我が家の英語日本語言いまつがい。

久しぶりに我が家の英語間違い(私)&日本語間違い(夫)について書きます。

以前ブログによく書いていました。こちらはエッセイ

「アメリカンおとうたんとの日々」(大爆笑な国際結婚)にまとめてあります。カクヨムのページ 真白タミイ

ちなみにこのエッセイは36話と37話の英語スラング 男性器女性器ばかり読まれております。アクセス集中 笑

マフィンが有名でして、今でもグーグルに英語スラング マフィンと入れるとこのエッセイのページが上のほうに出てくるとか…Google先生…。

 

おとうたん(ブログの読者様からそう呼んでいただいていて定着しました)の日本語本当に面白いです。語彙が結構豊富なのに文法が英語になったりするのでとんでもないセリフになったりします。

このエッセイから抜き出すと第9話夫の日本語から

聞きまつがい編 私「栗きんとん台所にあるよ」→夫「クリントン大統領?」

言いまつがい編 Pleaseを(ください)と覚えてしまい。息子に

「宿題ください!」正しくは宿題をしてください。

「猫のうん〇ください!!」正しくは猫の…まあ…うん〇はあってるけど。取ってくださいか掃除してください。

それから第35話 夫の爆笑日本語より

正しくは →鬼 間違い →うに 「ウニヶ島にウニ退治~ぎゃはは ウニは~外 ひいい」と10分ほど笑い転げた思い出。

韓国 → 監獄 そこから→看護婦

いやあ、忘れてて自分で笑っちゃった。毎日のことで忘れていくんですよね。

大笑いして失礼だとお怒りのお客様。違うんです。夫も一緒に笑ってます。

それにこんなの笑うなという方が無理です。電話での日本語チャレンジ。

「今日、はやいは、おわらない! 問題ある。仕事おわった。でももっとある。おわったら後にある」

翻訳たぶん 「今日は問題が発生して早く帰れないんだ、仕事そのものは終わったけれど、その後にする仕事がある」

 

素晴らしい!意味が分かるからすごい!これは軍時代に鬼軍曹と恐れられてた時なのでより面白いって言うか、笑

でもプライドが高くて笑われたくないから一言も話さない人よりも偉いし可愛いと私は思います。

 

それに私のほうが数倍英語間違えております。

 

ただ日本語で書くと日本語の間違いのほうが断然面白いんですよね。だからブログやエッセイは夫の間違いが多くなります。

私の英語間違いは夫と息子その友人たちから爆笑をかっさらっております。笑

自分でもすごいなと思った間違いはこちら

Testify(テスティファイ)証言  を→ Testicles(テスティコーズ)睾丸

テスティまで同じじゃん、間違えるよね? ←普通は間違えない。「こんな間違いしたんだよね~」って言うと息子の友人バカ受けしてました。あはは~

それから第39話の大間違い英語より

ゴールデングローブ賞を→ゴールデングレープ賞 さらに

スタンディングオベーション を→スタンディングオペレーション

この辺はまだかわいい間違いだと思うんですが、ちょっとすごいのは

妊娠中にcontractionコントラクション(子宮の)伸縮 →Constructionコンストラクション(工事)

「お腹痛い痛い!!工事始まったああ~!!」って言いました。

お産の時に笑わせてどうするんだ。

ありすぎて紹介しきれません。お産は24年前ですけど、今でも盛大に言いまつがいしております。

言い間違いというか、いい加減に覚えているのが多いです(自分で言っちゃった)

最近はまりにはまったマンダロリアン 

感想は別ブログに書きます。ネタバレではなく名前覚えられなかった話です。

おもしろいと話題で早く見たかった私

「ねえ、あのマン…サムシング見ようよ」と私
「なにそれ?ぜんぜんわかんない」夫
「なんだっけ?スターウオーズのマングローブ」熱帯の木!!全然違います

とある日
「いつ見る?マンダリン」それはミカンです。

別の日
「おもしろそうだなあスターウオーズの…マンドリルだっけ?」それはサルです。

また別の日
「今日見る?マン…ドロリン?」もう何がなにかわかりません。

わざとじゃないんですけど、いい加減なんです。
いつも名前は適当に言って「あれ」とか「それ」とか。

ついに頭にきたしびれを切らした夫は大声で

「マン!!」 ちょ、マンって?と笑う私に、もう一度「Man!!」
それから「バックトゥザフューチャーのDeLorean デロリアン!!」

あああ~そっかあ、わかりやすい。ありがとう夫!!

で、先ほど見終わってツイッターに「マンデロリアンおもしろかった~」って書いてトリビアとかググろうと思ったらなんと日本語ではマンダロリアン

いやああああ~!!タスケテ。あの車デロリアンですよね日本語でも。なんで変えたし!

英語も日本語も怪しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください