最近読んだ本の感想 海外サスペンス多め

 

さて、今日は昨年から今年にかけて読んだ本の感想を書きます。

昨年9月に日本へ行き買って来た本は軽い本多め(エッセイなど)で、これはまた別の機会に書こうかな?話題になったベストセラー多めだったんですが、ちとイマイチって言うか←言うな。フランス人の服が、とか夫の何とかとか。私には合わなかったです。面白いのもあったのでいつかエッセイシリーズで紹介します。

 

海外ミステリーサスペンスが好きです。スリラーなの、怖いの、ハラハラなの。が好き。殺人事件の捜査。連続殺人とかの。

 

最近の3大好き好き作家は

 

トーマスハリス 羊たちの沈黙シリーズが大好きです。特にレッドドラゴン羊たちの沈黙が好き。新作カリモーラは評判悪いですねー。まだ読んでいません。

ピエールルメートル 悲しみのイレーヌその女アレックス すごかったですね。グロさも抜きんでてました。衝撃!という言葉がぴったり。

それからジェフリーディーバー ボーンコレクター リンカーンライムシリーズは、ここから始まりました。今年読み終わったのがスキンコレクター ほとんど読んでいるリンカーンライムシリーズですけど、これすごく面白かったです。

 

 

 

ボーンコレクターの続きではないですが、少しつながりはあります。これが次と思って買って読んだのですがゴーストスナイパーを抜かしていたので、いくつかまとめて買いました。

まだ積読本ですが下の写真の左端のカリンスローター 血のペナルティーを読み始めました。これもウイルトレントのシリーズもの。ハンティングを読んで気に入った作家で、これから買っていこうと思います。

内藤了のBurnもシリーズもので、全部読みました。このシリーズ好きです。キャラクターがすごく良いです。

右の2冊は日本の作家 乙一の短編以前読んで好きでしたけど、これは合わなかったです。薬丸岳 天使のナイフ ずいぶん前の出版ですが未読でした。こちらは内容が重そうですが社会派と呼ばれる小説も好きなので読んでみたいと思いました。

 

相性が合う合わないってありますよね。すごく面白いと思って貸した本を友人はつまらなかったと言ったり、その逆も。アマゾンレビューなども参考にはしていますが、絶賛されているのが合わなかったりもします。

北欧小説と呼ばれるジャンルがどんどんできてました。有名なミレニアムシリーズがすごく人気でしたけど、私は途中で挫折したままです。合わなかったんですね、きっと。

でもあまりレビューが良くないアンデッシュルースルンドとべリエヘルストルム制裁 は好きでした。その後の死刑囚も。どちらも「ぎゃあああああ」と泣きそうになるほどの嫌ミス(いやーな気持ちになるミステリー)

この奈落の底に落とされるような絶望感。ちょっとくせになります笑

この著者は熊と踊れが注目されて入手困難だったボックス21も再販されたので買って、つい最近読了しました。

 

こちらも同じく「暗いよ~陰惨だよお~絶望だよおお」でした。これは合わなかったかな。名前もわかりにくく(ストロボダン・ドラゴヴィッチとか。著者名も覚えられないし笑)事件も一つではなく、ちょっとばらばらしていて読みにくかったです。長い長い前半。面白くなってきて止まらなくなった後半ですが、イライラも募ります。それか「あ、あの人はこういうことだな」とわかっちゃいました。

帯の「最後がなんとか」っていうあれ。書かないほうがいいですよね。よくある「最後の一言で世界がひっくり返る」みたいなやつです。あれがあると構えちゃって驚きが少なくなりますよね。

ジェフリーディーバーもどんでん返しで有名ですが、やはり最近構えてしまって「一番犯人から遠そうなこいつ!怪しい」とか思って新鮮な驚きがなくてさみしい。

絶賛していたルメートルですが新しい我が母なるロージーは私には合わなかったです。爆弾犯の物語ですけど、カミーユシリーズの残酷と衝撃の後は物足りなかったです。こちらも一応カミーユ刑事が出ますが短編でした。

読書シリーズ 評判良くないんですけど(笑)健忘録用にまた書きまーす。

やる気が起きない日々と読書

なんだかやる気が出ない日々……どうしよう。

ブログも毎日、せめて一日おきと思っているのにあああ!!っという間に日にちが5日も6日も過ぎているのはなぜなの?笑

本の感想を書こうかなと思っているんですが、そんなの読みたい人いないんじゃないの?と心の中の小さな暗い人がささやくの。

 

それにしても「事実は小説より奇なり」って本当ですね。

海外スリラーやミステリーが好きで本の中で派手な脱出劇がでてきます。

「いやあ、こんなのできないでしょ?」って思うようなことを……やりましたねゴーン被告 よく考えたなあ。そしてこの後どうなるんでしょうか?

驚くニュースが最近多くて、アメリカ国内も大きなことが起こっていますし、イギリスのロイヤルファミリーも大変です。

そんなことをあれこれ読んだり考えたりしつつ、ご飯を作ったり洗濯したりで一日が終わってしまいます。

映画やドラマもあまり見なくなって、Youtubeをぼーっと眺めたりして時間が過ぎていきます。あああ~これはいかん! 落ち込むちょっと前みたいな感じですね。そのうちアイデンティティーがああとか言い出しちゃうから。

ちょっとどんよりなそんな日々。昨年後半からまた読書にのめりこんでいます。

昨年の終わりから今年にかけて読んだ本「スキンコレクター」ジェフリーディーヴァー。がすごくおもしろかったです。

 

 

リンカーンライムシリーズです。

一番好きな第一作目の「ボーンコレクター」映画にもなりましたけど本のほうがうんと面白いです。四肢麻痺でほぼ寝たきりで証拠品から推理するリンカーンライムシリーズ 毎回大きなドンデン返しがあるし、周りを固めるキャラクターも好きで本当に好きなシリーズです。

「スキンコレクター」と言っても羊たちの沈黙のような「皮膚をはぐ」ではなくて、タトゥーを扱っていて、読み応えありました。

2作目の石の猿 それからコフィンダンサー、エンプティ―チェアー、魔術師。までハードカバーで買い、その後文庫本を待つようになりました。

で、何作目かなと調べたらスキンコレクターは11作目で10作目のゴーストスナイパーを飛ばしてた!!

慌てて注文しました。読みたくないときもあったりして、そういう時は買っておくことにしています。積読本。数年後に読むこともあります。そして買うの忘れたりします。←今ここ。笑

本、特に海外ミステリーはたくさん刷ってくれないので(たぶん)売り切れて手に入らなくなっちゃいます。オハイオにはブックオフもないので(ハワイとLAにはあった)好きな作家はとりあえず買います。

大失敗!てのもありますけど、パラパラ読めないからしょうがないですね。

電子書籍に移していきたいと思っていますが、普通のタブレット(またはスマホ)小説の字は読みにくいです。大きくできてそこはいいのですが電気が目につらい。反対に漫画は読みやすいので、まんがはほぼ電子書籍です。

電子インクを使っていて目に優しいキンドルホワイトが欲しいのですけど、肝心のキンドル本が海外ではまだ買えないので、解禁を待ってるところです。アマゾンさん、早く。洋書じゃなくて日本語訳が読みたいのです。

日本の本を買えるようになったら、キンドルホワイト購入決定ですね。それまではスマホで漫画、アイパッドで雑誌買います。

昨年日本でかなり本を買って来たのですがエッセイ本など軽いものが多くてあっという間に読んでしまいました。

ものすごく話題になっていたから買ったけどつまらなかったものがあったり、意外とおもしろいのがあったり。本の出会いもいいものですよね。

大きい本屋にまた行きたいなあ。

なんかいろいろ寂しいなあ。

日本に行っておいしい和食を食べてお話して本屋に行きたいなあ。しゅううん。

 

 

 

 

にゃんずに慰められて。それから先月アマゾンでオーダーした雑誌と漫画 

あれこれと忙しい日々です。やらなくてはいけないことが山盛りになってます。外のやらなければいけない仕事とかディッシュウオッシャーが壊れて水漏れとか、賃貸の家の修理とか。ひいいい。また今度書きますね。

気持ちも上がったり下がったりしますけれど、月に一度のお楽しみはアマゾンオーダー。そして毎日のお楽しみ?にゃんず。

大病したので、生きているだけで楽しくて幸せで嬉しいはずなんです。それでも泣きたい日もありますね。

チャチャとコタローの背中に顔をうずめるとゴロゴロがどんどん大きくなっていって…はああ小さいことはきにすんな!!と元気が出てきます。猫マジック。

「小さいことは気にしゅんな!」とチャチャ。 はい~。

「しょうだよ。だいたいのことは小さいことにゃよ」とコタロー。はい~。

だから一緒にここでねんねにゃ! 床はちょっと…

見ているだけで癒されます。

私の大好きなマンガがこちら

犬も猫も本当にかわいい。動物と暮らすとそれだけで楽しい。大事なことを教えてもらえます。あと猫の凶悪さも。笑 ←そこがいい。

何回読んでも笑えます。1から3巻までずっとおもしろい。猫マンガはこちらと「にゃああああん」が好きです。「おじさまと猫」も好きなんですけど泣くからあんまり読めない(笑)

先月購入した雑誌は エクラ おまけもなしで960円 くうう。でもでも50代でもこんなにきれいな人がいるんだ。きれいにしても良いんだと勇気をもらえます。

エクラかハーズどちらもおしゃれな50代メインの雑誌で毎回ではないですけど買うことが多いです。ハーズは売り切れてしまったのでEbookで買おうかなと思います。

それからよく買っているのはクロワッサン。特に(暮らし)(収納)(掃除)特集だったら買います。片付け欲がムラムラとわいてきますね。

他に買った漫画は 「秘密」

被害者や加害者の脳を画像で見ることができる、ちょっと未来の捜査です。大好きなシリーズ。かなりグロいシーンもあるのでちょい注意。

マンガはずっと読んでいなかったんですけど、最近はまって読んでいます。大人の漫画が好きです。リアルなものとか捜査もの。デスノートも読む気がしなかったんですけど意外としっかりした捜査もの(ちょっと違うけど)すごく面白かったです。

これはネットで見てあまりの面白さに買ってしまったコメディーマンガ。極道なのに主夫!お腹抱えて笑ってしまいました。一話が短いのがちょっと残念。

コメディーは「聖おにいさん」も好きです。しばらく買ってなかったから見てみようかな?ゴールデンカムイも止まってます。

ギャグマンガもう少し読んでみようかな。エッセイ漫画がすごく好きなんです。ネットで試し読みができて、電子書籍も買える。それから海外でもリーズナブルに発送してもらえる良い時代ですね。

今月は本を中心に買おうかと思っています。前回紹介したカリンスローター過去記事 すいませんイマイチでした。途中休憩中。

今月はトーマスハリスの新作が出ると言うのでこれは買います!

 

 

Aveda ダメージレメディー サンプルムック本 レビュー

Aveda

素晴らしい!といつも評判を聞いておりました。
特にダメージレメディーは凄い!と。数年前から「欲しいなあどうしようかなあ?」と悩みに悩んでおりました。

だって、お値段が!!お高い!!!を2回付けました!!

シャンプー250ミリ 32ドル
コンディショナー100ミリ 31ドル

旅行用の小さいサイズもあります。「そうそう、お試しにこれ買えばいいよね」

シャンプー 50ミリ 9ドル
コンディショナー25ミリ 9ドル

お店で見てきたらすごく小さくて9ドル。あああ勇気がいるよう。

数年前にサロンへ行ったことがあります。技術的には気に入らなかったのですが、製品はすごく良かったんです。

最近特に髪の毛につやもなく、白髪も増え、染めた白髪もきしんでちょりちょりに。母が昔「じんじろげ」と呼んでいた、あんな状態…笑 とにかくひどい。

で、やっぱり買おうとアヴェダサイトUSAに行き、9ドルトラベルサイズ2本とリーブインコンディショナー(流さないタイプ)の3本をカートにいれてぐずぐずしていました。27ドル。よく見るとお試し3本セットもありました。24ドル。

洋服など最近ネットで買っています。それから日本の本や雑誌もアマゾンジャパンで。

今月は何を買おうかなーとワクワク見ていたら、なんとアヴェダのムック本(というのかな?)見つけたのです~!同じ3本ついて1680円!すぐにすぐにポチリ、つきました~!!早い。1週間以内です。

おまけ付きの雑誌がすごく多い日本。こういうおまけのほうがメインの雑誌はムック本であっていますか?

リュックとかポーチとか最近記事を書いたレスポとかすごくお買い得ですよね。今まで買ったことはなかったのですが、これは欲しかった商品がさらに安いので嬉しい。送料は一冊につき350円かかるので2000円超えますけどドル計算なので少し安くなります。

ちなみに一回の注文で本の場合(北米)注文代600円プラス一冊につき350円です。

これは嬉しい。

液体だからアメリカまでダメかなと思ったのですが、可燃物ではないからでしょうか?大丈夫でした。

こんなに分厚い(入れ物)

薄い雑誌がついています。もちろんアヴェダ製品のカタログのようなもの。でも見たいので嬉しいです。

思ったよりも読むところあります。

これを試してみて良かったら買おうと思いました。で、使ってみた結果

めっちゃいい~!!髪の毛つやつやになります。

ただし、香りがけっこう癖があります。

しいて言えば石鹸のアイボリー。それか、オーガニック製品ストアーのソープ売り場の匂い。

これは好き嫌いがわかれそうですね。私がそれまで気に入って使っていたのはRedkinのブルー。これはすごくいい香りで、洗い流さないタイプは特に髪の毛ふわふわになります。ずっとリピートと思っていましたけど、ダメージレメディーに変えたい。でも匂いがああ。

またしばらく悩みそうです。

 

 

気分転換は部屋の模様替え Ikea book case

たったいまストレンジャーシングス3を見終わって放心状態です。面白かったし、感動しました。こちらの感想は違うブログのほうへ。

前回沈んでいると書いたのですが、次々とドラマを見られるくらいに回復してきました。

ストレス解消の一つのお買い物ですがこういう気分の時は大失敗が多くて、ネットで購入して届いて開ける時は嬉しいのですが、着てみたら…

「ぎゃあ!なにこれ!!」←こんなんばっかり。

返品できるサイトが多くてよかったです。香水など香りをつけないように、なによりにゃんずの毛がつかないように気を付けています。

買い物をしたり、外食をしたり、にゃんずと遊んで元気になってきました。

それから気分転換には私は一番な模様替え、というか配置を変えたりしていました。実は模様替え大好き。

ただアメリカの家具はとんでもなく重いのであちこち移動できないものが多いんです。

なので自分の部屋はIkeaで軽いものばかり買ってあっちこっち移動させてます。楽しい~。

前回Ikeaで購入した本箱 Billyの代わりに購入したのがGersby

Billyを買おうと決めて行ったのですが、大きすぎるのでもう少し小さいサイズのほうにしました。車に入らないかなと思っていたし、お値段ももっと安くて良かったです。

Gersbyのほうが少しクリーム系の色味です。そして棚が動かせないことがネックだったのですが(文庫本が多いので)雑誌やムック本の大きいのを入れようと買ってきてそのままでした。Ikeaに行った過去記事はこちら

この下の写真のように1と2の幅がとても広くてしかも動かせない棚。

Billyは棚だけ単品で売っているのでいくらでも買い足せます。お金はかかるのですが、とっても丈夫でガラス戸もつけられるので1つはダイニングに置いてあります。(ワイングラスなど入れてます)

ただ今回ムック本とか大きいサイズの本も多いのでこれにしてみたのです。大きなウォーキングデッドの本やゾンビ本持ってるので。笑

やっと重い腰をあげて組み立て開始です。

くいくいっとねじを回して。ああ楽しい。結構重いから最後の方だけ夫にやってもらいました。

重いものもかなり持てるんですけど(私のモットー「なんでもできる」笑)しかーし地下に運ぼうとした違う本箱を階段の上から落としてバラッバラにしたことがあるので、無理はやめようと学びました。

 

 

棚をがっこん外しながら

「文庫本って軽いし、上下重ねよう。てか間に薄い板あればいいんじゃね?てか板でなくたっていいんじゃね?」(脳内独り言なので口が悪い所再現しております。

というわけでフォームボード。仕切りを作ろうと買っていた工作用のフォームで仕切りを作ることにしました。

ぴったし~~~天才か!と絶賛自画自賛。

 

大きい本箱2個と小さいの1個 それからゲスト用の部屋にも小さいサイズですが奥行きのあるアメリカ本棚2個 かなりはいる~。

 

 

こんなことしているうちにどんどん元気になって行きます。

ニャンズもお手伝い。笑 下のはちょっと前の写真。

乗るところが増えたよ。やったー。

2019年上半期 読んで面白かった本 海外サスペンス

上半期というか最近読んで面白かった本を紹介します。マンガも読んで面白いものも多かったのですが、それはまた今度。今日は小説です。昨年の本レビュー

カバー写真はAmazonより

無垢なる者たちの煉獄 カリーヌ・ジェベル

Amazon

 

フランスの作家です。ピエールルメートルを読みだして「フランス人半端ないな」と一気にファンになりました。思えばフランスのホラー映画特にスラッシャー物も半端ないそうですね←有名どころ数点、まだ見てない。

そしてこの本も「かなりのエログロ」と聞いて期待(笑)したのですけど、そうでもなかったです。面白くて一気読みしましたけど、それほどグロいと思いませんでした。ただ結構ガツンと来ます。ネタバレになるので何も書きません。

読みやすい文体です。誘拐や拷問描写がありますけど、ビジュアルではないので、それほどじゃないと思いました。(あくまで私個人の意見です。残酷描写お嫌いな方はやっぱりひどい~と思うかも)

それから早い時期に読んだ 悪の猿 JDバーカー

 

おもしろかったです。かなり一気に読みました。アマゾンで見つけたときに、読んだことないのに、なんか聞いたことある名前だなあと思ったんです。なんとなんとツイッターのフォロワー様でございました。多分この本が初めての日本語翻訳なのではないでしょうか?

読みやすくて一気に読んでしまいました。こちらも誘拐がでてきますし、「グロい」という意見も多いのですが、私はそれほどグロだと思いませんでした。←慣れてしまっているのかもしれません。サイコスリラーもの。サイコパスもの大好きなので、おもしろかったです。続けて出版されたらいいなと思います。

 砕かれた少女 カリンスローター 

カリンスローター3冊目です。ウイルトレントシリーズです。実はこの本はまだ読み終わってないどころか最初の方です。気に入った作家さんなので入れました。

 

読み終わっていないので感想書けないですけど、つかみがすごく良いです。順番めちゃくちゃに読んでいるんですけど、これが2作目(かな?)ちゃんと調べて書き直しますね。

捜査の方法や鑑識も詳しくて好みの作風です。すごく期待できると思います。これから少しづつ揃えたいなと思います。

海外スリラーやサイコサスペンスすぐに廃盤になってしまうので(ブックオフとかないですし)すぐに買いたいのですけど、ものすごい外れもあって勇気いります。1000円以上のものが多いですから。

なるべくレビューを読み、ツイッターで情報集めてから購入しています。

日本の本屋に3時間くらいいてあれこれ見たい~!!

またレビューしますね。取り合えず3冊です。今から買い物行ってきます(笑)

 

Alien the archive エイリアンシリーズの映画の本

Alien the archive

エイリアン 特にエイリアン2の大大ファンです。初めて見たときはまだ独身でしたけどリプリーを見て感動して「私も絶対にこんな強いママになるんだ!!」と決心しました。

月日が経ち、結婚して息子が生まれて常に(強く優しいママ)であろうと努力しました。

でも息子がまだ小さい頃に私が乳がんを患い、辛い治療で弱った姿を数年も見せてしまい、それはそれはつらい思いをさせてしまいました。

そしてまた月日が経ち、元気になった私に大人になった息子が、この本をプレゼントしてくれました。

洋書です。すごく厚みがあって重い本です。百科事典のよう。

著作権で中身は見せられないのですがファンなら絶対に欲しい本。

写真が多くきれい。見たことない写真もたくさんありました。素晴らしいです。

このくらい隠したらいいかな?うう~難しいなあ。アウトですかね?

デザイン画やイラストも豊富です。写真ももちろん。

 

制作現場も。

とにかく素晴らしい本です。私は中身をパラパラ見てから欲しい派なので載せてしまいましたけど、どこまでが違反なのかよくわからないです。

以前エイリアン2のスチール写真集のようなのは買いました。この本はエイリアン1から4まで載っています。写真だけウハウハと見て、これから少しづつ読んでいきます。読むのは苦手なんですが……む、息子、ヘルプミー。

それと一緒にTシャツも!開けてしばらく「え?」とわからなくてしばらくして

「うおおおおおおお~~~!!」と。

これもエイリアン!会社会社~!Weyland-Yutaniですわ~~!!これもすごくうれしい~!!!一見「ん?」っていうのがカッコいいなと。さすがに大ファンでも胸元にでっかくエイリアンの顔が入っていたら着られないですから。

めっちゃ嬉しい~!! Tシャツにおまけのステッカーつき(笑)

かっこええ~~~。

嬉しい嬉しいサプライスでした。

 

 

美的5月号付録ポーチレビュー

「付録目当てで雑誌を買わない」と何回決心したことか。

ですが、ポーチ大好きなんです。自分でも買い、ギフトでいただき、化粧品会社の付録にも良くついているポーチ。ちなみにランコムのポーチはいつもかなり好きです。

そんなポーチラブの私。 メイク雑誌やファッション雑誌につく付録にポーチ多いんですよね。キャンバス地トートと同じくらいありますよね?

ずっとスルーしていたのですが、YouTubeなどを見ていると気になるポーチ発見!

前から欲しかった「中身が結構入る」「けどコンパクト」「ちょっと変わったデザイン」を兼ね揃えているではございませんか。

そして感想をあれこれ読むと評判も良かった。

やっちゃったよね、ぽちったよね。ちなみに今アマゾン見てみたら売り切れていました。付録の評判良いと売れるんですね。←買った人

 

 

こんな感じでペタンコで入っていました。

がばーんと広がるタイプです。

色も思ったよりも落ち着いたカラー。

そして組み立て途中、すっごく気になったのがここです。

中の折り返し?パイピング?がどーんと飛び出してて硬くてジャッと閉まらない。

何回かしてみましたけど、一回でスッキリと閉まらないものは短気な私には無理でした。毎回イライラするのは使えないかなあ。

付録感想のサイトやYouTubeとっても評判良いんですね。だからこのファスナーが気になるか気にならないで、評価が分かれるのかなと思います。

閉めた時も形がいびつになって、中の(あれ)が飛び出て見えます。

は!!これだけ不良品か??

毎回イライラしたくないので私は使わないと思います。今回はごめんなさい。そこ気にしない!という方にはアリです。

フェースマスク2枚付き。これは使ってみようかな? 雑誌の中にもHakuのファンデとシャンプーなどついていました。旅行多いのでこういうのは嬉しいです。

後、大容量なんですけど、閉めると中がぐしゃぐしゃになるんですね。

それよりポッケたくさんとかのほうがいいなあ。前に送ってもらった&Rosyの黒いポーチは良かったです。

付録がつくと内容が薄くなりますね。

美的は2月号のベストコスメ特集がすっごく良かったです。これは付録なしで600円。すごく評価が良かったので、発売よりも2か月くらい後に買いました。内容が濃くてとても良かったのですが、5月号の内容はあまり役に立ちませんでした。

私はやはり付録に惑わされないように雑誌の中身で買いたいなと思います。自分のためのメモ(笑)

ポーチつながりでもう一つ。

旅行に便利かなと仕切りアリの大きめポーチを買ってみたんです。レビューもとても良かったです。

年に3回くらいある軍のパーティーは正装ドレスも靴も持って行き、さらにメイク道具も普通の旅行ではありえない量なので、こういうかっちりしているのいいかな?とAmazon(USA)でぽちりました。

18ドル

Amazon

きっちり仕分けされてて、中でファンデが割れたりしなそう。収納ラブにはたまらない仕切りの感じ。

そして、来ました。すごくかっちり作ってある。合皮も良い感じ。

しかーし、しかーし。袋を開けた時から嫌な予感が……。それは、それは…

くさ~~~!!!!くさ~~!!

 

ものすごい悪臭!!これはあれかな、セメダイン系の匂い。それかなんか化学的ななにか。目に染みるほどの匂い。

ちょっと干したら取れるかなとも思ったのですが、あまりにも強い匂いなので、これは返品決定です。

工具入れとかならわかるけど、メイクボックスでこれはないなあ。スーツケースの中全部この匂いになっちゃうなあ。

日本の付録はこういうのあまりない気がします。アマゾン結構来たらびっくりもございます。いいものも多いです。近いうちに「買って良かったもの」も紹介しますね。

 

付録開封Youtuberのココロンさん。好きです。関西弁がとても柔らかくて、1000円以上の商品だと切なく繰り返すところが好き(笑)

 

紀伊國屋書店のKinoppyとFujisanの雑誌読み放題

 

海外在住者こそ必要な電子書籍ですが、海外から使えないサイトが多いのも事実です。

アマゾンKindleも原則として日本国内のみの利用となっています。裏技がいろいろあるようですが、海外でも問題なく使えるようになってから使いたいと思います。

Kindleですが、前使っていたアンドロイド用のキンドルアプリではアメリカのアマゾンしか対応してなかったのですが、アイフォーンのほうにアプリを入れたら日本のアマゾン版がでました。

ややこしいので説明しますね。

アメリカのアマゾンと日本のアマゾンどちらもアカウントがあります。日本のアマゾンからは毎月本と雑誌を購入しています。

キンドルはアメリカのアマゾンのキンドルしか使えませんでした。日本のキンドル本は買うことはできないのですが、時々無料の本、マンガがあり、それはクラウドに入れておけました。ですが、PCでしか読めなかったのです。

キンドルアプリを入れるとアメリカ版の方だけ開くのでスマホやタブレットで読めませんでした。PCでアマゾンクラウドに入れた本はものすごく読みにくくて、あきらめていました。

それがアイフォーンというかアップルアプリでパカッと開いた。わ~~い。

電子書籍はずーっとEbookjapanを使っていたのですが、ダウンロードできなくなりました。

過去記事 EbookjapanとYahooが統合 改善お願いします。

 

海外から買える電子書籍をググると

紀伊國屋書店 Kinoppy を見つけました。

 

紀伊國屋書店は海外にも進出しております。悲しいことにオハイオにはありませんが、サンフランシスコやハワイLAの店舗を利用させていただいていました。

送料入れるとお値段は倍くらいになりますけど、本屋独特の匂いとか並んでいるカラフルな表紙とか心躍る場所。カリフォルニアに行くと必ず立ち寄ります。

その紀伊國屋さんのサイト!しかも(海外専用)もあります。これは嬉しい!!

 

早速アプリをダウンロードして、お試し用のサイトページ開いてみました。

マンガはないと勝手に思っていたら…ある~~!

 

小説も雑誌もある~~!

下の写真は日本用か、海外用か調べるの忘れましたが、海外のページもかなり品数がありそうです。

これは会員登録しなくては。

使ってみてまたレビューしたいと思います。

それから海外の方も使えるのがFujisanの雑誌読み放題サービス。

Fujisanといえば海外に住んでおられる方皆さんご存知だと思うのですが、買うだけではなくて無料読み放題もあります。

1年くらい前の古い雑誌が多いのですが、種類が豊富です。自分では買わないような雑誌も丸まる一冊読めるので楽しいです。世界が広がります。

タダ読みとちら読み(新しい雑誌の試し読み)ができます。

 

 

読み込みに少し時間がかかりますが、画像もきれいで読みやすいです。雑誌用にはアイパッドを使っています。

こちらも読むだけなのでネットにつなぐ必要があります。

飛行機に乗る機会が多いのでネットにつながないで、ダウンロードして本や雑誌を読みたいんです。

Kinoppyを使ってみようと思います。

 

昨年読んだ本と海外サスペンスなど

海外サスペンス小説が好きです。

本格推理小説よりもスリラーのほうがより好きです。

数年前にピエール・ルメートルの「その女アレックス」に出会ってカミーユ3部作がすごく好きになりました。フランスの翻訳物を読んだのは初めてでしたけど(アラン・ポーをのぞいて)こんなに面白い小説があったんだと驚きました。グロさも世界一ですごいです。出版はその女アレックスが先ですが、順番は悲しみのイレーヌが先です。この順番です。

悲しみのイレーヌはあまりにも衝撃で私でさえ(衝撃ものたくさん読んでいるという意味で)あわわわわと本を閉じました。でもおもしろかった。

 

それ以前はずっとトーマス・ハリス ジェフリー・ディーヴァー パトリシア・コーンウエルが3大大好き作家でした。

トーマス・ハリスの小説 ハンニバルシリーズが大好き。レッドドラゴンが特に。羊たちの沈黙 ハンニバル ハンニバルライジング 全部好きです。

 

キャラクターが魅力的です。ドクターレクター。知的で洗練されているのにカニバリズム。アンソニーホプキンスしかできないと思ってましたけど、ドラマ版のヤングハンニバルのマッツミケルセンがすごく良かったです。

そしてジェフリーディーヴァーのリンカーンライムシリーズ。今9作目のバーニングワイヤーを読んでいます。

このシリーズの一作目のボーンコレクターがすごく好きで9作目まで買いました。

 

2作目のコフィン・ダンサー から 3エンプティー・チェア 4石の猿
5魔術師(イリュージョニスト)まで待てずにハードカバーで買いました。でも重くて読みにくいので6作目からは文庫本を待ちました。

6 12番目のカード
7 ウォッチメイカー
8 ソウル・コレクタ―
9 バーニング・ワイヤー― ←今ここ。
10 ゴースト・スナイパー
11 スキン・コレクター 12スティール・キス

スキンコレクターが読みたいので積読本だったバーニングワイヤーを慌てて読んでいます。6作目くらいからちょっとマンネリ化してきた感じがして、少し離れていた時期もありました。それからキャサリンダンスシリーズ。上のスリーピングドールとロードサイドクロスは私にはキャラクターがあまり合わずにしかもロードサイドクロスは犯人までわかってしまってがっかりしました。ジェフリーディヴァ―はどんでん返しが3回くらいあって犯人絶対に当てられないのが魅力だったのにいと。

でもスキンコレクターはぜひ読みたいと思っています。

パトリシアコーンウエルは毎年楽しみにしていましたけど、もう買うのやめました。検視官がすごくおもしろく、ずっと(ケイ・スカ―ペッタシリーズ)を買っていました。

 

 

1作目から警告くらいまですごく面白かったのですが、そこから「あれ?」からの「あれれれ?」12作目の黒蠅以降はもうあんまりおもしろくなくなってしまいました。

それでも「次はきっと!」と期待して買っていたんですが、あまり盛り返さなかったです。あくまで私の感想で「いやいや、すっごくおもしろいから!!」という人もいると思います。

長くなりましたが昨年読んだ本を少し

 

ブログに書いたものは除きますね。以前カリンスローターのハンティングを読んで好きだったので、こちらも読んでみました。ウイルトレントシリーズの1作目です。好き嫌いがわかれそうですが、私は嫌いじゃなかったかな。あっ!という展開もあり、もう一作くらいは読みたいなと思います。すこしだけ展開が遅いかなと思います。

 

ノーラロバーツが別名義で書いているシリーズもの。

イヴ&ロークの1作目です。評判がすごく良くて、46作出てます。46!!そのほとんどが高評価です。ノーラロバーツ名義でもなん十冊と書いていてベストセラーですごい作家です。

イヴ&ロークの一作目。近未来のSFにもなっています。おもしろいんですけど、ロークがハンサムな大富豪で、んもうロマンスがてんこ盛り。私は恋愛小説がものすごく苦手なのでラブリんちょすぎました。もう一作くらい読みたいのですが、またラブでラブだったら困ったな(笑)たくさん読んでおられる方教えてください。

ロマン大好き~という方にはおすすめです。

 

それからサイモンピケットの骨の刻印

舞台がイギリスの孤島 そして法人学者 いつも読むアメリカでシリアルキラーとドンパチという雰囲気ではなくて静かで少し悲しいイメージでした。

おもしろかったのですが、私には少し合わなかった気がします。もう一作くらいは読みたいと思いました。

 

 

北欧小説もおもしろいサスペンスが多いですけど暗くて重いのが多くて続けて読めなかったりします。でも積読用に買っておかなければ。特に海外サスペンスはすぐに絶版になってしまうので。いつも10冊以上は積読本があります。「今度読もう」の本がないと不安になってしまいます。電子書籍でもすぐに買える時代なんですけどね。本棚に並んでいるのが好きです。