タイトル通り「アメリカで猫とのんびり」な日々そして猫のお手伝い。

2020年 あっという間にもう9日。早いですよね。3日ごろ重箱も洗って片付け、7日にお飾りも片付けました。小さい干支の置物だけ出してあります。

昨年「回転性めまい」のBPPVという病気をしてクリスマスの前に治り、今年3日ごろから数日ぶりかえしました。軽いのだったので良かったですけど、あのいやなクラ―っとする感じ怖かったです。治るまで数週間はかかるそうで、その間にぶり返すことがあるそうです。

なので毎日家で猫たちとのんびりな生活です。

さっき考えたら今年になって外に出ていませんでした!!うそーん。今週末は外出します。せっかく暖かいのに。今年のオハイオはとっても暖かいんです。

毎日家で食事作りや洗濯などの家事 それから昨年からあちこち片付けています。

お手伝いはもちろん、この人。「今日はテーブルクロスを片付けるね」

「ヒャッハー」

「こうやって、こうやって」

「こうじゃ!」

 

「やめてえええ」爪の穴あいてます。

ニンゲンたちの笑い声が聞こえると、もう一人お手伝いさんが……。

「あ!僕も手伝う~」ぴょ~~ん!

あ~あ、どっちも来ちゃった。

もう、楽しそうだからいいや。

 

実は食事前きれいなテーブルには登らないんです。終わった後片づけているときだけ。しかも「いいよ」と言ってます。

実はどっちもおりこうなんです。ほんとーです。

特にチャチャはやりたい放題に見えますがよく言うことを聞いてます。

布をかぶせたりして散々遊んだらテーブルクロスは洗濯。

綺麗になったテーブルで外を見ながら本を読んだり雑誌を見たり。

そばで猫たちはゴロゴロ言いながらうとうと。

それがかわいくて…すごく幸せです。

辛いこともあったり、日本に帰りたいなと思ったり。アメリカ暮らしは楽しいことばかりじゃないけれど、猫たちがいて、今息子も帰ってきていて、皆が健康で。

本当にそれが一番だなあと思います。

もう少し、家でのんびりしようかな。にゃん達と一緒にね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください