肉まんと餃子を作ってみた。

アメリカでも和食をあきらめないシリーズです。(なんでもシリーズにしちゃう。笑)

餃子はよく作っていました。ただ、ひき肉があまりおいしくないものが多いのです。

種類なのかすごい獣臭がするものが多くてミートグラインダー欲しいなと思っていました。薄切り肉も売っていないのでミートスライサーも買いたいなと。

どちらもまだ買っていないのは「きれいに洗えるのかな?」と不安だったから。

どっちも分解してソープとスポンジでゴッシゴシ洗えなさそう。ばい菌恐怖症がかなり強いので躊躇してしまいます。

そんなこと言ってたらお店のひき肉も買えないよと言われそうですが、家では分解して洗えるものがマストなんです。

で、ある日YouTubeを見ていたらフードプロセッサーで肉を挽いておる~!!!

その手があったのかあ←おせえよ。

というわけで美味しい餃子と肉まんを食べております。

肉まんは作るの3回目ですが、おいしいです♡

コストコに最近豚バラ肉が出るようになったんです。生のベーコンみたいな形のもの。それを使うと油も多くてすごく美味しいです。

フードプロセッサー

肉まん編

材料 皮

薄力粉100g 強力粉50g(今回は混ざってんだからいいだろとall purpose flour150g)砂糖25g 塩少し ベーキングパウダー4g ドライイースト4g ゴマ油大匙1 水100CC

発酵なしのレシピと書いてましたけど、ドライイーストを入れるので、いわゆる一次発酵させます。

こねてひとまとめにしたら、暖かい場所へ

以前パンを作ったときに発泡スチロールの箱でしたんですが、やだ、良い場所あった。オーブンの中。笑 熱湯を一緒に入れました。

1時間くらいでOK 打ち粉をして8等分に広げます。

中身のあん。 玉ねぎ4分の一みじん切り ショウガひとかけみじん。豚ひき肉100gくらい(もっと入れた)片栗粉1 酒大匙2分の1 ゴマ油大匙2分の1 醤油大匙2分の1 オイスターソース大匙2分の1 砂糖大匙2分の1

これは待ってる間に作ってた餃子の分が左でフードプロセッサーに残っているのが肉まん用です。

ちょっと形があれですが包んだところ。かなり小ぶりのものが8個。

これを蒸すのではなくてフライパンで焼き蒸し煮します。底におこげができて蒸したものよりおいしいと思います。

水を入れて蓋をして10分くらい。記事も膨らんでもちもちです。

Youtuber はるあんさんのレシピです。最後に動画貼りますね。

 

餃子編 餃子も市販の皮とホームメードどちらも作りました。

強力粉75g薄力粉75g(ごめん、またまざってるからいいだろ、とアメリカ粉つこうた)熱湯100CC ゴマ油大匙1

前日に作って冷蔵庫で寝かせました。

薄く伸ばすよ、丸く…なってない!笑

我が家の近所には左のワンタンの皮しか売っていないので丸い餃子の皮つくろうとしたのに…同じやん!!

 

いつものように息子も参加してギャーギャー笑いながら皮のばし。

中身は豚ひき肉500くらい? いつもキャベツか白菜入れるのですが、なかったので(をい!)ネギと玉ねぎ多め。ニンニクとショウガも多め。塩コショウ、ごま油、しょうゆです。

人生で餃子は100回以上作ってますけど、いつも適当で何かを足したり引いたり。でもだいたい美味しい(笑)

かなりのネギの量。ねぎはアメリカにあるワケギ?みたいな細いネギを1束半くらい。玉ねぎは4分の1くらい。

手作りの皮は棒餃子に、後はいつもの三角餃子。おいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください