新型肺炎について アメリカでのマスク着用

怖いですね、新型肺炎。

インターネットで毎日増えていく感染者のニュースを見てショックでした。

アメリカではそれほど大きなニュースになっていなくて、ニュースのチャンネルをつけると大統領選のことがほとんどです。肺炎はワールドニュースとして取り上げられている感じです。

アメリカの感染者も増えています。そして一度記事を消したのですが(また戻そう)チャーター機で中国から脱出したアメリカ人はそのまま軍に隔離されています。

この頃日本ではまだ管理が緩くて心配のあまりブログにアップしました。なんせ検査拒否して帰ってしまった人までいて、どうして政府はそういうことを許すのかと唖然としました。

 

。。。クルーズ船の監禁について

 

その後日本も厳しくなり大型クルーズ船の乗客から感染者が出て、そのまま隔離が始まりました。

でも船の中ですから感染は広まるのではないでしょうか? 病院内の保護服を着ている医者でさえ感染しているのに。

それにホテルと違い、客室も狭いと思います。ニュースではアメリカは自国民を迎えに行く要請をしたと。隔離は当然と思ってはいますが、囚人ではないのです。安全で薬なども豊富な場所でお願いしたいです。待っている家族も心配だと思います。

毎日ニュースを読み、心配のあまり落ち込んでいました。

アメリカの感染者は15人(6日)で増えていくのがすごく怖かったのですが、ある記事を読んであまり心配するのやめました。

CNNより

The CDC estimates that this flu season, which started on September 29, there have been at least 22 million cases of the illness in the US, 210,000 hospitalizations and 12,000 deaths.

CDCアメリカ疾病管理予防センターによると9月29日から始まったインフルシーズンから今まで少なくとも2200万人がインフルエンザに罹り21万人が入院し、12000人が亡くなっている。

 

毎年猛威を振るうインフルエンザですが今年のは特に脅威です。

インフルエンザワクチン今からでも受けて欲しいです。ワクチンは罹らなくするためのものではないのです。少しでも軽くなるのであれば、受けたほうが良いと私は思います。

肺炎感染15人で震え上がっていましたが、インフルエンザも本当に怖いです。だからと言って誰とも接触しない生活、閉じこもっているのも不可能です(まあかなり引きこもりですが)だから恐れすぎてストレスになるのもよくないなと思いなおしました。

。。。マスクについて

 

肺炎の影響で日本ではマスクが品薄だと聞きました。

アメリカはマスクをする文化がなく、本当に見たことありません。病院にはありますが用途は

(自分が感染させる恐れがある病気にかかっている場合に、他人に移さないようにするため)が多いのです。

もちろん免疫力が弱っている場合に勧められることもあります。抗がん剤中は白血球がものすごく少なくなって免疫力が下がります。その頃からピュレルというアルコール消毒液が手放せなくなり、人ごみに出る場合にはマスク着用を勧められました。ですが「ぎょっ」とされるのがいやで、ほとんど外出しませんでした。

本当にマスク姿を見ないです。

アメリカは地区によっては禁止の所もあります。テロや強盗などの顔隠し防止のためです。

もう少しマスク文化の理解が広まってくれたらと思っています。

肺炎もインフルも早く収集しますように。

それから闘病されている方、隔離されている方。がんばってください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください