アメリカの危険と法律の知識

 

今日の記事、書こうかどうか迷いました。楽しいだけのブログにしたいと思っていたので。でも大切なことなので少しだけ書いておこうと思います。

Twitterで数日前に中学生の男子がアメリカ横断のヒッチハイクを計画しているということを知り「え~だめ~絶対~」と思ったのですが、日本から応援している人も多いと聞き、え?? そしてTwitter上で大反対している在米グループ?を批判する声もあって嘘でしょう?と驚きました。

アメリカに住んでいる私たちはヒッチハイクの危険性を知っていますから(それにほとんどの州で違法です)まして未成年だし心配でした。日本を旅した男の子らしいですが、日本とアメリカでは全然違います。

 

私はいつもアメリカ大好き!オハイオ良い所!と言ってますけど、オハイオでも絶対にヒッチハイクはしないです。

 

私がツイッターを見たときは、もうどこかの施設に保護されたところでほっとしたのですが、Twitterを遡って読んでみると危険どころじゃない自殺行為の数々。

 

初めから「夢に協力してください」とクラウドや路上で他人に寄付を募っていました。それはもちろん違法じゃないので良いとしても、入国審査のさい「誰かの家に遊びに行くと言わないと強制送還されるので誰か協力しててください」と住所を使うかなにかの協力を仰いでいました。これは犯罪ですし、協力した人も罰せられます。

 

ちなみに片道のチケットや滞在場所が未定だと入国できない場合が多いです。このことはまた後に。

入国して数日後で現金の写真をツイッターにあげて「中学生だからカード作れないから現金(笑)」そして「今ここ」場所まで書いてある。そして日系人家族の家(まったくの他人)に泊めてもらい、LAを出発したけど脱水で体調崩したそう。「日本のようにコンビニないのですね」とか1日3000円予算で「アメリカって物価高いんですね」

 

コンビニどころか自販機だってないし、LAだからまだお店もありますが、アメリカは車で丸一日走っても何もない場所だって多いのに、何も調べていないんですよね。未成年はモーテルだって泊まれません。

 

「体当たりで知らない人の家に泊めてもらいます」もうやめてええ。それは日本のテレビ番組の影響かも知れないけど、たくさんスタッフがいるんだよお。

実際に泊めてもらえたようですがお財布を盗られています。それさえ「忘れてきました」と気がついてないけど、そのくらいで済んで本当に本当に良かったと赤の他人のおばちゃんは思いました。

さらに裸足で横断するとも書いてあって、LAの気温と中西部の気温差も調べていないのかな?と。-20℃だっつーの。私たちカリフォルニアとネバダの間で車も食品もあったのに遭難しかけましたから。大自然を舐めたらあかん。

 

命の心配ももちろんですが、今まで渡航した日本人が積み上げてきた信用を壊すようなことをしないで欲しいと思います。

この後すぐに保護されて、結局親が迎えに来ることになったそうです。15歳で学校もあるし親が許可したとしても、それは通りません。これも犯罪にあたるのです。アメリカに住んでいたら親御さんの逮捕もあったかもしれません。

そしてこの後どうなったかわからないのですが、強制送還という扱いになれば5年間から10年間。犯罪を犯したらもう2度とアメリカ入国できないのです。それを避けるために親が迎えに行ったのかもしれないですが。

 

アメリカが好きでいてくれて嬉しい。冒険したいという気持ちもよくわかります。でもこの後に続く未成年者が出ないことを祈ります。

 

大人になってから楽しく旅をしてくださいね。

 

先ほども言いましたが、強制送還(Deportation)になると数年入国できない場合もあります。

 

私がアイダホで暮らしていた頃、知り合いのミリタリーの日本人奥さんが永住権の申請をせずにアメリカに入国して、そのまま暮らしていました。数年アイダホで暮らして日本に一時帰国した後、帰ろうとしたらアメリカに入国できなくなりました。

アメリカ人と結婚して、基地の中に住んでいたのですが、規則は規則と5年間の入国禁止になったそうです。そこまで厳しいと思っていなかったのだと思います。

 

そして私も母をアメリカに呼んだときに「このまま一緒に暮らすのだから」と片道だけのチケットを送ったところ入国拒否され、イミグレーションで足止めされ、電話があり驚きました。帰国用にチケットを手に持っていないと入国できないと。これからのことを説明したのですが、一応チケットを買って後でキャンセルしてくれと言うことでした。

その後もアメリカの法律に振り回されることになるのですが、それはまたいつか。(昔書きましたけど、呼び寄せや市民権についてはいつかまた書こうと思っています)

 

州によっても違うので本当に調べてからではないと危険です。
それからアメリカ旅行に来る人にいつも強く勧めるのは「旅行保険」に入ることです。今どのくらいかわかりませんが昔1週間で1万円くらいだったでしょうか?「え~なんにもないよ、もったいない」と言われましたがアメリカの医療費は高額で「なにかがあったら」払えるような金額ではないのです。

 

安心に安全にアメリカ旅行をしてほしいと思います。

“アメリカの危険と法律の知識” への6件の返信

  1. わわわ、初耳だったのでググってみました。このお子様、すぐ見つかりましたわ。
    ううーーーーーん、私も平和ボケしている方ですが、このお子様はあまりにも無防備ですね。汗
    なんだかもう、彼のツイッターを遡って読み込んでしまいましたわ。汗
    他にも沢山 あっちこっち無銭旅行?してる仲間達とワイワイやってて楽しそうなのですがこういう子供が増えたら怖いですね。
    きっと「騙されることもあるかもしれないけど、そこから学んでいい経験にしよう」とかゆるく考えているに違いありません。汗
    命の危険を考えないのかな?????汗
    ほんと、日本のテレビ番組に影響されてるのでしょうね。

    そういえば以前ももうちょっと大きい日本人青年(たしか大学生?)が似たようなことをしていたような気がします。
    やっぱり SNSで無料で泊めてくれる人や移動に協力してくれる人を呼びかけてました。
    メディアでいつも状況を更新してれば安全感があるのかしら。
    でも人の親切心を利用してる感じでなんだかな~~~、と思います。

    なにはともあれ、無事に保護されて良かったです。
    結局 強制送還になったのかな~~~~???????
    チケットはLA入りでNY出国らしいので、お高くついたでしょうね・・・汗

  2. 悩めるうさぎさんへ こんばんは~!
    すごい、うさぎさんの方が詳しいですね。帰りのチケットのこと知りませんでした。
    ちょっと遅れて知ったのですが、それでもまだ帰るまでだったし、ツイートを遡って読んだらハラハラしました。
    リアルタイムで読んでいた在米の人たちがかなり動いて助けようとしたそうです。大使館に連絡したり。
    それを大きなお世話とか若者の冒険の夢を壊すなとか無責任な書き込みも多くなって。
    もう私なんだか心配だし、腹は立つしで数日へこんでました(笑)私バカみたいですね、他人なのに。
    で、やっぱりブームになってるみたいですね。
    そうなんです。旅費から協力してくれる人募集での冒険ってどうなのかなって思います。
    強制送還で5年は入れない方がいいと思います。成人してから自分の力で旅をしてほしいですよね。
    ヒッチハイク流行ってるみたいですけど違法なところ多いの知らないのかな?知っててやるのかな?
    今度は法律を守って安全にねと思いました。

  3. なんだかねぇ・・・
    私もうちの息子には若いうちから世界を目指してほしい、世界を見てほしい、アメリカや日本だけで終わってほしくない、って思っていたのでこの中学生の話を知って色々と考えこんでしまいました。

    この中学生は自分は英語話せる、とツイッターで書いてましたが、日本のどこかの駅で?いらない聖書を誰かにあげようとアメリカ人?に声をかけたそうなんです。
    たしか、「ヘイ、ヘイ、ギブ?」って。汗
    そ、その英語力はヤバいですって。汗汗汗

    例えば、アメリカの道端で英語もしゃべれない小学生のような子供がヒッチハイクをしてるのを見つけたら、アメリカ人はどうするでしょうかね?
    やっぱりイミグレーションに通報ですよね???汗

    あああ、なんだか私も妄想しすぎて凹みそうです。他人の事なのにね。汗
    と、長文をしつこく失礼!

  4. tomotanさん、こんにちは。先日Twitterでこの話をさせてもらったサクラダです。
    ものすごく興味深く読ませていただきました。日本に住む人の多くはアメリカを始め外国の危険性をある程度認識していると思いますが、その多くは漠然としたもののような気がします。もちろん私も含めて。「アメリカは日本よりいろいろ危険だよ!」くらいな。
    少なくとも命の危険を心配するような事態まではなかなか想像しにくいかと・・・。
    なのでとっても有用な情報だと思いました。

    実はtomotanさんとこの件についてお話させていただいた後に、
    自分のフォロワーさんの一人がこの件について「ほうっておけばいいのに。騒いでる人バカみたい」みたいに呟いているのを見てしまい、それがすごくショックで、なんだかそれ以降Twitterでちょっと発言することにためらいが生じてしまったので、こちらに直接コメントいれさせてもらってますが(その方に見られたくないしw)
    でも、凶悪事件に発展した場合、個人の「失敗しちゃった」で済む話ではなく、多くの公的機関に助けてもらうことになるわけで・・・「ほうっておけば」は違うんじゃないかな?とモヤモヤがぬぐいきれなかったです。
    この中学生くんは、「自分の意思で帰るんだ」と強がっていましたが、それは違うよね?とも思いました。
    あくまで保護されて選択肢がなくなったから帰るだけで、
    保護されなかったら、「違法だと知ってるけど捕まらなければOK」という気持ちで、きっと今も続けていただろうなぁ・・・と。

    彼はまだ若すぎて本当の意味での反省はできていないと思います。できれば、おそらく英語も話せないであろう父親が「往復数十万の飛行機代」を負担してアメリカまで迎えにきてくれたということには、大きな責任を感じてほしいところですが・・・。
    ぜひ20歳になってから、自分で必死で貯めたお金で旅行を楽しんでほしいですね。

    わたしは英会話スクールへ通っているのですが、このごろはアメリカ人講師と社会問題についてのディスカッションをするので、(日米の比較とか楽しいです♪)そういう意味でもこういったアメリカ事情のお話はとっても勉強になります!またぜひ書いてください。よろしくお願いします☆

    長文で大変失礼しました^^;

  5. 悩めるうさぎさんへ
    わあ、ごめんなさい。凹まないでください~!でも私も数日なんだか沈んでました。
    うさぎさんの息子さんは、すごくしっかりしています。世界に羽ばたく人になると思いますよ。
    「世界を目指してほしい」と思う親の気持ちと学校休んで外国をヒッチハイクさせる親は次元が全然違うと思います。
    ヘイギブってところまで遡りました。話せないだろうとは思っていました。

    小学生くらいに見えますね。私も警察に通報すると思います。保護のために。
    外国の法律は日本とは違うことやもう少し勉強してから旅をしてほしいですね。
    危ない旅行している人たくさんいますけど、大人ならいいんです。自己責任で。でも子供は守って欲しいと思います。

  6. サクラダさん こんばんは~!
    わあ~うれしい!ありがとうございます!!
    そうですよね、どのくらい危険かと聞かれてもピンとこないですもんね。
    まあ、だいじょうぶじゃない?くらいなのかなと思います。
    彼も「心配するけど、銃で撃たれたことあるの?」と書いてましたけど、実際に撃たれた人をたくさん知っているから在米組はギャーギャー言ってたんですよね。
    大きなお世話と思われても、書かずにいられませんでした。すごく悩んだんです。でも興味深いと言っていただき嬉しいです。

    そうなんですよね放っておけばいいのにという意見多いですよね。大人だったら放っておきますけどW(インドの女性も危ないですよね)
    中学生だったので、なんとか帰国してほしいと思っていました。

    ”でも、凶悪事件に発展した場合、個人の「失敗しちゃった」で済む話ではなく、多くの公的機関に助けてもらうことになるわけで・・・”
    これは夫も言ってました。誘拐されて身代金請求なんてこともありうるし(その場合自己責任だから放っておけということにはならないだろうし)「失敗した」じゃ済まないですよね。子供の誘拐すごく多いのも調べてないんだろうなあと思います。

    強制送還だったのか、もうツイート見てないのでわからないのですが5年くらいは頭を冷やした方がいいかもしれないですね。それでも20歳なんだから、それから車で横断とか、計画的にしてほしいと思います。本当に赤の他人なのに心配するわカッカするわで本当にバカみたいです(笑)

    サクラダさんの英会話スクールとかテストのツイート拝見して、すごい~!!と思いました。尊敬します。
    次期大統領選のディスカッションとか、ものすごく高いレベル!
    私もちゃんと勉強しようと反省しました。英語の勉強を楽しんでおられて、私もうれしくなります!
    じゃあ、買い物記事ばかりでなく(笑)日米の事また書きますね! ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください