アメリカでも餃子!普段は△今日は〇!笑

変なタイトルw

何回もかいてますが、オハイオのこのあたりのお店なぜかワンタンの皮が売られているんです。餃子の丸い皮はほとんど見かけません。韓国食材店で夫が冷凍のものを見つけてきてくれて昨日は久しぶりに丸い餃子。

おおお普通の餃子っぽい。

日本の方には面白くもなんともない画像だと思いますが、私は「おお~丸い!」と感動しました。

我が家はアブラ多めで火にかけて餃子入れて少しジュ―っと言ってきたくらいで熱いお湯をコップ一杯くらい回しかけ蓋をして4分。蓋を開けてごま油を足してひっくり返してさらに1分です。両面パリパリが好き。

ワンタンの皮より少し分厚くて美味しかったです。

ニラも普通に売っていないので韓国食材店で買ってきて、洗ってみじん切りにしてキッチンペーパーで水けを絞ります。(すごい色と匂い)その後数回分に分けて冷凍。そのまま使えます。

普段はこちらのワンタンの皮で。前回作ったとき。

 

豚肉はMeijer(マイヤー)という中西部のスーパーで。ここの美味しいです。臭みもなくて脂肪も多い。いつもここの宅配を利用させていただいてます。

ニラさえ冷凍しておけば他の食材は手に入ります。白菜もありますが、私はキャベツで作ることが多いです。

キャベツ3枚くらいをみじん切り。ネギもみじん切(玉ねぎにすることも)塩を振ってしばらく置いて水けをきります。こしょう、ごま油、しょうゆ、にんにく2かけくらい、しょうが少し。

冷凍のニラ1回分をサラーっと入れてポークを入れて手袋して混ぜます。医者が使うみたいなやつ。最近好き。

たねが白っぽくなるまでよく混ぜます。そしたらワンタンの皮の出番。はい!

三角形!!笑

ワンタンの皮薄いのでくっつきあって、大変なことに。

 

焼いてしまえばあまり三角形も目立たず!

夫も息子も大好きで秒でなくなります。

息子は餃子と言えばこの形

「本当の餃子の形違うからね、日本に行って形が違う!!とか言わないでね。そっちが正しいやつだから!」と念を押しておきました。笑 あと野菜がたくさん入っててびっくりするかも。我が家餃子は肉がぎっしりなので。

そしてワンタンの皮が売り切れの時がありました。ステイホーム時期(今もだけど)だったので小麦粉を練って作ってみました。

薄く伸ばす技術がなくて結構分厚い皮ができたので大きな棒餃子にしてみたこともあります。

調べたら今年の4月。ひどい形の棒餃子。笑

 

でも味はですね。すっごくおいしかったです。多分餃子ドックってこんなのだと思うなあ。肉まんの皮みたいな皮。

ちなみに肉まんも最近作ります。これは夕食にならないので、あんまり作りませんが、これもおいしい。

フライパンで焼き色を付けて蒸し焼きです。過去記事

 

肉まんなんて諦めていましたが、最近はレシピも探しやすくていろいろ挑戦しようと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください