2023年3月特別な日そして最近のこと

 

昨年の後半から今年にかけて、精神的にいろいろなことができない状態が続いていました。

気分的には、だいぶ回復してきました。

ご心配をおかけしているコタローさんも、抗がん剤が効いているのかとても元気で過ごしています。

 

パクパクご飯を食べている姿、そしてかなりガリガリだった体格が戻ってきているのがが本当に嬉しいです。

ただ、食べたいときに何時でもあげているので、どうしてもチャチャにも少しあげてしまって、チャチャはさらに体重増えました。wいや、じゃないですね、やばいです。

 

くはあ~~幸せ~~

むふふ~

 

コタローさんの抗がん剤は3週間に一回になったので、チャチャにとって「弟の匂い」にもどりました。

あ、こただ!って。いつも本当に仲良しなのですが、病院後の数日はシャーシャーと怒りまくります。

こたちゃん、腕の毛は剃られたままですが(抗がん剤の注射)すごく元気になってきています。体重も元通りではないですが、痩せてきてはないです。

良かったねえ~

 

この状態が少しでも長く続いてくれたら。心からそう思います。

 

コタの獣医の書類を読んでいると、私が乳がん治療をしていたときと同じ吐き気止めを処方されていました。

その吐き気止めはゾフラン(オンダンセトラン)

ゾフランを飲むのを嫌がるのですが「これは本当によく効くお薬なんだよ、ママと同じなんだよ」って言いながらあげます。

いやあ、本当に本当にあっという間に吐き気が止まる薬です。

 

乳がんが発覚したのが、ちょうど20年前の今日でした。

なんと二十歳記念日!

当時小さかった息子の誕生日でもあります。

「大人になった姿が見たい」と泣いたのを思い出します。

何度もエッセイなどに書いたので詳しいことは省きますが、あまり良い状態ではなかったのです。

大人になった息子と一緒に戦ってくれた初老になりつつある夫と3人でまたこの日を迎えられたことが心から嬉しいです。

これからも人生に感謝して歩んでいこうと思います。

 

 

今度はぎっくり腰に

 

口腔内手術(サイナスリフトとボーングラフ)の痛みも薄れてきて、薬も少なくし、抜糸もしてきました。

3週間経ち、色々食べられるようになり「ああ~良かった」と思っていたら、今度はなんとぎっくり腰に。

痛みがなくなってから、けっこう鬱々した気分になっていたのでストレスからなのか、ちょっと前かがみになった瞬間に激痛が!!

夫は腰が悪くて、何回もぎっくり腰になっていて、全く動けなくなるのを知っていましたが、本当に動けなくなるんですね。なに、この痛さ!!

びっき~~ん!!かーらーの

「いたあ~~~!!動けない!」

すごい破壊力。痛みにかなり強い方だと思っていましたが、これはすごい。トイレに行く以外なにもできず。いや、それさえも唸りながら腰掛ける感じでした。

やっと大量の痛み止めから解放されたのに(オクシコディーン、とイブプロフィン600タイレノール1000)またイブプロフィンとタイレノールのお世話に。

医者から処方されたオクシは腰のためではないので飲めませんでしたけど、その強い鎮痛剤があったら~と思ったくらい。

3日間はひどい痛みで4日目から嘘のように楽に。それでも少し痛いですけど5日目の今日はほぼ正常に。

ふうう、良かった。

しゃがむのはまだ痛いのですが、ほぼ治りました。いやあ、恐ろしい。

感動したのは、自分も具合が悪いであろうコタローちゃんが腰痛一日目からベッドにすとんと乗って、寄り添ってくれたこと。ちゃんと3日間。

私が具合が悪いと来てくれる猫たち。コタローは抗がん剤中で気分も悪いと思うんです。そんな時でも来てくれて……もう泣かないと決めていたのに、泣いてしまいました。

優しいね、ありがとうって。

 

本当にSweetなコタローさん。

 

チャチャはコタローが病気になって以来、甘えん坊ムード全開になってベッドの下から抱っこしてほしいときの声でずっと鳴いてました。

18ポンドもあるのにぎっくり腰で抱っこできるかー!と息子にSOS

息子は赤ちゃん抱っこ(体を上に向ける。猫は嫌いなはずなのに)してあやしてます。18ポンド……皆、腰悪くなっちゃうから~

落ち着いたら、交代でベッドに来てくれました。

猫用にベッドにタオルぐちゃぐちゃで写真載せるの迷いましたが……

夫が買ってきてくれたチキンボックスをジッと見るの図 笑

ごめんね、これは食べちゃだめなの。

 

「許さぬ、許さぬ~」の顔に見えるけど、きっと心配してくれてるはず……

いや、やっぱり「💢ちょっとくれても良かったんじゃないの?」の顔かな?ww

 

もうかなり良くなってます。まだ出かけられないですが、というか雪がかなり積もっているので出ない方が良いですね。

日本も大寒波が来ているとか。

皆さんお気を付けくださいね。

 

⛄   ⛄   ⛄

 

最近読んだ本などの感想も書きたいなと思っています。がん闘病記のマンガと本を読みました。

ずっと書いていなかったがん関係の事をまた書きたいなと思います。

2023年は乳がん治療から20年目になります。

本やマンガを読みたびに、告知の辛かったことを思い出します。

「元気になった人いるよ」ともっと知ってほしいなと思っています。(歯が抜けまくったり、ぎっくり腰したりポンコツですけども~でも感謝しなければですね。

動けるって、これほどに幸せなんだと忘れてはいけないですよね。

 

 

あっという間に2週間。いろいろな途中経過など。 

 

2023年あっという間に2週間も経っておりました。

2022年の11月からコタローちゃんの闘病が始まり、12月年末に私の口腔手術(歯の骨のボーングラフとサイナスリフト)の予約があり、いつもと全く違う年末年始になりました。

日本の伝統を守りたいので、結婚して30年。アメリカに来てからも、ずっと大掃除、お飾り、年越しそば(うどん)おせちと頑張ってきましたが、今年は、ほとんどできませんでした。

感謝祭からブラックフライデーのセールも猫の病気が心配でなにも買う気にならず、クリスマスは大雪吹雪に見舞われ、-25℃なーんていう恐ろしい天候。町のツリーやキラキラも一度も見ずに終わりました。

クリスマスの買い物も、ままならず、荷物も送れず日本の家族と親友にも何も送れませんでした。

そして28日に手術の予約を入れたので、2日間氷で冷やし、ほぼスープなど。それからおかゆを数日。そんな年末。

オクシコドンというアヘン系の強い薬を飲んでいたので、一日中うつらうつら。カウントダウンだけは何とか起きだして、♬ハッピーニューイヤー♪と言ってから、また寝ました。笑

いつも思うんですけど、アメリカのニューイヤーズイブの地上波テレビ。ニューヨークの中継でギャーギャーカウントダウンして盛り上がって花火打ち上げて、でもなぜか12時になったとたん、悲しげな音楽(といってもこの素晴らしき世界だったりイマジンだったり)そして、知らない人たちのキスやハグを延々見せられます。笑 毎年不思議。で、はっと思って「なんで他人のキスを延々見てるんだ」と思いテレビを消す。毎年同じ気がする。ww

そんなアメリカの年末年始。元旦は休みだけど普通の日でつまんないな。

太鼓ドンドン♪パフパフ~~とかお笑いがみたいよ~でもそんなの、もうやってないのかな?昔の年末年始のテレビガイド本当に楽しみだったなあ。見たい番組に〇つけちゃって笑

笑ってはいけないもないなんて本当に残念。メンバー新規でもいいからやってほしいなあ。これだけはブルーレイに録画して物を送ってもらって、すごく楽しみにしていたのになあ。

 

さて、それからコタローちゃんですが、毎週の抗がん剤が2週間に一回になりました。すごく調子が良さそうで、とっても嬉しいです。

チャチャも抗がん剤から2日目には「あ!弟だったわ!」みたいな感じで怒らなくなります。

 

「見た目は弟そっくりなんだけど、匂いが違うよ、怖いよう……」だよねえ。

 

でも匂いが抜けたら「わあ」とい感じで一緒にいて……。こういう穏やかな時間がなるべく長く続いてくれるといいなと思っています。

いつものような、こんな写真も撮れました。嬉しかったです。