元気がなかった日々とCPAP療法

最近ずっと元気が出なかったのですが、昨日、日本の友人と話ができて気分があがりました。大きな元気な声に救われます。

私は、ぐずぐず、じめじめと

「このままの日常が続くのかな?」とか「もう飛行機に乗って日本へ行くこともできなくなるのかな?」とずっと考えてしまっていました。

ワクチンさえ打てば日常が戻ると誰もが信じていた今年の初め。そしてアメリカはマスクさえなしで良い、お店も開けるよ!と言う感じになっていて、誰もが「元に戻る!」と期待していました。

春から初夏くらいまでは……。数か月夢を見てしまったので、今の状況はいっそうきついです。

一番早くワクチンを打ったイスラエルもまたじわじわと感染者が増えてきて。理由はもちろん新しいデルタ株。それからワクチンの抗体が6か月くらいで薄くなっていくと。

夢も希望もなくなっちゃいますよね。それでも私たちは家でじっとしていればいいけれど医療従事者の方々の苦労は想像もできないです。

初夏に原因不明の不調が続いたのも、もちろんこういうストレスもあると思います。

「健康にならなくては」と検査を続けて見つかる新しいアレコレ。睡眠時無呼吸症候群なんていう恐ろしい名前の症状もあり、CPAP「Continuous Positive Airway Pressure」CPAP(シーパップ)療法:日本語は経鼻的持続陽圧呼吸療法をはじめています。

日本語のところ難しすぎて読めないw

以前ブログに書いたのですが、鼻の所につけるマスクがあまりにも苦しくてフルフェイス(といっても鼻と口を覆うもの)に変えてもらいました。

それでも1日目は30分で「ぷは~もう無理!!」2日目も1時間弱で「眠れないから取る!」ストレスマックス!眠っていても眠れていない(何回も無呼吸になり血中酸素がたりない)マスク付けても眠れない。

き~怒 そして3日目やっと4時間ほど、続けて眠れ、それから翌日7時間になり、昨日やっと初めて8時間眠れました。約一週かかりました。

それでも3回くらい起きてしまうのですが(トイレとか時々空気がほっぺから漏れて変な音がするから。ブヒ~~っておならみたいなw)

慣れるかな? というか慣れないとですね。

ちなみに猫の反応 コタローはジッとマスクを見つめて顔をトントンと触って、そのまま寝ました(大物か!)

チャチャはマスクを「え??」と言う顔で見たけど「まあ、なんかついてるけどママか」と寝ようとしたときにマシンからシューっと音が漏れてベッドから飛び降りて逃げていきました。笑

ああ猫と寝た方が健康にいいと思うのに、もし来なくなったら寂しい。

目覚めた瞬間の毎日の光景が見られなくなっちゃった。背中を向けて寝るおれ。

体の左にチャチャ、右がコタローだったのに。コタローさんも音と、あとマスクから出る空気が怖いみたいです。

ニャンズも慣れて欲しいなあ。一緒に寝ようよう。

そのうちにね。

 

 

何度も書いてますけど、ステイホームになって猫たちにどれほど救われたかわかりません。

本当にありがとう。

 

“元気がなかった日々とCPAP療法” への2件の返信

  1. CPAP療法は苦しいのですね。大きなマスクで苦しそうに見えます😵

    コロナ、私は数ヶ月から一年くらいで収まると思っていました。日本は緊急事態宣言中で、ワクチンはようやく若い世代の接種が始まりました。

    ブログのURLを貼っておきますね。よかったら、遊びに来てくださいませ。

    ニックネームは変えていて、memo-re(メモレ)ですが、正真正銘のnanakoです。

    アメブロに登録すると、コメントできます。ちょっと恥ずかしいですね😆真面目に書いていて、私の人柄がわかるブログです❤️

  2. CPAP慣れてきましたけど、圧力が結構かかっているのでくしゃみも咳もできない感じです。
    コロナ長いですよね。ワクチン接種本当に急いでほしいです。

    ブログ見ました。とてもきれいでまとまっていますね。メモレって言う言葉いいです。
    アメブロはコミュニティーがしっかりしていて仲間がたくさんいる感じじゃないでしょうか?
    最初から心強いような気がします。Twitterも面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください