海外ミステリー小説

読書が大好きなのですが、紙の本は裸眼でも見えにくくなってきました。
ひどい近眼なので老眼が遅いのです。かけるほどではないけど、ちとかすむ。←今ここ。

コンピューターは遠近両用のメガネにしてから見えやすくなって、これにして良かったです。

積んどく本が20冊くらい溜まってきました。
私が好きな海外サスペンスなどは最初からあまり部数を刷ってくれないのか、すぐに売り切れてしまいます。アーンド重版してくれないのです。LAみたいにブックオフがあればいいんですが、ここはオハイオ~。それに古本はちょっと抵抗あるのです。なので、読みたい本は20冊溜まっていても毎回買っちゃいます。

気に入った本があると同じ作者の本を何冊か読んでみます。

一時期熱狂したのがジェフリーディーバ(リンカーン・ライムシリーズ)とパトリシアコーンウェル(ケイ・スカーペッタシリーズ)です。
ジェフリーディーバはバーニング・ワイヤーを購入済みでそれ以降は買っていません。パトリシアコーンウェルは2年前の死層までかな?あまりにも面白くなくなって新作は買っていないです。

トーマス・ハリスのハンニバルシリーズも大好きなんですが、作者が書いてくれない(笑)数冊のみ。

そんなふうに作者買いが多いです。スティーブン・キングだから、とかジャック・ケッチャムだからとか。

それから最近は海外文庫といってもイギリスやアメリカだけではなくていろいろな国の作品が読めるのでうれしいですね。

熱狂したフランスのピエール・ルメートル。どちらも猟奇的なシーンがありますけど、すごく面白かったです。

数年前に読んですごくおもしろかったドンウイズロー
メキシコのカルテルと警察の壮絶な麻薬戦争で何代にも渡る壮大な小説です。これは映画化して欲しい。

なので、買った続編。 まだ読んでにゃい~~。しか~し今ナルコスシーズン3を見ていて、ちょっと予習みたいな感じです。

ジリアン・ホフマン 左の報復は壮絶でした。 レイプされた女性が弁護士になり復讐する物語。ジリアン・ホフマンの作品は結構読んでいます。

なので新作が出ていたので購入しました。これも、こわ面白そう。

北欧小説はアンデシュルースルンド&ベリエヘルストレムでハマりました。
2年前くらいに海外サスペンスの1位になった(熊と踊れ)もまだ買っていないのですが、この制裁を読んだ時にあまりの重さと暗さと衝撃に打ちのめされました。北欧!寒くて重い!!

そして、これから楽しみに読む北欧本はこちら。表紙がすごくおしゃれ。

カーリンアルヴテーゲンの作品は読んだことがありません。スウエーデンのミステリー作家です。
北欧ミステリー読みたい本がたくさんあるなあ。スノーマンとかも気になりますね。映画はイマイチみたいでしたけど。

まだたくさんあるので、また今度にしますね。最近日本の作家の本もたくさん読んでいますけど海外翻訳本が好きなんですよね。

次回は日本編とかマンガ編とか(笑)あ、不動産勉強編とかもある~。
雑誌も買っているし電子書籍の漫画も増えています。電子は買いやすいけど紙の本が好きです。日本の本屋に行きたい~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。