうも読んでくださっていた方本当にごめんなさい。整理します。後エッセイを新たに書こうと思っています。

 

 

2015年4月11日の記事 HI from Ohioより・・・・・・・・・・

今日はちょっと乳がん関係。 手術をした方へ

今は温存手術が主流になっているそうです。
全摘手術でも、昔はハルステッド法と言って筋肉ごとがっぽりと取られた手術。

今はなるべく筋肉や皮膚を残す方法なのだそうですが、私の場合胸の中のリンパ腺にも転移していました。

これは脇の下のリンパ腺よりもうんと悪いそうなのです。
最初はステージ2と言われていましたが、この転移により一気にステージ3Cになりました。
え、、っとCと知ったのはつい最近(笑) どんだけのんきなのか私。

というわけでドクターは「5年、、う~~ん」と難しい顔をするような、そんな状況だったのです。

とにかく手術で骨ギリギリまで切除しまして(でも、取りきれないところがあった)
私の胸の傷は、ネットにあるようなスーッと一筋ではなく、がっぽり凹んでいるのです。

で、ここからが今日の本題です。

胸元がぐあっと開くような服は着られませんが、ちょっと工夫したらいいよ、シリーズ(笑)

最近あった仮装パーティーでガンマン&サロンレディーになった私たち。

皆さんにとっても褒めていただいたのです❤ で、まさかの勝手にアンコール(笑)

IMG_20150319_194945_520 (4) - Copy - Copy

ネットで見つけたこの衣装

shopping_20150411144638383.jpg

どこが違うと思いますか?

あ人種と年齢?
でも一番は顔と体型?

ち、ちが~~~う!!
いや、あってるけど、ちが~~~~う!!

答えはここ。

shopping (2)IMG_20150319_194945_520 (5) - Copy

写真を見て、これはおぱーいがボーンで、無理かなと。
一度諦めたのですが、サローンマダムなんて、全部胸がボーンでしたの。

これが一番隠せそう。 派手目の金色の布とレースを三角に縫って(三角餃子と言い、三角が好きだな)
胸元を隠しました。

ふっふっふ。 そしてセクシーマダムに変身です。

まさか、私のオパーイが1つだなんて、誰も思わないはず。

私も(人目恐怖症)を克服できない時期もありました。

でもこうやって、工夫しながらおしゃれだって楽しめる!

ないと嘆くのではなく、作ってしまえ! 

餃子もドレスも!!

うまいことまとめた!!(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。ここまで

 

少し説明しますと軍曹会に所属していて年に数回あるパーティーのいくつかが仮装パーティーなのです。この頃から人前恐怖症?のようなのが治ってきました。

乳がん手術の後数年間、自信喪失からか公共の場所にでられなくなってしまったのです。でも夫とこういう場所に出るたびに楽しくなってきて、最近はすっかり克服したと思います。

上の三角餃子(笑)は丸い餃子の皮がないのでワンタンの皮(なぜかある)で作るので我が家の餃子は三角なんです。で、なければ作ればよい。と。笑

ちょこっと裁縫はこういうのです。

胸元だけのキャミソールとか。

 

以前のブログも整理して旅行記やアメリカ国籍のテストなど役に立ちそうなものはこちらに公開しようかなと思っています。

久しぶりに乳がんについて。

ブログを新しくしてずっと書いていなかったのですが、今日は乳がんについて書きます。

初めての方へ……

2003年に乳がんステージ3Cという末期に近い進行性の乳がんにかかりました。

当時は10年年生存率も20%あるかどうかというところで失意の日々でした。ハワイで手術や抗がん剤の治療を受けました。その時にずっと治療日記をつけていて、前のブログ(7年ほどやっていたもの)に当時の写真やその時のページを移して載せていました。

2年ほど前に、その文章をまとめて投稿小説のエッセイ部門に載せることにしました。

リンク→カクヨムサイト 乳がんサバイバー 

他のサイトにも移植して、そちらでエッセイコンテストで特別賞をいただきました。過去記事こちら 特別賞いただきました。 

エッセイコンテストのほうはアルファポリスと言うサイトなのですが、ブログ形式にしてしまったので読みにくいかもしれません。写真なども挿入していますが、読みやすさは上のカクヨムのほうかもしれません。内容は全く同じです。

15年も前の治療なので参考にならないかもしれないですが、こんなに元気になった人もいるんだ!と言うことを一人でも多くのがん患者さんに読んでいただきたいと思っています。

当時は辛く痛みもひどく絶望の日々でした。希望が欲しいといつも自分より悪い状態からのサバイバーを探していたような気がします。

前のブログにつらくて書けなくなったこともあったのですが、やはりこんな人もいるんだと広まって欲しいと思い書きました。

今日も泣いている人がいる。もしかしたら今日告知された人もいるかもしれない。一人一人に大丈夫だよと言ってあげたいのです。がんばろうって。

私が一番聞きたかった言葉だから。科学的根拠なんてなくてもいいから、誰かから「大丈夫だよ」と言ってほしかった。

治療中の方がんばってくださいね。元気な方、病気になってしまったご家族や友人のいる方。「20パーセントとか言われたのに15年も元気な人いるんだって」と伝えてくださいね。

当時と比べて乳がん治療本当に進歩しています。早期だと治療も簡単だと聞いています。早期発見が大事なので、検査に行ってくださいね。

辛い思いをする女性が一人でも少なくなるように祈っています。

再建手術について考える2

はじめに

旧ブログのほうにコメントいただきました。ありがとうございました。こちらのブログわかりにくくて本当にすみません。タイトルをクリックすると本文の下にコメント欄が出てきます。それから旧ブログのほうも記事は下書きに入れていますが閉鎖はしていません。コメントが入るとメールでお知らせが入るので、すぐに読むことができますので、お手数ですがよろしくお願いします。

 

☆  ☆  ☆

 

今日は昨日の記事の続きです。

旧ブログからずっと読んでくださってる方が多いので何の説明もなく(再建手術)と書いていました。初めての方へ少し説明しますね。

乳がんを患い左胸の切除をしたのが15年前になります。その時のことをまとめたエッセイで投稿小説のコンテスト受賞しました。過去記事は こちら

エッセイにまとめる前は旧ブログで過去日記を公開していました。ステージ3Cからのサバイバーです。10年間飲んだホルモンブロック剤も含めてすべての治療を終えとっても元気になりましたが、再建手術は失敗しました。

乳房切除手術からかなり時間がたってからしたのですが放射線治療で皮膚がカチカチになっており、数回小さいものにするために入れ替えたのですがついに定着せず取り出したのです。これも14年くらい前になります。

痛みを我慢して生理食塩水で少しづつバルーンを膨らませたこと。胸が大きくなるたびに希望が生まれ、わくわくしたこと。本入れ替えの後の痛みと傷口が開いていったこと。いろいろと思い出します。

2回か3回サイズダウンでやり直しましたが、硬くなった皮膚は閉じることはありませんでした。

ついに取り出した時のものすごい解放感と襲ってきた喪失感は忘れられません。

異物が入っている違和感と痛み。取り出してすごくすっきりしたのですが、そのあと胸を見たときは手術後よりも落ち込みました。

うう~~ん、この感じを忘れていました。自分の脂肪と筋肉と血管を使う自己再建方法のほうが絶対に良いからと医者にも勧められたのでした。それで、その手術をしようと思ったのですが。あの長時間の手術後の苦しさがもう嫌だと思いキャンセルしたのでした。

簡単な方(といっても手術は手術なんですが)は確かにまた定着しないかもしれないし、真ん中のくぼみも解決しないんですよね。悩む~。

前回の言い訳の1つに(笑)先に歯を治したいというのがありました。今虫歯はゼロになりました。クラウンもたくさんいれて、お金もすってんてんに(笑)

あと前歯1本たぶんインプラント。奥歯3本は最新の入れ歯にする予定です。全部終わってから、また考えようかな。

手術苦しいですよね。あの終わった後の気分の悪さが忘れられないなあ。しばらくまた考えます。

☆  ☆  ☆

旧ブログのようにこちらにも乳がん情報書きますね。

いつかガンの特効薬が発明されますように。すべての患者さんが元気になれますように。

 

仕事のことと再建について考えたこと。

数日ブログ更新できませんでした。 先週夫が出張に行っていて、その前後は不動産関係の仕事で、クロージング(売買の契約)とか家を借りる方のバックグラウンドチェック(犯罪歴とかあれこれ)クレジットレポート(借金の額とか)契約前のあれこれがありました。

家のチェックもします。壊れているところやペンキは必要なところ。プロに頼むところは連絡する、自分でできる簡単な掃除はする。夫が中心でやってますけど、契約時には一緒にサインします。これ結構疲れます(汗)なんでかなあ。英語だし専門用語だしというのもあるんですが、何だか慣れなくて。

私は借りたい人に見せながら説明するのは好きです。話し方や態度で人柄もかなりわかりますね。自分も気を付けようと思いました(笑)この場合は家の中を歩きながら説明するしレンタルしたい人も見たいのは部屋なのでいいのかもしれません。

契約などはオフィスの部屋の中で数人なので、なんだか居心地が悪いのかもしれません。

15年前の乳がん手術で胸の切除をしているのですが、まだ尾を引いているのかもと最近思いました。いつも行くパーティーなどは軍関係で知ってる人というか友達が何人もいるので楽しいのですが、知らない人に会うのがまだ苦手です。

すごく社交家だったんですが手術以来性格変わってしまったなあ。

数年前再建手術を決めて予約もしたのですが、背中の筋肉を使う大きな手術だったので、もう苦しかったり痛いのは嫌だ、もうこのままでいいとやめたのです。切除のあと何回も再建手術を失敗しているので、あの絶望感を味わうのもいやでした。

もうきっぱりとやらない!と思ったんですけど簡単な方法でならしたいと思いはじめました。前回医者に相談したときに「出来上がりの満足度が違うから自分の細胞を使ったほうがいい」と言われたのですが手術の長さや大変さを考えるとシリコン状のものを入れるだけのほうがいいなと思います。

以前失敗した方法は生理食塩水入りのバッグで形はいびつだし、何より動くとお腹に水が溜まっているようなちゃぷちゃぷ音がして(笑)これはありえない~!と。それでもしょうがないなと思っていたのですが傷が治らず何度も出したり入れたりの繰り返しで痛くて、で「もういや!」と。それでももう10年以上たつし、考えてみます。

なせまた考えるようになったかというと、人に会うのが苦手になったこともありますけど、何度も同じような夢を見るんですよね。例えば好きな人ができてデートをはじめても「ああ、いつ言おう胸がないこと」と悩んだり、ある時はなんとなんと力士になっていて「どうしよう明日の土俵登れない、胸がないから」と悩むんです。ちょっとこれは起きてから笑っちゃいましたけど、いつまでも心の底でそういう思いがあるんだなあと。

美乳じゃなくても巨乳じゃなくてもいいんです。本来そこにあるべき体の一部がない違和感を取り除きたい。そう思うようになりました。

このブログには乳がんのこと書いていませんでした。エッセイコンテストで受賞した時だけだったと思います。

時々心の変化などを書こうと思います。それからもちろん再建するとしたらその過程なども。