おいしいDeep dish pizza

 

いまだに外食していないTomotan家

テイクアウトはしていますがレストランで食事するのはまだ控えています。

最近見つけたお気に入りのDeep dish pizzaのGiordano’s

シカゴ発祥のその名のとおりの深皿のピザ

そんなに好きじゃなかったんですが、おいしいお店を見つけて数回リピートしました。

Giordano’s

 

はじめてオーダーした日はサイドも一緒に注文してみました。ガーリックブレッドは嫌いなゴートチーズだったのでリピなしかな。

薄焼きピザもありますが、ここはやはりディープディッシュが美味しい。

 

トマトソースの味も好き、ウイスコンシンモッツァレラが絶品です。

 

本当にこのくらい。ものすごいチーズの量!!!

1切れでお腹いっぱいです。中がチーズでトマトソースが上なので本当にチーズの海。

 

3人ともピザ大好きなんです。

大好きなモールのスピノーザがクローズしてしまって、悲しい。

2年以上前は、ライブの音楽とビールとピザの幸せな日々だったな。

 

ほんの数年で、いろいろ変わってしまいました。悲しいなあ。

外食も大好きでしたけど、家ご飯も嫌いじゃないです。

料理や片付けなどの家事は結構楽しくて趣味として楽しんでいます。

めんどくさい日は絶対にやらないのがポイントww 夫が空軍勤めで息子も小さいときはそんなこと言ってられませんでしたけど、今や趣味!おもしろいからやる!やりたくない日はおまえら(夫と息子)やれ!笑

ちなみにママンのホームメードピザの形はひどいよ!! 趣味だから!

 

 

ドーンと作って皆で取り分けて食べるよ! 味はうまいよ!! サービスに変なジョーク付きだよ!笑

 

ホームメードはイーストなしの生地が好きです(発酵がめんどいのと、ぱりぱり生地が好きなので)

イーストなしレシピはこちらにあります。

2020年9月の記事 おいしいホームメイドピザ 

この時はちゃんと丸くしてる!w

 

もうちょい特別な日はステーキです。コストコでリブアイを買ってきて

BBQグリルで焼くのが多いかな。前回は軽く茹でたコーンにお醤油を塗って焼いて美味しかった。

オハイオの夏はコーンがそれはそれは美味しいんです。驚くほど。

 

そしてスイカも美味しかったのに、今年はハズレばっかり。

30センチくらいあって持てないほど重いスイカ。

 

 

切ったら真っ赤だったのに、プイ~~ンウウ!臭い!! 

キリギリスのごたあある!!

 

キュウリ独特の青臭さに、どことなくカブトムシとキリギリス(におい知らんけど)のような臭み 少し食べたら全く甘味なし!!

まっず~~本気で食べられないレベルでした。で、Costcoに電話したら、なんと返金してもらいました。

でもまたお店に行って挑戦する勇気は、もうない。

誕生日週間。やっと出張から帰ってきた夫

 

 

毎年のように一緒に行っていた軍の総会みたいな会議&パーティー。ここ数年はキャンセルもありましたけど、昨年から再開でした。毎回場所が変わって、昨年はフロリダやネバダ。ここ数回は夫は参加、私は不参加です。

相当感染者は減ってきていますが、まだ、やっぱり不安です。ここまで頑張ってきたんだから、もう少し我慢です。

微毒性になったからとはいえ(なったんでしょうか?)ワクチンしたからとはいえ、油断しないことにしました。

しか~し夫は出かけていく。責任のあるポジションだとわかってますが、時々ムッとします。昨年はガレージでコロナテストしてから家に入ってもらいました。

今年は私の誕生日がど真ん中にあって「えええ~~許さん!!」

すみません「わーい誕生日♪」という年じゃないのは十分わかっていますが、なんか寂しいし悔しい。笑 ←いやだな、こんな嫁。

☆もう行っても良いかなとも思ったけど、歯が抜けてたこと思い出しました、それも大きな理由☆

 

旅行も兼ねていて楽しかったんですよね。最終日には日常では絶対できない正装のロングドレスを着て気持ちはハリウッド女優(言いすぎ)

過去記事 テキサス サンアントニオ パーティーの様子 2018年9月の記事!

有名なリヴァーサイドがすぐそばでモールにも歩いて行けて楽しかったな。

 

 

デザートが絶品だった。むう~もうすぐ行けるかなあ?

 

 

 

 

 

なにより友人に会えるし、基地を移動してしまった人に会えたりもして、それがすごく楽しかったんです。

20年以上前に基地のイベントで一緒にバンドのボーカルした人に会った時はテンション上がりました。まさかの再開!

その時の歌を耳元で歌ってあげた!(彼女のパート)顔真っ赤になって「ひゃああ‼何年前~~」なんつってた。ちなみに私がボーカルで歌ったのはオジーオズボーンです笑 懐かしいな。

 

そんな非日常の楽しい一週間。出たくない会議は私は部屋でくつろいだりして気分はバケーション。それが数年間から急になしになった。

再開してからは、自分で行かないって決めたんですけど、でも今回は誕生日なのに!とぷんぷんしてました。

家に息子がいるので独りぼっちじゃないんですけど、なんかやっぱり全員集合じゃないと寂しい。

以前のように食事にも行かないんですけど、なんかムカつくw

当日は息子が朝食スペシャルを作ってくれたり、サプライズのシカゴのギャレットポップコーンが届いたり(すごく美味しいシカゴミックス)

それから……

バースデーギフト自分でバンバン買いました。

すっかり落ち着きました 笑

うん、結局、それ?ww

だって!バースデーと母の日は一日ショッピングデー。モールをはしごしたりしてました。

行けないじゃん! いや行けるけど自分で運転ずーーーっとしてないし、なにかあったらいやだし。

いつも言っていますが大病して、まだ小さかった息子にすごく心配かけてしまったので(今でもすごく心配症なので)帰ってから皆でどこかに行こうねと。

夫が出かけて数日怒ってたんですけど、気持ちを吐き出してすっかり落ち着きました。買い物もオンラインでしたしw

で「そうだTwitterって風船飛ぶんじゃなかった??」自分のは、一度も見たことなかったし気にもしてなかったのですが、急に見たくなった。

誕生日にTwitter押してみた!……静まり返るタイムライン「あれ?フーセン?」飛びません。

「外国だから?」違 「あ、年齢制限?」違 「私だけ?」違

正解は生年月日を登録してなかった、でした。笑 バカなの?この人

設定とかいろいろ見てたら、使い方また間違ってたよね……最初に調べようね、私。

SNS向いてないですね。ブログやってるけど、これはどっちかというと一方通行だから。

Twitterはちょっときつい意見など目に入るとドキッとします。

「ひいい」ってなるし「もしや私のこと?」と思ったり。ハイセンシティブパーソナリティーというそうです。ああ、もう当たりすぎて辛い。

若いころに心理カウンセリングのようなことしたかったんです。アメリカの高校などにいるんですけど生徒の悩みを聞いたり。

でも辛い告白を聞くたびに、きっと自分の方がオイオイ泣いちゃってダメだろうなとw たとえば虐待などのひどいニュースを読んでしまって、ものすごくダメージを受けるので、そんな仕事絶対無理だし、SNSも向いてないなと。

映画やドラマの情報を読んだり、楽しいことの方がうんと多いんですけどね。だからやめてしまうのも、いやかなあとウ~~ムと悩みます。

こんなに向いていないのに別アカとやらを作ってしまったので、(投稿サイトの宣伝用)こちらは近いうちに閉じようかなと思っています。何日も見てなかったりするので。

インスタグラムをやってみたいんですけど、こちらも向いていないかも……。いろいろな人の写真みたいよう。そーっと始めようかな。

もっと軽い考えで「ああ楽しい」って思えたらいいのになあ。

パーティー行きたい!楽しい!などと言ってるくせに、大人数の軍のパーティーなんてとってもソーシャルなのに、なんで少数でもソーシャルメディアになると苦手なのか本当に不思議です。

文章だから、いつまでも残るからかな?

う~ん不思議だあ。

鋼のメンタルが欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑った。こんなに違う日米のフライトアテンデント

 

 

 

今日のブログはさっきエッセイに書いたものと同じ内容です。

どちらも読んでいる方は、きっといないと思ったのでw

。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

☆私が体験した日米のCAの違いを書きました☆

 

 

日本へは3年か4年に一度帰っている。マイルをためているのでだいたいアメリカンエアラインだ。

アメリカのレジ係にも書いたけれど、キャビンアテンド(CA)は、めっちゃ気さくな人が多い。まあ悪く言えば失礼で気が利かない人も多い。

男性も多いし、女性も怖いおばちゃん風の人も多い。

とある年、アメリカンエアラインに乗っていたとき、中国からの団体客が騒ぎ出した。文化なのだろうか、大勢集まると大騒ぎすることが多い。飛行機の中での大騒ぎは何度も何度も見た。

最初は「静かにしてください」「席に座って」と言っていたCAが鬼の形相になり、そして仁王立ちになった。

静かにしろ!!座れって言ってんだよ!!と怒鳴った。

ひいいい!

オモシロイ 笑

いやCAにとっては面白くないと思うけど、乗客ニヤッとした人、目をグルんとまわしている人、振り返ってみている人、いろいろなりアクション見られたけど、にやっが多かったように思う。

皆心の中では「うるさいなあ、何とかしてくれないかな」と思っていたに違いない、というか、きっとクレームも入っていたのだと思う。

それをなんとかしてくれたCAさんグッドジャブと思っていた人が多いと思う。

こういう毅然としてるところは嫌いじゃないし、むしろ好き。

ドリンクのカートがやってきた。

「スプライト下さい」と伝えた。

「スプライトないのよねシエラミストで良い?」と同じ柑橘系のソーダを勧められた。

「それでいいです」と答える。

「なんでか知ってる?シエラミストの方が安いのよ~!!ガーッハッハ!

会社の内情を客に伝える陽気なおばはん。いやCAさん。

そして乗客の陽気なおばはん(私)も一緒にガーッハッハ!

すっかりアメリカ人だ。

 

そして前も書いたけど天井から大きなプロジェクターの扉が落ちてきたこともあった。息子に直撃。その瞬間

「これ!小さいときに見たことある!!ドリフのやつ!

それは、たらいだよ。

たんこぶできてるのに笑っていたので、母は心配になった。

CAも「こんなの落ちるウ??」って笑ってる。

ワロテル場合か!!

 

そんなノリに慣れているから、6年ほど前にほぼ初めてJALに乗ったときは驚いた。機内食で出たみそ汁(もうすべてが美味しくて驚いた、アメリカンエアラインはすさまじいので)を飲んでいたら短い髪の毛が入っていた。

あんまり気にしない方だけど、一応報告した方がいいよねと思い、伝えると……

オオゴトになった。

「申し訳ございません、すぐに上司に連絡します」

「え!いいですよう」

「いいえ!規則でございますので」

そして上司がやってきて

「お客様!申し訳ございませんでした」

「え!全然いいんですよ、報告だけしようかなって」

「もちろんでございます」

「なんか、かえってすみません、大ごとになっちゃって」

大ごとでございます!!!」

ひえ!!

 

真摯な対応が嬉しかった半面、そんなルールどうりじゃなくてもいいのにとちょっと思った。

そう「規則」以外の事は絶対に認めないという四角四面なところが日本にはある。そしてアメリカは「まあ、いいかあ」とお互いが暗黙の了解で勝手にやっちゃうところがある。

どちらが好きかは人それだと思うけど、私は日本の丁寧な対応も、アメリカのフレンドリーさも好きだ。ただ、そんなに大事になると困ってしまう。アメリカ式にすっかり慣れてしまっていて心地いいかもしれない。

ただアメリカンエアラインの座席は何とかしてほしい。

2019年に日本へ行ったとき「朝まで寝ないで、長時間の飛行機で寝よう」作戦が見事に失敗した。

あまりにも狭い座席。お互いの肩が入れ違いになって、ずっと肩をすくめた状態だった。13時間も。

そして通路側の夫は通路にカートが通るたびにCAの尻がドインドインと当たって、全く眠れず。

うつらうつら

バインバイン

うつらうつら

バインバイン

私は最近、大笑いしたけど、夫は今でも怒っている。

「じゃあファーストクラスとか?」

ふざけるなというくらい高い

「じゃあJALとか?すごく足元広かったよ!」(すごく快適だった)

しかーしマイルをチビチビためてチケットを買う貧乏人には無理な話なのであった。

ごめんよ、夫、次もまたバインバインだ!