6日の米議会乱入について少しだけ

1月6日アメリカにとって前代未聞と言うか最悪と言うか、ありえない事態が起こりました。昨日は本気で具合が悪くなりました。

ロイターより転載。

[ワシントン 6日 ロイター] – 米国の民主主義の象徴である議会は6日、トランプ大統領支持者の一部が侵入し占拠する前代未聞の騒動となった。昨年11月の大統領選の不正を主張し、敗北をまだ認めていないトランプ氏は何週間も前から抗議集会を呼び掛け、この日の演説でも支持者に「戦い」を訴えていた。

何週間も前からトランプ大統領が扇動して大勢のサポーターを集め、数日前から続々と州を越えて集まってきていました。「6日に集まるんだ」って。車やバイクの群れの写真を見て「いやだなあ6日」と素人の私でも思っていたのに警察のセキュリティーが甘くてどうして?と思いました。ガッチガチにしていれば良かったのにと。

当日も演説で何万人ものサポーターの前で明らかな扇動行為「議事堂まで一緒にマーチする」と言い、そしてBe wildって言ったんです。

デモじゃなくて暴動 壊れた窓ガラスなどや荒らされた部屋を見て悲しくなりました。議事堂で、こんなことありえない。

今までいろいろ「あーあ」と笑いに変えてきましたけど「もう無理」と限界です。ついに本気でアメリカを去る日が来たかなと思うほど。

そして翌日

民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務は、大統領の即時罷免に向けて合衆国憲法修正25条を発動するようペンス副大統領や政権閣僚らに要求。発動がなければ、議会は弾劾も辞さないと表明した。

修正25条は、大統領が職務遂行不能となった場合の職務継承について定めている。(こちらもロイター記事より)

合衆国憲法修正

はい、これテストに出ます。(本当) 市民権を取るテストで「現在合衆国憲法修正はいくつありますか?」ってのがでます。答えは27個 ですが、その中の25条

当然だと思います。これは現大統領は絶対やってはいけないことだった。20日までとはいえ、何をするか怖いです。

そして昨日敗北宣言と日本のニュースに書かれていましたけど、正式な宣言ではなくて「平和的に移行する」と言ってました。慌てたんでしょうね。

そして今度は自分自身の恩赦を考えているとか。もう、本当に、無理。

そしてコロナ対策もずっと最悪でした。

この何万人ものサポーターたちもほとんどマスクせずに叫んでいました。そしてきっと感染爆増して全州に帰っていくんだと思うと、何か月も家で我慢していたり、もうずっと休みが取れない医療関係者の方々が気の毒すぎます。

今年は楽しい年に!と祈ってまだ一週間もたってないのに!!

これで最悪なあれこれは終わってほしいです。20日まで緊張の日々。

 

次回はもっと楽しい話題を~。コスメとかファッションとか!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください