2019年 日本旅行記6 時差ボケでへろへろからの夜の赤坂

前回までのあらすじ 笑

マイルがたまって日本行が決まり、JRパスで1週間旅行計画や北海道旅行を計画するも挫折。東京に2週間行くことになり軍のホテルを予約。一週間日にちがずれて穴あき予約に。そして狭い座席で13時間。レンタカー借りたらナビが壊れていたけどようやくたどり着いたホテルで爆睡。←ここまで

。。。。。。。。

1日目 広尾ホテルでバタン

ニューサンーホテル何回泊まったかわかりません。かなり古くなりましたけど、私たちにはとても快適なホテルです。

今回初めて2部屋続きのファミリールームを取れて大喜びです。息子はもう大人ですから本来は別の部屋が良いのですが2部屋分のホテル代を他のことに使おうといつも3人で一緒です。

大人同士の親友みたいなものなので、夜部屋で夫と一緒に飲んだり、私とは、しゃべり倒すので同じ部屋で全然支障ないのです。ファミリールームは眠くなったら「じゃあ明日ね」と別の部屋で眠れるのがいいですね。

小学生からティーンのお子さんがいらっしゃる方には特におすすめです。

 

日本のホテルも予約しました。1つはダブルベッドにシングルベッドがつくタイプ(大森)もう一つはシングルベッド3台の部屋(成田)これがすごく快適でした。記事はまた後で書きます。

今回日本旅館も泊まりたかったんです。特に食事付きで部屋に温泉(露天風呂)がついているタイプ。乳がんで左胸の切除手術をしているので、温泉はハードル高いです。湯あみ着で入れる温泉を検索したり、家族の貸し切りを一人で入ろうか?と思ったり。気にしなければいいのかもしれませんが、その温泉に入っている人も驚かせてしまうかもなあと思ってしまいます。箱根の温泉とかもすごく行きたいんですが、今回はなしにしました。次回は絶対旅行中心にします。元気があれば←問題はこれ。

 

2日目 まさかのホテルでお休みの一日

毎日歩いたホテルからコンビ二への道 笑

2日目の朝、4時ごろぼーっと起きて前日買ってあったファミリーマートのサンドイッチやおにぎりを食べて、ごろごろしていました。

皆超絶具合悪い!ものすごい疲労感で動けず。また近くのコンビニであれこれお弁当を買ってきて食べました。その後ホテルの中にお店があるので買い物へ。

いつからかビーフジャーキーがアメリカから送れなくなり検疫で箱をあけられて取り上げられたこともあり、持ってくるのもやめました。ちょうどこのお店に売っていたのでビーフジャーキーだけはここでいくつか購入しました。

アメリカからのお土産でスーツケースいっぱいになります。でも空になったスーツケースに食品ぎっしり詰めて帰ります。笑

下の階のお店に30分行っただけで疲れてしまい、一日お休みしようということに。夫はPC持ってきたので、ちょい仕事したりスマホいじったり、テレビ見たりと一日休憩の日に。前回は成田に泊まって休憩しました。やはり一日目はかなり疲れていますね。

 

3日目 へろへろのまま赤坂へ

この日も起きて「やばい!同じ感じだ!」ものすごい時差ボケです。

時差ボケは以前も書きましたけど、時差が変になるだけじゃなくて体に異変が起きます。頭の芯がぼ~~っと霧がかかったようになり、疲労感が取れない。なにもしていないのに全力疾走した後のような、その後に24時間寝てないような、そんな感じです。

この日の夜、いつも飲み会を開催してくれる同級生のM君ともう一人のM君(ややこしいのでO君にしよ笑)と都内で会うことになっていました。

「地元は都内から遠いので今回はいけないの。でも都内だったら仕事帰りにご飯食べたいなと」M君は広尾から割と近い場所の勤務なので会う約束をしました。

場所は赤坂です。赤坂は長い間行っていない場所でした。昔々赤坂プリンスホテルがオープンした時にレセプションやバンケットで行きました。もうないんですね。

赤坂駅のそばの焼き鳥屋さんで3年ぶりの再会です。3年前はM君と約束していた横田基地ツアー。そして地元居酒屋で(ミニ同窓会飲み会)を開いてくれて、たくさん集まってくれて楽しい思い出ができました。

何十年経っても一瞬で中学生時代に戻る仲間って良いですよね。皆に会いたいな~という気持ちと「太ったなあ!」を聞きたくない気持ちといつも戦っています(笑)←痩せれば解決

M君O君と待ち合わせしたのは6時半。でもぎりぎりまでキャンセルの電話しようか迷っていました。

だって、体調全然戻らず~!計画ではお昼はどこか別の場所に行って夜は赤坂♡と思っていましたけど、無理だった~。

お昼もまさかのホテルでコンビニご飯。何回食べたかわからないおにぎりと稲荷。あ、ちなみにおにぎりはツナととり五目です。笑 後大好きな太巻きと稲荷がセットの助六寿司。

確かに「コンビニのご飯だけ食べるのでもいいから日本に行きたい」とは言いました。本当になっちゃった。

このままではどこにも行けないと思い、広尾からタクシーならきっと行けるとへろへろのまま赤坂に行ってきました。(赤坂まで1700円くらい)

素晴らしいですね赤坂。

 

M君のラインでは「夜の赤坂はきれいだよ~外国みたいだよ」

「え~外国から来たのにい 笑」と。

でも本当に異国っぽかったです。オハイオの外国じゃあなくてヨーロッパ風な異国感がありました。

待ち合わせは駅前の焼き鳥屋さん。やっとコンビニご飯じゃないご飯を食べました。食べ始めたら食欲出てきてねぎまをいっぱい食べちゃった。おいしい~!

そして夜の赤坂へ。

TBS前 世界陸上のスタチュー?

日本のテレビは見られないんですけど一緒にいたO君が「あれがテレビの心臓破りの坂?」って聞いていた場所。ごめん、うつってないかも笑

すっごく素敵な夜の赤坂

モール?の中もすごく素敵。じつはここにご飯を食べに来ようと思っていたんですが、かなわず~。次回絶対。

日本旅行の楽しみの一つ食品サンプル。おいしそう~。

 

その後赤坂にくわしいM君が案内してくれた赤坂の裏側?外国人ばかり集まるバーがありました。イギリスのパブ風で外でたくさんの人が飲んでた。

「あ!アメリカに帰ってきちゃった」と笑いましたけど、すごく雰囲気があってよかったです。息子が特に気に入ってまた行きたいと言ってたんですが、結局今回赤坂には戻れませんでした。すごく落ち着くって言ってました。

雰囲気のあるオイスターバーとか。

絶対にまた行きたい街。コーヒー飲みたいO君ともっと飲みたいM君とデザート食べたい私たち。初サイゼリアへ行ってきました。デザート美味しかったです。

ニューサンノーが取れなかった数日赤坂に泊まりたかったけど、今回車だったので駐車場付きのホテルが少なくて諦めました。次回はぜひ。

へろへろ旅行続きます。笑

 

 

 

2019年 日本旅行記5 日米の飛行機会社の違いと恐怖のナビ

前回あまりにもひどいアメリカの飛行機について書きました。成田到着からレンタカーまで書いたのですが、飛行機の続きがあったので忘れないうちに書いておきますね。

 

アメリカの国内線はすごく小さい飛行機で最低だと思っていたのですが、乗った国際線はそれよりさらに狭い座席でした。国際線であの座席は本当にやばいです。

機内食は毎回ノートに簡単に絵を描いておくのですが、毎回すごいです(笑)そして前回の記事へのコメント(hachi様より ハムサンドイッチのハムが入っていませんでした。ただのパン)というところに声出して笑ってしまいました。めっちゃ、ありそう!!まさか?いえ、あるあるです。笑

アメリカにもカップヌードルがあるので「それを一つください。それだけでいいです。デザートはツインキーをください」と思ってしまいます。」腐ったフルーツはいりません。それから、どうしてあんなにまずくなるのか不思議でたまりません。

良かったのは最近のフライトが全部そうなのかわかりませんが、デイフライトでも電気を薄暗くしてくれること。窓を開ける人も少なく、ずっと暗くてぐっすり眠れます(広ければ、はい、広ければ。)

昔は大声で話す人が多くて本当にきつかったです。日本の会社だったら「お客様申し訳ございません、少しお静かにお願いします」と小さい声で注意すると思うのですがアメリカの会社では、どっかーんと怒られます。

最初は丁寧でしたけど、言うことを聞かない客(昔は結構いましたよね、酔ってしまう人とか)に大声で「だまって座れって言ってんのよ!」と顔を真っ赤にして怒鳴ってるのも見ました。あんまり凄くて笑ってしまいましたけど。

私はアメリカのそういうところ嫌いじゃないです。笑 多分乗客皆が「勘弁してくれよ~」と思っているところへのドッカーンは気持ちいいです。お客様は神様ではないですから。こういう毅然とした態度は好きです。

3年前、母の訃報で日本に帰ったときは急だったのでJALのチケットを取りました。そして「日米でこんなに違うんだああ~!」と驚きました。

まず食事が食べられる!!いいえ、おいしい!! 機内食がおいしい??うそだあと思ってしまうかわいそうなアメリカ人脳。

座席も広くて足がのばせる!うわあやっぱり違うなあと悲しい理由の旅でしたけど、そこは本当に満足できたのです。

問題は食後にやってきました。ご飯とお味噌汁がついていて、お味噌汁の底に髪の毛が一本入っていたんです。怒ったりはしませんでしたけど、一応報告しておこうとアテンドの方に言ったら大騒動に!

「申し訳ございません。上のものに報告します」「え!そんないいですよ~」「私共の落ち度でございます」みたいな会話が続いて(上の人)が出てきて、またしても「申し訳ございません」「なんか大ごとになっちゃって、ごめんなさい」「いいえ!お客様おおごとでございます!」みたいな。ちょっとそんなつもりじゃなかったのになあ。これアメリカ飛行機だったら「あら!ごめんなさいね!取り替えるわ!」で終わったのになと。

とっても気持ちの良いフライトでしたけど、(お客様)はちょっと驚いてしまいましたよ。またJALかANAに乗れたらいいなあと思います。

でもまたアメリカンエアラインのマイルがたまってきちゃったけど(笑)

。。。。。。。。。。。。。。

長くなりました。成田空港に着いてからです。

成田に着いて到着ゲートを出ると{YOUは何しに日本へ}のスタッフがインタビューをしていました。番組は見たことないのですが「何か面白い理由で日本に来た外国人について行く」であってますか?

インタビューが終わってスタッフがきょろきょろしていたので慌てて両替所へ。

怖い顔したでかい外国人が「ガチャガチャとお寿司と~ゲームしに来ました~あはは~♡」なんて撮影されたら大変だ!

両替をして、そのお金ですぐにおにぎりとジョージア缶コーヒーを買って、うはうはとレンタカー会社のバンに乗り込みバジェットレンタカーまで行きました。

道が混んでいたのか、かなーり長い道のり。ショップについてから契約までも時間がかかりました。保険の説明とかあれこれを。

「外国人が運転しています」というサインがいくつかあって、あんなのつけられるのかな?と心配に。

「日本での運転は初めてですか?」という質問に「何年も運転してます」と答える夫。なのでそのサインは貼られずにすみました。はじめてだと貼られるのかな?

レンタカーはとっても素敵で快適でした。レンタカー会社の女性が帰りに入れるガソリンのスタンドの場所をナビに入れようとして

「あれ?あれ?おかしいですね?」と言っていたのがちと気になりました。結局「このパンフレットに住所が載っているので、これを返却の日にナビに入れてください」ということになり出発です。

向かう先のニューサンノーホテルの住所を打ち込むと最短コースとか高速使わないパターンとか出てきて「わ~」と盛り上がる私たち。言語設定も(英語)にして出発。

しかしこのナビがおかしいのか英語がおかしいのか例えば道なりにゆっくり左方面へ。というようなところで左折してくださいと言うのです。

何度か間違え、”Turn left”って言ってるけど曲がるんじゃなくて左方向に道なりに、だよ。と気がつきました。

そして本当に左とか右に曲がるときも、すごく早くから

「ここで曲がってください」って一直線の高速道路で言うんです。

あ、あぶないよ!道ないよ!ナビ子!

何度も高速から飛び出させようとするナビ子。

ナビ子とあだ名をつけ「道ねえから!」と何度も言いつつホテルにたどり着きました。結局2週間ナビ子は壊れたままでした。

午後遅く着いてどこかに出かけようと思っていましたけど、ホテルに着くとすっかり夕方になっていました。

最初の数日(ずっと取れるはずだったのにい)のファミリールームは2つの部屋がくっついた快適な広い部屋でテンション上がりました。

その日の夕食は歩いてすぐのファミリーマートでおにぎりや菓子パンを買い込んできてそれを食べて大満足。「明日どこに行く~?」と話しつつ、あっというまに爆睡。

この時、明日も疲れマックスでどこにも行けず、またコンビニご飯ということになろうとは知る由もなかったのでございます。

続く

 

2019年 日本旅行記4 出発 飛行機は拷問だった。そして日本到着

今回マイルを貯めてチケットを購入しました。

どれでも買えるわけではなく限られていたので、最初に購入したものはダラス乗り換えの時間が40分だけだったので朝早い便でダラスに行き、乗り換え時間3時間のものにしました。

乗り換え40分ってかなりぎりぎりです。アメリカの空港は広いところが多くて(シカゴのオヘヤ空港とか)以前走りに走ったことがあって懲りています。

なので朝一のフライト(確か6時くらい)で早めにダラスに行って乗りかえることにしました。しかーしダラス空港、意外とゲートが近くて時間がめっちゃ余ってもうた。

綺麗なダラス空港

(寝ないで飛行機に乗りフライト中ずっと寝ていよう計画)は見事失敗。

デイトンからダラスは2時間弱なので一番眠い時に起こされて移動。空港では眠れず。

「でも次の飛行機が13時間も時間あるからそこでぐっすり寝よう」計画。このために準備編で書くの忘れましたけど、ちょっと高めのフライト用枕を購入していました。

そして乗り込んだアメリカンエアライン。ここの古い型の飛行機で6年ほど前に息子の頭の上にプロジェクターの扉が落ちてきてたんこぶができたこともございました。かなりでっかいプラスチック。

「これドリフで見たことある!たらいのやつ~」と笑ってた息子を見て「打ちどころ悪かったんじゃ?」と心配したりもしました。

そんなAAにまたしても乗り込んだのはマイルのためです。次回から違う会社にしたいと思います。←言っちゃった。

で、そんなアメリカンエアライン。またしてもやってくれました。

「わ、新しい機種だね、良かった」と思ったのもつかの間、ものっすごく狭い!

狭い、あまりにも狭い!

3人で座ったら肩が当たるどころか重なってる。足元ももちろん激狭です。

肩をひゅっとすくめてみてください。その状態で13時間。きつ!!

実は夫が時間を変えるためフライト変更には保険を払っていたので無料でしたが(これ大事です。国内フライトをキャンセルすることになったとき、料金返ってきませんでした)その時に座席を変更するのを忘れていて前日チェックインしようとしたら席がバラバラで「絶対に一緒がいい」と変更したら70ドルかかりました。

でも本当にほんと~~に変更して良かった。

両隣が夫と息子でも「いや~~」というくらい狭い空間に他人さまとくっつくの無理です。1時間ならいいです。でも13時間は無理です~~!

く、苦しい~と思いつつ、うつらうつら眠っているとすぐに食事の時間

いやいや起きて例のビーフOrチキンにチキンと答えると案の定(謎肉)が!

アメリカンエアラインとかユナイテッド食事が本当にまずいです。←また言っちゃった。

パスタのはずなのに丸い何かがゴロゴロ。これ見たことあるなあ。クッションに入れる丸いやつ。まさに発泡スチロール。味もそんな感じ(笑)そこにチキンに似た謎肉が。私はジャンク大好きでなんでも結構食べる方ですけど、これは食べられず。メインはあきらめてパンだけかじりました。

その後出た食事も似たような感じでして、フルーツが腐ってました(笑)すごくないですか?でもアイスクリームは美味しかったです。

そして引退して体重が増えてしまった夫はアイル側でいかつい両肩がはみ出ています。そこに大きめ女性の添乗員さんのヒップが通るたびにドイン!ドイン!と当たって目が覚めたそうで、後で聞いてちょっと笑ってしまいましたけど、激眠い夫は切れてました。

全てのアメリカの飛行機会社がそうではないですけど、結構体格の立派な方多いですし「あら!ごめんなさい!ぎゃはは」な、のり。

帰りの飛行機も全く同じぎゅうぎゅう状態でした。「スプライト下さい」って言ったら「シエラミスト(スプライトに似た炭酸)でもいい?」と言うのでうなずくと「シエラミストのほうが安いのよ!ぎゃはは」だって。ああ、アメリカに帰るんだな、アメリカ人好きだ(笑)と思った瞬間です。

そんな拷問飛行機で13時間 夢のジャパンへ到着です~!

うわ~~日本~♡嬉しい~。すぐにコンビニでおにぎり購入。美味しい~!

そして一歩外に出て「あづいいいいいいいい~~!!」

そして懐かしい湿気がむううん!それでも大好きな日本に来たあ~と胸がいっぱいになりました。

ここから今回の計画(レンタカー)を借りに行くことにしました。

成田から東京まで移動

前々回 6,7年前 成田エクスプレスが3000円 京成スカイライナーが2500円の頃。500円をけちって大変な目にあいました。

行先は広尾 恵比寿で地下鉄に乗り換えです。京成スカイライナーで上野まで行って乗り換えたらいいね。と上野で降りたところ京成上野からJRまでの遠いこと!荷物をたくさん持っての長距離ら移動。JR上野からの移動も階段多くて大変でした。広尾の地下鉄の階段がすっごくきつかったです。

で、学んだ私たち。最初の日は日航成田ホテルに宿泊。(このホテル気に入って、それから数回泊まっています)

そして翌日成田からバスで行くことに。ホテルまでバスがあるのに(3300円)これまた東京まで1000円バスを見つけてけちってしまった。東京まで快適でしたけど駅のかなり手前で降ろされて、炎天下の中(夏でした)駅まで歩いてヘロヘロに。

ここから渋谷までJRに乗って、そこからタクシーにしました。スーツケースかなりギューギューにつめて渋谷からニューサンノーホテルは1500円くらい。

3年前は電車アンドタクシーを使いました。

で、今回学んだ私たち(本当に学んだかな~?笑)レンタカーを借りることにしました。成田で借りて成田で返すやつ。2週間まるまる。

なので成田で車を借りて直接広尾まで行って、帰りの便は早い時間だったので前日にまた成田のホテルに泊まることにしました。

今回一番楽でした。夫は日本での運転慣れていますし、運転好きなので嬉しい。お酒を飲む日だけタクシーにしました。

しかーし(またかよ)レンタカーのバジェット 成田空港からかなり遠かった。そしてナビが壊れてた(笑)アンド高速代が毎回かかって結局高くつきました。ETCカードのこと全然知らなくて毎回現金で。あれは短期間でも買えるんでしょうか?次回調べてみます。

お借りした車はとっても良かったです。ガソリン入れたのは最後に返す日だけでした。これもナビに変なところに連れていかれた夫、大変な一日になりました。これはまた帰る日の記事で。

午後成田に着いたのに手続きとかあれこれですっかり夕方に。でも綺麗な夕日が見られました。じゃぱ~~ん!!

夕日に染まる東京に景色を見ながら、ようやくニューサンノーホテルに着きチェックインできました。

続く

 

 

2019年 日本旅行記 3準備編 スーツケースとパッキング

 

帰ってすぐの頃。ちょっとお怒りのニャンズ様。

 

前回までのあらすじ。。。

日本旅行についての計画。東京から数日北海道に行こう!さらに他の場所にも行こう!という計画「どう考えても無理じゃない?」「いやあ、大丈夫じゃないかな?」とファミリーミーティングを重ねて、やはりぎりぎりで変更しました。

なにかっていうとファミリーミーティング 笑 普段から仕事も一緒にしているので仕事のミーティングも多いんですけど、トラベルミーティングだよ皆集まって!みたいな。

体力に自信がある(あった?)夫は1週間分のJRで函館さらに1週間びっちり旅行に行こうとしていました。それは無理!と却下。決定していたのは羽田から飛行機で札幌に行く。というもの。これだと新幹線の4時間半に比べて飛行時間は1時間半くらいで札幌に着くので「いいねえ」と言うことに。

10月初期に3日間旅行に当てていました。3日目にニューサンノーホテルに帰ってきてディナー付きの宿泊プラン(しかなかった。でも美味しかった)こんな日程無理じゃない?いやいや大丈夫という夫。結果から言うと

無理でした!笑

もう尋常じゃない疲れで1週間はほぼフラフラの時差ボケ状態。次の一週間もかなりの疲労感。いやいやいや飛行機とか予約しなくて良かった!!無理無理無理~とジョジョ状態(ジョジョはむだむだ~です)

予定はくるくる変更して本当に出かける数日前に東京だけにしようということになりました。そのかわり前回すごく大変だった荷物持っての電車やバス移動は嫌だ―と言うことになり、2週間レンタカーを借りることにしました。

これは本当に良かったです。成田からスーツケースいっぱい積んでホテルに一直線~!広尾まで1時間くらいだったかな?すごく嬉しい~!

それは初日編に書くとして今日は準備編のスーツケースから

やっと始まった 笑

スーツケースのサイズなど

3年前の旅行で3個のスーツケースのうち2個壊れました。今回新調することになりました。

飛行機会社で微妙に違うと思うのですが、サイズはアメリカンエアライン(エコノミー)の場合です。

飛行機に手荷物で持って入れるのは2つ。

1ハンドバッグなどパーソナルアイテム 18 x 14 x 8 inches (45 x 35 x 20 cm)以下のもの。前の座席に下部分に置く。

2キャリーオン 頭上の収納庫に入れられるもの。 22 x 14 x 9 inches / 56 x 36 x 23 centimeters (including handles and wheels)(取っ手とキャスター部分を含む)

いつもは軽くて小さいバッグと軽いトート。どちらもレスポを使っています。でも今回は少し多めに買い物をしたいなとキャリーオンの小さめスーツケース。それからぎりぎり一番大きいスーツケースを買うことにしました。

預けられるバッグは国際線の場合1人2個(エコノミーの場合)

Dimension: 62 in / 158 cm(高さ、横幅などの合計)
Weight: 50 lbs / 23 kgs (重さ、結構ギリギリでした)

壊れた2つは中型だったので一番大きいサイズを買うことにしました。東京だけのステイに決まってからは「買い物」のことばかり考えていました。できるだけ持って帰れるように~と。

昔は送ったりもしていましたけど、できたら全部持って帰りたいなと思って大きめの入れ物を!と。

購入品とは別物ですが、2つのサイズがセットになっているものと3つサイズがセットになっているものを買いました。軽くて丈夫です。

 

パッキング

それから旅行が決まってから買った小物類で特に良かったのがネットの袋のパッキングキューブです。

いろいろな大きさがセットになっています。これにトップ、ボトム、下着などに分けます。

スーツケースの中にぴっちり納まって気持ちよい~~笑←収納好き。

このポーチ(トイレタリーバッグ)もすごく良かったです。上のもこれもAmazonです。

ほとんど全部入りました。

液漏れしそうなものはジップロック(サンドイッチサイズ)に入れて。フェースケアセット。右端のシリコンチューブがすごく良かったです。これもAmazon

ヘヤーケアセット。シャンプーなどはホテルにありますけど、ダメージヘヤーなので専用のものを。

この洗顔とかシャンプーも100ミリ以下で(3.4 ounces or100 milliliters.)クオートサイズの透明なバッグに入れたら飛行機持ち込みできるんですが、これはスーツケースに入れました。

キャリーオンのスーツケースに入れたのはメイク用品と1日分の洋服セットです。スーツケースが紛失と言うこともありますので、念のため。大事なものはキャリーのほうがいいと思います。薬類は絶対に手荷物へ。

アクセサリー類は少なめに。100均の小物入れにいれて。

ちょい大きめのは小さなジップロックに入れてポーチにイン。

めちゃくちゃかわいいパンダポーチは親友ちゃんからのプレゼント。猫とパンダものたくさんいただいているので、どれを持って行こうか迷ったあ~。

パッキングはパッキングキューブで最高に楽ちんでした。悩んだのは洋服の選択でした。

息子が大学生までは夏しか日本に行けず、いつも6月の終わりから7月でした。そして長い間日本に住んでいなかったので10月の東京は16年ぶり。

覚えている10月は肌寒くて、山の方ではもう紅葉が始まっていたっけ。

「ああ、そうだよね寒いよね。コート持って行ったほうがいいかな?軽いトレンチとか買おうかな?」←とんでもなかった(笑)

この頃、何回も親友ちゃんにラインで質問してました。

天候は?「安定してないよ、台風来たり。でも暑い日が多いかな?」ふうん暑いのか?25℃くらいかな?と思ったら「30度あるよ」うわああああああああああ!!!

オハイオは真夏でも30度なかなかないのに!(そして今日は7℃!)東京どうした??

10月なのに!それでも念のため厚手のカーディガンを入れていきました。(いらなかった)

覚えている10月と違う!!やっぱり温暖化は進んでいるのかな?ディカプリオは正しかった。

事前にいろいろ教えてもらって本当に良かった。そうじゃなければ長袖とカーディガンもっと入れる予定でした。

自分でも調べていましたけど「美味しい店」とかばっかり。笑 いろいろ行ったお店のレビューもしますね。

そして食べたかった仙台のお菓子(萩の月)が池袋で年に1回か2回だけ売り出すことを知り「絶対に行こう」と予定表に入れましたら、なんと日本に行く前でした!

親友に恐る恐る「池袋行く予定ある?」なんて聞いちゃった。理由を問われて大笑いされて「できたら行って買っておくよ~」と。ありがたや。

そしてなんと娘ちゃんが買いに行ってくれたのでした。本当にありがとう。そしてごめんなさい。この「萩の月事件」のことはまた書きまする。反省してます。でもめちゃ美味しかったです。

今回もいろいろな思い出をたくさん作れた(でも疲れていた 笑)旅行記。次回から、いよいよ本編でございます。

 

 

2019年 日本旅行記 準備編2 飛行機とホテルそしてJR pass?

やはりまだ時差ボケ抜けておらず、寝てばかりです。家に着いて5日目ですが皆体調がイマイチ。変な時間に寝たり起きたりしています。

私は昨日の朝?2時半ごろ起きてしまい、8時頃朝食を作り食べて眠り、お昼頃起きてランチを作り食べて寝て、5時ごろまた起きて夕食を作り食べて10時ごろ寝ました(笑)本当の食っちゃ寝ですね。

今朝は4時半に起きたのでだんだんいい感じになってきているかな?と期待です。一週間から10日がピークですね。

3年前は日本旅行から帰ってきて、ちょうど一週間ピークの時に母の訃報を受けました。あまりの疲労に行けないと思ったのですが、片付けなどもあり妹からも来て欲しいと言われたので、おねいちゃんは行かねばならぬう~と翌日の飛行機を取ってトンボ帰りしました。悲しみと疲労とでかなり苦しいフライトでした。

そして格安チケットで行くのと違い、普通の飛行機代は高かったです。

オハイオー成田の往復便は安い時でも1200ドル前後 この時は1700ドルだったと思います。私がLAやハワイにまた引っ越したいと思う理由の一つです。

今ちょっと調べたら(Google フライト)ホノルル往復が700ドル前後 ロスアンゼルス900ドル前後でした。

やっぱり全然違いますね。乗り換えもあるので時間もかかります。前回はシカゴ乗り換え(ポップコーンが買えて好き。笑)今回はダラス乗り換えです。

さて、今回の飛行機代金。なんと無料でした。正しくは無料ではないんですが、飛行機会社のクレジットカードのマイルを貯めてそれを使いました。

 

準備編 飛行機

関係ない話からになりますが、大家をしています。スムーズに退却&次の方に契約の場合もありますが、1軒大幅に改造が必要になり売却することになりました。

不動産シリーズ1賃貸を売却した理由

不動産シリーズ2 退去した後の惨状

掃除とリモデルに莫大なお金がかかり心折れそうになったのですが、考えた夫は飛行機会社のクレジットカードを使うことにしてマイルをゲットしました。転んでもただでは起きない?←ちょっと違う。

偉い!夫。あっという間に3人分の飛行機代に! そうやって今年日本に行くことが決まりました。

マイルで使えるフライトは何でもというわけではなくて、とりあえず予約。席がバラバラだったのを変更忘れて、前日に変えたら170ドル。ここは悔しいですが変えて本当に良かったです。アメリカンエアラインの新しめの飛行機、ものすごくものすごく狭いです!!もう乗りたくないくらいに。この飛行機については旅行編に書きます。

 

準備編 ホテル

問題はホテルです。私たちはできる限り広尾にある軍専用のホテルニューサンノーホテルに宿泊しています。サイト いつも夏に行っていたので予約が取り辛く飛び石みたいに予約していました。前回 ホテル日航成田 ニューサンノーホテル 立川グランド。その前は渋谷東武ホテルなど。

ニューサンノーは現役軍人は格安で泊まれますが、引退して初めて予約したらファミリールームは113ドルダブルは92ドルになっていました。

軍の事あまり書いてはいけないんですがホテルはサイトも自由に見られるので金額も書いています。

ファミリールームは2つの部屋がドアで開閉自由になっているお部屋。6か月前から予約できるのですぐにここを2週間予約しました。

しか~~し夫!ボランティアの約束があったと1週間日程がずれることに!夫は相撲観戦を楽しみにしていたのですが軍のイベントを優先したため相撲が終わってから行くことに。そのためホテルも予約し直し。

慌てて連絡しましたけどホテルは数日予約が埋まっていて、さらにファミリールームも前半数日しか取れず、後はダブルルームに3人で泊まることになりました。息子はソファーベッドで、この寝心地が最悪なんです。

そしてファミリーミーティングの結果、どうせなら一週間旅行に行っちゃおうということになりました。

 

準備編 JA pass

そこで気になっていたJapan Rail Pass 過去記事 Japan rail passについて

外国人が日本でJR乗り放題できるもの。サイトこちら The Japan Rail Pass

グリーン車もありますが普通車の場合 7日間 273ドル 14日間 434ドルという魅力的なもの。そして今新幹線で北海道まで行けることを知ったTomotan一家 真ん中3日くらい東京から函館に行くことにしました。

函館ガイドまで買っちゃって、函館函館と大騒ぎ。海鮮丼のことで頭がいっぱいだったのでございます。笑

で、どうするその後、降りてきて東北の旅?それともまさかの九州まで行っちゃう?いやいや京都奈良?金沢でお寿司?と夢は膨らむ一方。

しか~し(また)数週間良く良く調べてみるとJR passいろいろ落とし穴があるんです。

まずチケットは先に買えず(引換券)を買う。成田で「短期滞在証明」のスタンプをもらう。これがなければ引き換えできず。そして乗れない新幹線もある(のぞみ)使った時からきっちり一週間。

いろいろ面倒そうで、一か月くらいの日程の中の一週間ならいいけど2週間の中ではなかなか難しそう。

JRやめようか?でも北海道は行きたいね。とじゃあ羽田から飛行機は?ということになり、飛行機なら函館より先の札幌まである!とまた盛り上がり今度は札幌札幌と大騒ぎ 笑

ホテルですがBooking.comをいつも利用しています。ほとんど3日前までキャンセル無料なのでとりあえず予約して押さえることができます。ホテルを選ぶ時がすごく楽しいですね。

北海道は素敵なホテルがたくさんあって迷います。朝からイクラとか、んも~いいの?犯罪じゃないの?と。ガイド本を見ながら3人でワーワー。

飛行機は札幌行のほうが安い便がありました。一人100ドル前後でした。これはもう決定!と飛行機予約するところまで行っていたのですが、考えれば考えるほど「無理があるんじゃ…」と思って、思い切って今回はやめることにしました。

今回半分は旅行に行こうとしていたので、いつも集まってくれる中学の同級生飲み会もなしにしたのに結局東京のみとなりました。

そしてこの「無理なんじゃ」という予感は大当たりしたのでした。

続く

 

2019年秋 日本旅行記 1準備編&ニャンズホテルについて

オハイオに到着してから今日まで

10日の木曜日に帰ってきたので、家に着いて3日目になります。

時差ボケは日本でひどかった分ここでは割と軽く収まっていますが、今朝も起きたのは午前2時半。8時頃眠くなってちょっとお昼寝と思ったら午後まで寝ていました(!)

木曜日、家に荷物を下ろしてすぐにニャンズを迎えに行きました。いつも(といっても前回は3年前)預けているペットスマートのペットホテル。ホテルと言ってもケージが並んでいるだけですが、ここは広いケージがあってニャンズが一緒に入ることができます。

だって一緒がいいにゃの♡

 

準備編 猫たちを預ける場所

旅行準備ではにゃんこたちを預ける場所が一番重要で毎回、何回も話し合いをします。そして今回は大失敗しました。

6年前にここが気に入ったのですが、それは素晴らしい女性が働いていたからでした。

あの狂暴な野生?と思うようなジャイアン・チャチャを「あら―いい子ねー」とひょいっと抱っこ!!そしてチャチャはとっても嬉しそうに抱っこされていたのを見て腰が抜けるほど驚いたのです。←オーバーではない笑

家では甘えん坊の野生ネコチャチャ。

「あなたに一生ついて行く」と心に決めたのに、やめちゃったらしい!!

そして今回は働いていた人はこの仕事に全く慣れていない人(たち)でした。そうとは知らずに2週間も預けてしまった。

長くかかったお支払いが済み(1日1匹20ドル×2で40ドル 旅行は2週間ですが前日の夜預けたので15日で600ドル。ミリタリー割引あり)

もう、いやんにゃの。

 

ケージが並んでいる部屋には部外者は入れないのですが、すごく時間がかかっていて他の従業員さんに頼んだら、その人は猫アレルギーでそこには入れないと!アレルギーのある人たくさんいらっしゃいます。理解しています。でもなんでこの仕事選んだのお??

「じゃあ入っても良いわよ」と言われ、夫と二人で入っていくと、その女性はケージの前で恐怖に固まっていて「どうにもできないわ」と泣きそう。

ケージを覗き込むと奥の方で今まで見たことのない表情と声で威嚇しまくるチャチャが!

耳がぴたーッと張り付いてる。大きく見開いた目と鼻のしわ。シャーではなくてゥギャーっという声。猫の本気の喧嘩の時の鳴き方!本で見た怒るツシマヤマネコみたい!

写真はないけどこんなイメージで、もっとすごい顔。

私でさえ「怖い~!」と一瞬思い、その後に「何かひどいことされたんじゃ!!」と怒りがこみ上げました。それほどすごかったんです。

そこは(1日1回は外に出して遊ぶ)と言ってましたけど、あんな調子じゃあ絶対に入れっぱなしだったと思う。誰も触れなかったに違いないな。

私では背が届かなかったので(ケージは4つがつながっているつくりで190センチくらいの高さがあります)夫がやっと抱っこしてキャリーに。

さすがに覚えていたのか引掻かれなかったけど、ものすごいパニックでした。

次はコタロー。

コタは威嚇はしなかったけど目がらんらんと光っていて、抱っこはチャチャに比べて早くできましたけど逃げようとして爪でケガしました。

キャリーの中で大鳴きでずっと話しかけて少しづつ落ち着き、家について安心した様子で一安心でしたけど、今度はくっついて離れない。ずっと後追いをするんです。声も鳴き過ぎたのか枯れちゃって涙が出ました。

なんてことしちゃったんだろう。ものすごい後悔。寂しくて鳴きまくり夜中でも飛び乗って起こします。

もう絶対にどこかに預けるのやめようと誓いました。

旅行準備中に、かかりつけの獣医のアシスタントさんが「家に行ってペットシッターしても良いわよ。なんなら泊っても」と言ってくださったんです。大いに心が揺れました。

とても良さそうな方だったのですが、この日初めてお会いしたので今回はいつものホテルにということにしたんです。

お隣もいつも「猫面倒みるから言ってよ」と言ってくれるんですけど2週間は長いかなと。お金受け取ってくれないんですよね。だからかえって悪いなあと。

でも次回は家に誰か来てもらいます。お隣さん(一度見てもらったので安心)か獣医のアシさんに。

信用してたペットホテルでしたけど、働いている人によってこんなにも違うんだ)と反省しました。

準備編もっと書こうと思ったんですけど、猫たちの話で終わってしまった。笑

次回は人間の旅行準備編です。

 

 

ただいま!オハイオに帰ってきました。

2週間 日本に行ってきました。

数日前に帰ってきて、時差ボケと戦いながら怒涛の洗濯そして荷物整理をしています。

時差ボケという言葉。表現があってないですよね。言葉が可愛くて、なかなか伝わりにくいです。

手術の後に少し似ています。←これも伝わりにくい。笑 自分の体が自分でないような、いつもぼうっと夢の中のような。そしてすごい疲労感。さらに眠いのに脳は眠っていないような奇妙な感じ。目は開いているのに何も見えていない感じ。

いつもはこの(時差ぼけ)アメリカに帰ってきてから起こっていましたけど、今回は日本に行ったときになりました。

ついてから2日間くらい、なーにもできず。「このまま帰りたい」(!)と思ったくらいです。思っただけじゃなくて夫に言いました。キャンセルして帰りたいかもって。このすさまじい疲労感は取れるの?と心配になるほどでした。

結局1週間はひどくて、フラフラ状態で、次の1週間も余り体力なしでした。東京を少し徘徊してはホテルのベッドでダウン(熟睡もできず、さらに疲れる)

Youはなにしに日本へ? 笑 あ、成田で番組スタッフがインタビューしていましたよ。インタビューされたら大変だ―とこそこそと移動しました。

実は今回、日本の中をあちこち旅行しようと思っていたんです。東京に数日、そこから北海道に行き東北なども旅を。と。…えっと、とんでもなかったです笑

行くまでに計画がくるくる変わったんですが、変えて良かったです。

なんだか無理な予感があったんですよね。若かったら強行突破なスケジュールも体力的にムリでした。

それでも3年ぶりの東京は懐かしくて胸がいっぱいになりました(そして暑かった!10月なのに30℃!!)

今回のグダグダ旅行記を明日から書きますね。

今回ニャンズはいつものペットホテル(といっても大きめのケージ)預けたんですけど、いつものやさしいお姉さんがいなくて大失敗でした。

世界でチャチャを抱っこできる数人のうちの一人だったのに!あの人がいたから預けていたのに!これからは家にシッターさん来てもらいます(そういうのもあります)

そのことも次回詳しくレポートしますね。

ケージから出そうとしている慣れていない職員さんに見せた顔忘れられません。見たこともない表情と聞いたことのない唸り声。一瞬「虐待されてたのでは?」と思いましたが10年間誰よりもかわいがっている夫にもシャーするチャチャなので、まあ怖かっただけなのかな?

家に帰ってきたらすぐに落ち着いましたけど、今度は寂しかったのかずっと鳴いて後追いします。声も枯れてる。うわあと泣いて「こんなことならもう2度と旅行しない」と思ったのですが、日本にはやっぱり時々行きたい。これからは信頼できる人に家に来てもらうことにします。

明日から「2019年日本旅行記」書いていきます。

おうちに帰るよ。ごめんね。

久しぶりのおうちごはん。

今も鳴いているので行ってきます。ううう、ごめんよう。

 

 

 

しばらくお休みします。

2週間ほどブログお休みします。

またすぐに戻ってきます。

ただいま絶賛どったんばったん中(笑)

いつも読んでくださってる方、初めて読んでくださる方。ありがとうございます。

たぶん2週間後くらいにまたお会いしましょう~戻ってきてえ~笑

 

親友ちゃんからバースデーに浴衣をいただいたのですが、そのギフトバッグを気に入ったにゃんず。毎日一緒に寝てました。

この日も一緒。

こんな日も

こんな日も~~

帯の飾りがまた可愛い~!! 前に他国の文化を紹介するパーティーがありまして浴衣を着てモデルしたんです。その写真を送ったら、またプレゼントしてくれました~!!またやっちゃうよ?モデル笑

いつもありがとう♡ にゃんずからも♡

Instant potでPot Roast

アメリカで買った家電で一番良かった~!と思うのが Instant potです。

何回か記事を書いています。インスタントポットでポークリブ インスタントポット良かったです。 インスタントポットでビーフシチュー大失敗 

何回使ったかわかりません。マジックブレットも買って良かったものの一つですが、この鍋は良かった。(スポンサーじゃないです)

最近かたまり肉でポットローストを作りました。

Pot Roast

 

いつもカットしてあるお肉を使うのですが、今回塊のままのChuckを購入しました。

肩の部分です。3ポンド

最初にお肉にスパイスをすりこみます。

塩 コショウ ガーリックパウダー オニオンパウダー スモークパプリカ 大匙1づつくらい。小さいボールに入れておきます。(楽だから)

それを両面まんべんなくすりすり。使い捨て手袋使ってます。

 

 

一緒に炒める野菜もカット セロリ3本分くらい 玉ねぎ半分 ガーリック5個

 

インスタントポットをソテー(Saute)にセット そして後からManualにセットします。

 

熱くなったらオリーブオイルとガーリック、お肉入れて両面焼きます。

 

美味しい匂いがしてきます。

 

このくらいになったら玉ねぎとセロリも投入。ちょっと炒めて

液体用意です。赤ワイン(料理用じゃなくて飲めるもの)よくわからなかったので5ドルくらいのを適当に買ってみました。それちがーうと思われたらコメントください。笑 パックのビーフブロスがなかったので缶詰のを。

赤ワイン1カップくらい ビーフブロス缶1と水半分 ウスターソース少し。

シンプルにこれだけにしました。蓋をして(スチームの所まっすぐにするのを忘れないで)マニュアルのセット 60分。(1ポンドにつき20分)

ナチュラルリリース(圧力が弱まるのを放っておく)の後 ポテト(ユーコンポテトカット)とにんじんを入れてさらに10分セットしました。

1時間で開けたときはまだ少ししっかりしていた肉がさらに10分でフォークで崩れる柔らかさに。クズクズにしたくなくて塊をお皿に入れるの苦労したくらい柔らかかったです。そしてにポテトも煮崩れなくてクリアなスープ

 

ポットローストというかビーフスープ。レシピによってシーズニングが違うのでお好みのものを見つけてみてくださいね。

こんな感じでサラダはベビースピナッチとアボカドとモッツアレラチーズ

お皿バラバラ!これは確かずっと前に100均で買ったやつ。パスタって書いてあるけど気にしない 笑

 

後はママンが下品なジョークでも言って家族でわははと笑いながら食べます。これはオプションですがおいしくなりますよ。笑

 

 

アメリカに日本の親を呼ぶ方法と体験談

 

メールで(親の呼び寄せと保険)についてのご質問をいただきました。その方は、とある掲示板(海外在住者同士の情報交換ができるところ)で質問したところ、どなたかが(アメリカで猫とのんびり)このブログを紹介してくださったそうです。

細々とやっているブログが誰かの目に留まってお役に立てたのでしたら、本当にうれしいです。

なので、今日は(日本人の両親をアメリカに呼びよせたい方のため)に私の経験を書きます。

過去記事 母の命日でした

にも書いたのですが、以前していた別のブログに親の呼び寄せと市民権の取り方を詳しく書いていました。ただもうすぐ10年になりますので、情報も古いかと思い削除してしまいました。その頃の経験ももしかしたらお役に立てるかもしれないのでまた書きますね。

ほぼ10年前でミリタリー関係の経験になりますので、皆様には当てはまらない場合も多いと思いますが一人の体験談として書きます。

。。。。。。。。。。。。。。。

2009年 秋ごろ 日本の母がアメリカに来て一緒に暮らすことになりました。

以前から話しあいはしていましたがその年に急に来ることになったのです。慌てていろいろ調べることになりました。

夫は空軍だったのですぐに扶養家族の手続きをしに軍へ行きました。こちらは早く受理されて扶養者用のIDカードを作ることができました。配偶者や子供と同じく基地内に入れ、BXや食品店で買い物ができるものです。

夫が母の永住権のスポンサーになる予定だったのですが、実子しかスポンサーにはなれないことをアメリカに母が来てしまってから知りました。

無知で恥ずかしいですが、夫がなれるものだと信じ込んでいたのです。

アメリカ国籍をとることには全くためらいはなかったのですが、全然勉強していなかったので慌てました。その日から勉強を始め、調べものをして弁護士に相談しました。(LAの新聞によく載ってる、最初は無料という相談)

観光ビザのままアメリカに入国してしまった親の永住権についてです。ビザの期限より遅くなったらどうするかなどを相談しました。この場合はもう書類などがそろっていたので少しなら問題ないだろうという答えでした。

移民局に行き書類を出し、試験の日が決まり合格し、その後セレモニーが行われたのは2010年の春でした。

夫が手紙を添えてくれたからか母のグリーンカードはとても早かった記憶があります。

費用は母がビザからグリーンカードへのステイタスチェンジということで1000ドル以上かかり、私もグリーンカードの更新費用を払ったばかりだったのにそれを破棄。市民権の申請にも当時600ドルかかりました。

書類や費用などは詳しくはUSCISのサイトをご覧ください。(us citizenship and immigration services)

扶養になれたので持病があった母のためにすぐに病院へ行きました。ここでも問題がありました。軍はTRIケアという保険があります。

配偶者や子供たちは無料で治療を受けられます。私の乳がん治療もすべてこの保険のおかげです。

母の場合は確か全てカバーされなかったと思います(こちらも軍で違うと思います)日本から持ってきた薬のリストで軍では支給されていなかった薬があり毎月薬局で買うことになりました。

日本の家族を呼ぶときに一番ネックになるのが保険だと思います。一番優遇されている軍でも基地の病院まで行かなければならずに大変でした。オフベース(基地の外)でTRIケアが適応される病院は限られていました。

それからやはり環境の変化は高齢の母には厳しかったと思います。若い頃から基地内で働いていて英語も堪能で食事も肉が大好きでしたので問題ないと思っていました。

LAに2年住んでいた頃は日本食店がたくさんあったので週に1度は和食材の買い出しにでかけて、本や雑誌、日本のドラマのDVDなども手に入りましたから楽しそうに暮らしていました。

変わったのはオハイオに引っ越してきてからです。LAに比べてあまりにも何もない暮らし。日本からさらに離れた気持ちで鬱のようになっていったのです。

その頃心臓に欠陥が見つかり、緊急ではないけれど手術した方がいいと言われて基地内で手術する予定でしたが、予算の関係でできなくなりました。オフベースの病院を勧められました。

何もかもスムーズにいかずに母はすっかり塞ぎがちで毎日泣く日々で、この頃が一番大変だったと思います。

「じゃあ気分良くなるように日本に2週間でも行って来たら?」と旅費を工面しました。本当は数年帰っていなかったので私も行きたかったのですが、これまた予算の関係で。

恋焦がれた日本を見て帰国の意思を固めた母。アメリカに帰ってくるなり「余生は日本で暮らしたい」と言われ私たちも当時相当もめましたけれど日本に帰ることになりました。

アメリカに来てから3年くらいでした。

日本から送った荷物をまた日本へ送るのも大変でしたし、グリーンカードもIDカードももちろん破棄です。

日本に帰った母は私たちに悪かったと言いつつもとても幸せそうでした。

最初は私も夫に悪かったと母に怒りを感じていましたが、後からできることは全部やった達成感と幸せで良かったなあという思いでした。

そして、3年前に母は亡くなりました。

ちょうど3年前の7月会いに行き食事をして笑いアパートも見せてもらい楽しいひと時を過ごしてアメリカに帰国して1週間後に他界したのです。

経済的にも体力的にもギリギリでしたけど、すぐに飛行機の予約をして日本に帰りました。

アパートの片付けのために妹とドアを開けた時の気持ちは忘れられません。ひとしきり泣いた後、周りを見渡すといつも話をしていた「夢の部屋」そのものがそこにありました。

「何でも手が届いて、好きなものに囲まれているのがいい」「好きな絵を毎日書いて好きなものを食べたい」よくそう言っていました。

小さい冷蔵庫にアメリカでは買えない好物のものが入っていたのを見て「帰ったのは正解だったんだな。本当に良かったんだな」と思えたのです。

英語もペラペラまでではないですが話せましたし、洋食も大好きでしたけど、それでも高齢になってからの外国暮らしはつらかったんだなと思いました。

なので外国暮らしを考えてられるご両親の場合はとりあえずビザぎりぎりまでの日程で過ごしてみるのがいいと思います。

アメリカの場合保険が大きな問題になります。5年間アメリカに住むとメディケアに入れますが、その間病気にならないという保証はありません。

民間の保険もピンからキリまであるのでよく調べてみるのが良いと思います。母の手術はオフベースで保険なしだと4千万円かかると言われました。これはオーバーではなく家も財産も失った人を知っています。

それから考えたくないと思いますがアメリカで亡くなった場合のお葬式もかなり高額だったと思います。

呼び寄せはとても大変でした。でも私の場合はその経験ができて本当に良かったと思います。

もし何もできないまま日本で母が亡くなっていたら一生後悔したかもしれません。できることは全部やったというのは自己満足かもしれませんが、母にとっても外国暮らしを経験して「行けばよかった」という悔いはなかったのではないかと思います。

外国で暮らす子供と一緒にいたいという気持ち。遠くに住む親を呼びたいという気持ち。とってもよくわかります。

うまくいくことを願っています。

長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。