オハイオで変異種 イギリスと別型

イギリスのコロナ変異種とても心配だったのですが、なんとアメリカでは2つの別の変異種が発見されました。1つは英国型に似たもの、もう一つは新しい変異です。

ああしかも、なんとオハイオで!コロンバスで!

 時事通信から転載します。

転載ここから・・・

 【ニューヨーク時事】米オハイオ州立大ウェクスナー・メディカル・センターなどの研究チームは13日、新型コロナウイルスの新たな変異種を二つ発見したと発表した。一つは英国型と共通部分が確認されたが、米国内で変異を起こした可能性が高いという。もう一つは英国型とは別の型で、同州コロンバスで昨年12月下旬から広がっていた。

 研究チームは「現時点でワクチンの効果に影響を及ぼすと確信するデータは見つかっていない」と説明している。
 英国型と類似の変異種が見つかったのは州内の患者1人のみで、ウイルスが拡散しているかは不明。ABCテレビによると、もう一つはコロンバスの患者約20人から見つかった。コロンバスで急速に広がったことから感染力が強い可能性があるという。

ここまで。。。。。。。。

 

オハイオの首都コロンバス 日本の方もたくさん住んでおられるところ。心配です。

オハイオ州知事はコロナ対策かなりしっかりやっていて、ワクチンは現在までにこんな感じで進んでいます。

グーグル翻訳

今日の時点で、オハイオ州では361,603個のワクチンが接種されています。現在、オハイオ州には十分なワクチンがありませんが、将来的に割り当てが増えることを願っています。しかし、現時点では、この不足に対処する必要があります。

36万以上の接種済 医療関係者、警察官や軍人など。ナ―シングホームで生活している高齢者と関係者 が優先だったと思います。そして19日からは

グーグル翻訳

来週、80歳以上の一般市民への予防接種を開始します。州全体に750のプロバイダー拠点があります。 100,000個のワクチン。火曜日、水曜日、木曜日から(配達日に応じて)、これらのワクチンが利用可能になります。

。。。。。。。。。

来週から一般市民への接種が始まります。2月8日から65歳以上の一般の人も開始です。まだ65歳じゃないのですが、このスピードだと3月4月ごろには打てるかな?

足りないとはいえ思ってたよりも早くてうれしいです。今2社だけですがジョンソンアンドジョンソン社のも認証され、こちらは1回の接種で良いみたいです。これは嬉しい。

変異種にどこまで効果があるのかが心配なところ。それでもCovid19には10か月以上有効だとか。これはかなり嬉しいですね。

給与金も昨年の暮れから今年にかけて1人600ドルが支給されました。バイデン次期大統領はさらに1400ドル上乗せを発表しました。

こちらはBBCニュースより転載です。

ここから。。。。。。。。。。。

20日に米大統領に就任するジョー・バイデン氏は14日、新型コロナウイルスの感染拡大に対する1兆9000ドル(約200兆円)規模の追加景気刺激策を発表した。国民1人あたり1400ドル(約14万5000円)の直接給付を含む1兆ドル(約104兆円)の家計支援のほか、4150億ドル(約43兆円)の新型ウイルス対策支援や4400億ドル(約46兆円)の中小企業支援が盛り込まれている。

バイデン氏(民主党)は新型ウイルスのパンデミックに打ち勝つと約束してきた。

昨年の米大統領選では、共和党のドナルド・トランプ大統領よりも新型ウイルス問題にうまく対処すると誓っていた。

同国では日々20万人以上の感染が確認されている。死者は1日あたり4000人を超えることもあり、これまでで38万5000人を超えている。

ここまで。。。。。。。。。。。。

本当に早く何とかしてほしい!

とにかく20日の就任式が無事に終わりますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください