遅かった雪とビックフット?

オハイオは11月から雪が降ることが多いのですが、今年は全然降らなくて暖かい日が続いていました。

暖かいといっても5℃から0℃あたりなんですけど、毎年氷点下20度まで下がるので慣れちゃいました。東京に住んでいた頃のほうが気温は高いのにうんと寒かった記憶があります。

で、なめてたら急に降ってきた!(笑)

いつもチャチャが外を覗く窓からの写真(しっぽの長さを測ろうと定規をおいたのにしっぽぶんぶん降られて測れなかった。の図)

一昨日はまだ降っていませんでした。窓の下にデッキが見えています。

翌日「ああ~降ってる~」デッキの下からパイプを通して雨水を抜くようにした跡がインベーダーゲームのよう。まだ薄化粧。

その日の夕方。完全に埋まってきました。まだ降ってる。

で、朝でございます。もう何も見えず。真っ白な世界。

昨日も今日も出かける用事があって行ってきました。毎年大雪が降る地区なのですぐに、本当にすぐに、そして何回も除雪車が来てくれます。

なので道路は全く凍結していません。チェーンも誰も巻いていないし、タイヤも取り替えないんです。確かカリフォルニアに住んでいた頃はRequire (必要です。とか命ずるの意味)だったと思います。違ったらすみません。この辺りはそれもなし。

(鹿の飛び出し注意)の看板はよくあるのに(スリップに注意)はない(笑)

道路には秘密の白い粉(塩と思われるけど確かではない…笑)がどっさり巻いてあり、どの車も車体の下あたりがえらいことになってます。

「雪かきはどうしているのですか?」ツイッターのともともさん@tomotomo439のご質問です。

車型の乗るタイプの芝刈り機に大きなシャベルのついたものでガーッと一気にやってます。下は頑張るおとうたん(笑)

裏庭は狭いのですが前庭?が広くてガレージから道に出るまでの所。最初の年は2人でシャベルでやってえらい目にあったので、これ買いました。

 

でも家の前の小さい歩道はシャベルでやっています。夫が(笑)

 

ガレージからの車道は一度めんどくさくてそのまま車出しました。そして踏み固められてガッチガチの氷道に。すっころびまして、学んだよね……。

そして今朝とても晴れて雪が光を反射して素晴らしくきれいでした。窓を開けてうっとりと眺めていました、ら、ん?ん なにあれ?

え?なに?あの変な足跡?

見えにくいですけど明らかに人間の足ではないデッカイ足跡が!!

しかも歩幅が1メートル以上あり、一直線に進んでいます。

 

見えますか? これ。

見た瞬間「ぎゃ~~~見てみて!ビックフット!!

30センチくらいの足跡が点々と雪の上に。

鹿の足跡は見たことありますけど、こんなの初めて。「ビックフット~」

ちなみにUMA大好きで本何冊も持ってます(笑)雪の上に足跡が延々と続いていた都市伝説もあった気がする。

で、推理の結果。

たぶん。

 

野うさぎ。

 

なーんだと思われた方ごめんなさい。私はしばらく興奮してたんですけど、考えたらぴょんぴょんの跡かな?と。

決め手は隣のデッキの下に消えていた。でした。ビックフットそこ入れなくね?って。

雪の日のミステリーでございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください