元気がなかった日々とCPAP療法

最近ずっと元気が出なかったのですが、昨日、日本の友人と話ができて気分があがりました。大きな元気な声に救われます。

私は、ぐずぐず、じめじめと

「このままの日常が続くのかな?」とか「もう飛行機に乗って日本へ行くこともできなくなるのかな?」とずっと考えてしまっていました。

ワクチンさえ打てば日常が戻ると誰もが信じていた今年の初め。そしてアメリカはマスクさえなしで良い、お店も開けるよ!と言う感じになっていて、誰もが「元に戻る!」と期待していました。

春から初夏くらいまでは……。数か月夢を見てしまったので、今の状況はいっそうきついです。

一番早くワクチンを打ったイスラエルもまたじわじわと感染者が増えてきて。理由はもちろん新しいデルタ株。それからワクチンの抗体が6か月くらいで薄くなっていくと。

夢も希望もなくなっちゃいますよね。それでも私たちは家でじっとしていればいいけれど医療従事者の方々の苦労は想像もできないです。

初夏に原因不明の不調が続いたのも、もちろんこういうストレスもあると思います。

「健康にならなくては」と検査を続けて見つかる新しいアレコレ。睡眠時無呼吸症候群なんていう恐ろしい名前の症状もあり、CPAP「Continuous Positive Airway Pressure」CPAP(シーパップ)療法:日本語は経鼻的持続陽圧呼吸療法をはじめています。

日本語のところ難しすぎて読めないw

以前ブログに書いたのですが、鼻の所につけるマスクがあまりにも苦しくてフルフェイス(といっても鼻と口を覆うもの)に変えてもらいました。

それでも1日目は30分で「ぷは~もう無理!!」2日目も1時間弱で「眠れないから取る!」ストレスマックス!眠っていても眠れていない(何回も無呼吸になり血中酸素がたりない)マスク付けても眠れない。

き~怒 そして3日目やっと4時間ほど、続けて眠れ、それから翌日7時間になり、昨日やっと初めて8時間眠れました。約一週かかりました。

それでも3回くらい起きてしまうのですが(トイレとか時々空気がほっぺから漏れて変な音がするから。ブヒ~~っておならみたいなw)

慣れるかな? というか慣れないとですね。

ちなみに猫の反応 コタローはジッとマスクを見つめて顔をトントンと触って、そのまま寝ました(大物か!)

チャチャはマスクを「え??」と言う顔で見たけど「まあ、なんかついてるけどママか」と寝ようとしたときにマシンからシューっと音が漏れてベッドから飛び降りて逃げていきました。笑

ああ猫と寝た方が健康にいいと思うのに、もし来なくなったら寂しい。

目覚めた瞬間の毎日の光景が見られなくなっちゃった。背中を向けて寝るおれ。

体の左にチャチャ、右がコタローだったのに。コタローさんも音と、あとマスクから出る空気が怖いみたいです。

ニャンズも慣れて欲しいなあ。一緒に寝ようよう。

そのうちにね。

 

 

何度も書いてますけど、ステイホームになって猫たちにどれほど救われたかわかりません。

本当にありがとう。

 

獣医でにゃんこの定期健診とワクチン

 

獣医さん 英語ではVeterinarianと言いますが、さすがにアメリカ人も長いと思ったのかVetと訳されることが多いです。

うちのかかりつけの獣医さん オハイオに来てほとんどここ。

家からすごく近いのと(結構大事)うちの大きい猛獣のような猫も先生に完敗(すごく大事)

カリフォルニアではいくつか違う獣医に連れて行っていました。緊急の動物病院に行ったこともあるのですが(チャチャが袋をかぶって怒りまくり走りまくり足をぶつけた笑)

 

まだ猫も若かったこともあったり、興奮気味だったりもあり、ずーっと野生のトラのように威嚇しまくり大変な思いをしたことも。あ、たぶん獣医さんの方がそう言ってると思います。笑

 

しかーしオハイオのこの獣医さんは初めて連れて行ったときから「どれどれ」とひょいっと抱っこ。夫と私の方が「ひえええ」って言いました。

あの獰猛チャチャが他人に抱っこされてる!そしてこねくり回されている。さらに

「なんてビッグボーイなのかしら!デブね!わーっはっはっは」先生の勝ち

 

おとうたんには「シャー」なのに先生には負けたチャチャ。

私と人間兄ちゃんにはベッタベタの甘えん坊さん。夫、ごめん。

 

そして昨日の診察。

「何か心配なことある?」と聞かれ
「お腹の毛が抜けてきたんですけど大丈夫でしょうか?」と言うと、診察の後
「入っていいわよ~」(コロナのため以前は一緒に入れた診察室に入れない)そして目に飛び込んできた風景がこちら。

 

「お腹見て~これねえ自然なのよ」って先生…お腹見えないよ。

委縮して尻尾が股間に入ってる。あうあうあ~みたいな表情。

すごくいい先生でコタローもチャチャも結構おとなしく、されるがまま。

 

これは数年前に書いたイラスト

 

そして静かに怒るコタローさん。

 

すごく元気ですが11歳になります。人間でいうと65歳超えていると。この「人間でいうと」の表を見るたびに落ちこみそうになりますが……誰でも年を取るのだし、しょうがないよねと思っても、いろいろ考えてしまいます。

そんなこの頃ですが、診察を終えて先生が

「どっちもすっごく健康よ!評価するならAプラス!」と言っていただき、すごくうれしかったです。

ワクチン内容とお値段は

Felina Leukemia 猫白血病 33ドル

FVRC 3種混合 ウイルス性気管支炎、カリシウイルス感染 猫汎白血球減少症 26ドル

Rabies feline 狂犬病 28ドル

Physical Exam 48ドル

他にも検査などで150ドル × 2

ワクチンだけでも約300ドル毎年かかります。それでもカリフォルニアはもっと高かった気がします。

体重は変わらず

チャチャは17.75ポンド 8キロ コタローは17ポンド 7.7キロです。

シニア用の缶詰あげてたのですが、チャチャが全然食べないので、又同じものあげてます。フードは子猫時代以外はほぼ10年ずっと同じです。同じがいいんだね。っていうか本当に飽きない「ごはん、ごはん」って言ってる。笑

元気で長生きしてほしいです。

 

Apple Watch6レビュー

 

誕生日に夫からアップルウオッチをいただきました。ありがとう!夫。

でも高価だしいらない~とずっと言ってました。←こういうこと言っちゃダメ。

 

今年に入って原因不明の体調不良が続いて健康の事をずっと考えていました。

何回か書いたと思いますが病院で血液検査もして、いろいろな機能そして甲状腺もノーマルの数値でした。疲れやすくなったのは、これか糖尿病かと思ったのですが、どちらも違いました。予備軍ではあるのですが数値はおちついていました。

「じゃあ、この疲れはなにい??」とすごく驚いてます。そこは喜ぶところなんですが、原因はなんだろう、と。

無呼吸症候群で寝不足(長時間寝ていても)もありますね。なんせ、富士山!(寝ている時の血中酸素がとても低く富士山山頂登山よりも低かった)これも最近の検査でわかりました。鼻からの器具があまりにも苦しいので、口全体を覆うものと取り替えようと思っています。

夫と病院へ行ったり健康のあれこれをずっと話していて「アップルウオッチかフィットビットかオキシメーター買おうかなー」と話していたらバースデーに細長い箱が!

「チョコレート?」と思ったらアップルウオッチ!!高価なものだし、なにより運動全くしないタイプなのに申し訳なくて「使えない~返す~」←こういうこと言っちゃダメ

で、一週間後にやっとドキドキしながら開けて装着。

感想?

すんばらしかった!笑

あたりまえですが時計の機能もあります。←ウオッチだもの。

すごく良かったのはそのまま電話に出られることと(ちょっと前のSFみたい)バッグの中で迷子になるし、だいたいうるさいところだと着信音も聞こえないのですが手首が震える。で、そのまま手首をあげて「もしもし」

メッセージもすぐにチェックできます。スマホが重くなってきて、ちょっとそこまでの時は持って出ないのですが(ゴミ出しとか郵便とるとか数十分の時に)手首がブルブル!便利。

そして一番良かったのはオキシメーターがついていて、血中酸素濃度を測れるところです。これはアップルウオッチ6からついているらしいです。

夜すごく低いことが分かったのですが、起きている間は正常でほっとしました。一日3回くらい気になったときにはかってます。

心拍もはかれて、心電図も記録できます。一日一回は心電図で異常ないかチェック。

あとは緊急の電話がすぐかけられるのもありますが、すごいと思ったのは転倒した場合数分後に救急に連絡が行くこと。転んで何でもないときは、ボタンを押すとか機能があります。

これは一人の時などに安心です。まだいろいろな機能が付いているのですが、これから研究します。

運動のあれこれももちろんついています。1時間座りっぱなしだと振動して教える機能はオフしました。笑 だって昼寝してたのにい。

歩数計ではあまりの歩かなさにショック。一日平均4000も行ってなかったです。これはいかんと時々立ち上がって、うろうろと無駄に歩いたりw いや無駄じゃないですよね、健康のために。

ほとんど家の中なので、こうやって意識しないとなかなか運動になってないことがわかりました。

今年から心入れ替えてます。