クロージング終わりました。不動産投資シリーズ

 

pixabayより

営業でクロージングというと契約をとることですが、不動産の場合のクロージングClosingは(不動産売買の手続きの完了)という意味になります。

6月に不動産投資の記事を書きました。こちら竜巻で離れた縁とつながる縁

そこに「次に売る予定の家を掃除して、ステージングしてきます」と書いたのですが、その家の掃除をした日に2組見に来てくださって、どちらもオファーしてくれたのです。

同時にというのは初めてで驚きました。実はその家は息子が住んでいた家で一番小さいタウンハウスでかなり古い建物でした。

大学に入学するときに大学の寮を調べると月に1000ドル以上でしかも相部屋。それはまだいいとして長期の休みのたびに荷物を全部出して移動すると聞いて賃貸のアパートを探しました。大学の近くのアパートはそういう事情を知ってか強気のお家賃。悩んだ挙句当時売買を始めて数軒家を探していたので、大学のそばに小さい家を買って貸すことにしました。

はい、買ってあげたわけじゃないですよ。ある学費投資の一部で大学の間の家賃が毎年出ていたので、それを支払ってもらいました。

そして卒業して実家に戻って、その家は貸していたのです。賃貸は問題あることが多いのですが(とんでもなく汚くされたことがありました)今回は騒音。

タウンハウスは横がくっついている集合住宅なので大きな音は響きます。そのご家族はティーンのお嬢さんがいたので友人が遊びに来ていた時の音楽だったらしいです。

その後契約が切れ、更新せずにこちらも売却することにしたのです。少し前に賃貸物件の引き渡し後に数か月、修理に大変な思いをしたばかりだったので悩みましたけど、こちらは売り出すことにしました。

不動産売買専門の業者が入れるサイトに広告を出し、家中のペンキを頼み、同じ日に掃除に行くとすぐに「見たい」という連絡が2件はいりました。

ペンキ屋さんが塗り終わってすぐ、そして私たちの掃除のすぐ後に来たのでステージングも何もしていなかったのですが、数日後オファーがありました。

1組はかなり安いオファーだったのですがキャッシュでと。これは正直ぐらぐらと揺れました(笑)で、もう1組はバーゲンなしのフルオファー(言い値の通りの価格)だったので、そちらに決めました。

それが約一か月前。そして数日前にクロージングが終わりました。

クロージング終わるとホッとします。それまでもインスペクションと言って調査が入ったり、なにかしら壊れていたりして、その都度、業者に連絡するんです。

そして、ここが本当にいつもストレスなんですけど、折り返し電話来なーい、すぐに来なーい。電話担当は夫なので心の中ですまん~。

賃貸だとこれが延々と繰り返されるので、大家さん業も大変です。←夫が。

来年の話をすると何とかって言いますけど、来年は賃貸よりも売却のほうでやって行こうと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください