気分転換は部屋の模様替え Ikea book case

たったいまストレンジャーシングス3を見終わって放心状態です。面白かったし、感動しました。こちらの感想は違うブログのほうへ。

前回沈んでいると書いたのですが、次々とドラマを見られるくらいに回復してきました。

ストレス解消の一つのお買い物ですがこういう気分の時は大失敗が多くて、ネットで購入して届いて開ける時は嬉しいのですが、着てみたら…

「ぎゃあ!なにこれ!!」←こんなんばっかり。

返品できるサイトが多くてよかったです。香水など香りをつけないように、なによりにゃんずの毛がつかないように気を付けています。

買い物をしたり、外食をしたり、にゃんずと遊んで元気になってきました。

それから気分転換には私は一番な模様替え、というか配置を変えたりしていました。実は模様替え大好き。

ただアメリカの家具はとんでもなく重いのであちこち移動できないものが多いんです。

なので自分の部屋はIkeaで軽いものばかり買ってあっちこっち移動させてます。楽しい~。

前回Ikeaで購入した本箱 Billyの代わりに購入したのがGersby

Billyを買おうと決めて行ったのですが、大きすぎるのでもう少し小さいサイズのほうにしました。車に入らないかなと思っていたし、お値段ももっと安くて良かったです。

Gersbyのほうが少しクリーム系の色味です。そして棚が動かせないことがネックだったのですが(文庫本が多いので)雑誌やムック本の大きいのを入れようと買ってきてそのままでした。Ikeaに行った過去記事はこちら

この下の写真のように1と2の幅がとても広くてしかも動かせない棚。

Billyは棚だけ単品で売っているのでいくらでも買い足せます。お金はかかるのですが、とっても丈夫でガラス戸もつけられるので1つはダイニングに置いてあります。(ワイングラスなど入れてます)

ただ今回ムック本とか大きいサイズの本も多いのでこれにしてみたのです。大きなウォーキングデッドの本やゾンビ本持ってるので。笑

やっと重い腰をあげて組み立て開始です。

くいくいっとねじを回して。ああ楽しい。結構重いから最後の方だけ夫にやってもらいました。

重いものもかなり持てるんですけど(私のモットー「なんでもできる」笑)しかーし地下に運ぼうとした違う本箱を階段の上から落としてバラッバラにしたことがあるので、無理はやめようと学びました。

 

 

棚をがっこん外しながら

「文庫本って軽いし、上下重ねよう。てか間に薄い板あればいいんじゃね?てか板でなくたっていいんじゃね?」(脳内独り言なので口が悪い所再現しております。

というわけでフォームボード。仕切りを作ろうと買っていた工作用のフォームで仕切りを作ることにしました。

ぴったし~~~天才か!と絶賛自画自賛。

 

大きい本箱2個と小さいの1個 それからゲスト用の部屋にも小さいサイズですが奥行きのあるアメリカ本棚2個 かなりはいる~。

 

 

こんなことしているうちにどんどん元気になって行きます。

ニャンズもお手伝い。笑 下のはちょっと前の写真。

乗るところが増えたよ。やったー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください