アメリカで歯医者シリーズ 落ち込んでます。

 

また少し沈んでいる日々。いかんです。

 

毎日何か書こうって決めたのに(このブログ、映画ドラマサイト、投稿サイトのエッセイ)確か昨日またぼーーっと。マンガも書こうって思っているのに、ぼーーーっと。

いかーん。

あとやっぱりSNSは気になるなあ。すぐに「あ、私、何か気に障ったことを書いたのではないかな」と考えてしまう豆腐メンタル。

こんな性格じゃなかったのになあ。

 

まだ引きこもりの日々ですが、今日もまた歯医者へ行ってきました。

最近の外出は歯医者だけになってます。つまらないよう~。

でもこの歯抜けをどうにかしなければ、どこにも行けません。

友人の結婚式にも行けませんでした。コロナのあれこれも心配だったけど、一番大きかった問題はでした。説明して謝ったけど「全然気にしないでよ、ご飯でも食べに行こう」って。ううう優しい。オハイオの数少ない友人です。前も書きましたけど、ここに日本人の友人はいないのでアジア系の?情報が手に入らないんです。

日本食も少し売ってる韓国食材のお店も、たまたま、こちらに来ていた日本の方に教えていただきました。

「Tomotanさん!納豆も売ってましたよ!」って「なにい??」すぐに飛んでいきました。笑 納豆の情報はアメリカ人の友達教えてくれないからww

話は戻って歯医者問題。

新しい歯医者さん、とても良いです。ボーングラフとインプラントの口腔外科医ドクターIと電話ミーティングでAll-on-4ではなく、各インプラントできないかと聞きました。

前回 過去記事 All-on-4とはパート2

そして今日は歯医者のDr.Dと話し合いをしました。新たにレントゲンを撮り、各インプラント可能だけど、ここも悪いし、ここもと説明を受け、結局上はインプラント4本必要だと。だったら、やっぱり最初のAll-on-4がいいのかな?

そして、もう一つ、歯茎の部分が柔らかい入れ歯があることを知って、いっそそれにしたいと思い相談しました。

昨晩サイトを読んでいて「もう絶対これにする!」とワクワクしていたんです。

歯茎にあたる部分は硬いアクリルなのですが、これはシリコン製で痛くないのだと。値段も平均で1000ドルから6000ドルだと。それだけで終わる!と。

私がやろうとしているのは抜歯とサイナスリフトという骨造成で、インプラントまでいかない前で、10000ドル!保険で引いても8000ドルです。

土台だけですから!もっと言えば、その前に一回他の外科医の所で骨造成してます。それプラス、インプラントの支柱とかセラミックの全部そろってる歯とか。最終的にはもういくらになるのか。とほほ。

結局、今日聞いてきたのは

1ソフトな入れ歯を引っかける自分の健康な歯が4本しかないので、これは勧められない。

2全抜歯して今入れ歯にしたら、後からもっと骨が痩せてきて後からインプラントをするのが大変になること。

3インプラントを勧めたいけど、サイナスリフト(鼻の上の方まで骨造成する)は2か所必要なこと(一か所で2400ドル)

4各インプラントもできるけど、上あごには4本必要なこと(下には2本)

 

そう考えると最初のAll-on 4がいいのかなと思ってきました。各インプラントにするかは、これから考えます。

落ち込みました。

すごい高額の医療費

そんな価値が私にあるの?と思ってしまいます。

 

アメリカの医療費恐ろしや。

むかーしむかし日本でちょっと詰め物をなおしてもらって数百円とか。夢だったの?と思ってしまいます。

風邪ひいたくらいで病院に行けて(ここではほぼ行けないです)白い袋のお薬もらって、高くても1000円ちょっととか。夢の国です。

それでも夫が軍にいた頃は医療費がほぼ無料でした。それでもデンテストだけは軍の保険でも2000ドルくらいまでのカバーでした。

歯医者は高いから、2000ドルなんて「あ!!」という間。ぐすんぐすん。

と、毎回愚痴るわたし。

デンテストシリーズ読んでいる人いるの?もうやめようかな。笑

アメリカで歯医者にかかる人の参考になるかなと書き始めましたけど、毎回愚痴ばかりですね。

他にも書きたいことたくさんあったのに、少し書いては下書きへ。

終戦の日にあげようとおもった祖父母の話とか。むかーし書いたので、今度見つけて貼りますね。8月9日が誕生日だったのですが、祖父はその日長崎にいたんです。不思議なつながりの話とか……

あと誕生日の戦利品とかw キャーキャー楽しんでいたのですが、もう結構返品したりしている~。

なんだろう、沈んでいる時は、自分の好きなこと書いているブログでさえ「誰の役にもたたないよねえ」とか思えてきて、「ああ私なんてダメダメだあ」と落ち込みます。

だめですね。

楽しいこと見つけて元気だそう。

あ、もちろん猫たちは元気くれます。

 

寝てるだけでもかわいくて……。

 

お顔を隠して寝るコタローさん。「どうもすみません寝」

 

家のどこかでいつも「おっぴろげだ寝」

泣きたいときは猫を撫でよう。いつもありがとう。

 

 

 

 

 

“アメリカで歯医者シリーズ 落ち込んでます。” への2件の返信

  1. リアルな体験談ありがとうございます。
    同じくオハイオ在住!とても参考になってるので今後も無理のない範囲でお願いしたいです。
    一緒に寝てくれる猫ちゃんたち1番の癒しですよねー うちの猫は抱っこ嫌いなので羨ましい。

  2. TCさん はじめまして。

    オハイオ在住の方なのですね!参考になっていますか?笑 でも嬉しいです。なるべく正確にオハイオ情報を書きたいなと思っています。
    本当に猫たちが癒しです。気まぐれなのでプイっと来ないときもありますが、本気で落ち込んでいる時はすーっと寄り添ってくれます。

    コメントありがとうございました!

コメントは受け付けていません。